いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


CGEについて

3 名前:名無しの夏 投稿日:2001/07/26(Thu) 14:25

"Handbook of Computational Economics Vol.1"のCh1がCGEに割かれています。
でも、これから始めるというような本ではないです。
4 名前:名無しの夏 投稿日:2001/07/26(Thu) 17:24

よくシンクタンク等で使われるマクロ経済モデルとCGE分析とはどう違うのですか?
外生変数を含むか含まないかなのでしょうか?もしそうなら財政支出なんかも内生化するのでしょうか?
5 名前:ドラエモン 投稿日:2001/07/26(Thu) 20:26

>04

CGEはミクロの教科書に出てくる意味での「一般均衡モデル」そのもの。つまり、効用関数があって、予算制約式があって、極大条件で消費需要関数が決まり、生産も同じよう
に決まる。そのスケジュール同士で各財の需給均衡条件を置けば均衡価格が決まる。
要するに「計算可能一般均衡モデル」なわけ。一般均衡モデルの解の存在条件論の研究の
過程で、スカーフが発見したアルゴリズムによって実用化の基礎が築かれた。不動点定理
で「解の存在条件」は分かるが、解そのものを解く方法は分からない。これに対して、ア
ルゴリズム=「有限回の計算を施すことで解に到達できる手順」が発見できたから、それ
を適用すれば一般均衡モデルの解を計算できるわけだ。

いわゆるマクロ計量モデルは、アドホックに消費関数や投資関数を推計して、それを組合
わせて作られるのに対して、CGEモデルは首尾一貫している。しかし、裏返せば、経済
が一般均衡解で近似可能ではないような場合にも近似してしまうわけで何これ?ともいえ
る。

実際の作成手順は、例えば静学モデルを想定すると、定義により純貯蓄はゼロだから、純
貯蓄がプラスの観測データをいじって(消費を膨らませて)しまったりする。この操作が
あるし、データで推計されない係数を持ち込んだりするので「仮想係数モデル」の一種と
いうことになる。

「データをして語らしめ」るためにいかがわしい関数を使う伝統的計量モデルとは逆に、
「理論こそ見えざる本質」とばかりに、データをゆがめる物と言うことも出きる。

そのあたりは伴先生の教科書に簡潔に説明されてる。

>財政支出なんかも内生化するのでしょうか?

もし政府の目的関数を導入して財政を最適化の結果として分析したいなら可能だろう。
6 名前:01 投稿日:2001/07/26(Thu) 21:40

みなさんありがとうございます。参考にさせていただきます。
7 名前:プリンス 投稿日:2001/07/26(Thu) 23:24

>>05さん

>実際の作成手順は、例えば静学モデルを想定すると、定義により純貯蓄はゼロだから、純
>貯蓄がプラスの観測データをいじって(消費を膨らませて)しまったりする。この操作が
>あるし、データで推計されない係数を持ち込んだりするので「仮想係数モデル」の一種と
>いうことになる。

の部分が私にはすこし理解しにくいのですが、
「実際のデータではゼロになっていないのに、
  かってにゼロに成るようにデータを加工してしまう」
ということでよろしいでしょうか?

財政支出の内生化ですけれども、財政支出もしくは財源のどちらかは
外生的に与える必要がありますよね??
8 名前:ドラエモン 投稿日:2001/07/27(Fri) 02:13

>「実際のデータではゼロになっていないのに、かってにゼロに成るようにデータを加工してしまう」ということでよろしいでしょうか?

はい。そうじゃないと静学均衡にならないからです。繰り返しますが、とにかく均衡モデルと
整合的なデータを「作って」しまう。良くも悪くも現実より理論の一貫性・整合性が優先するのです。
9 名前:名無しの夏 投稿日:2001/07/27(Fri) 10:09

CGEをやるにはどんなパッケージを使えばいいのですか?
EXCELなんかでも可能なのでしょうか?
10 名前:atmark 投稿日:2001/07/27(Fri) 11:05

スカーフの「不動点アルゴリズム」って英語ではなんて言うんですか?
ショーもない質問ですみません。
11 名前:ドラエモン 投稿日:2001/07/27(Fri) 11:24

>09

参考文献4@02に解説のあるGTAPしか知らない。
12 名前:名無しの夏 投稿日:2001/07/28(Sat) 02:37

>09
自作とか興味無い?
BASICやFortranでは限界があるということで、先生がCをやらせてました。

そういえば、2月に出た"Numerical Methods of Statistics"(Cambridge)は
プログラム(Fortranだけど)FDついてて有用(かも)。

>10
”Scarf's Fixed-Point Algorithm"でいいのでは?

"Journal of Computational Economics"、authorだけ見たけど、
経済学部(Department of Economics)いなかったなような、ちょっと寂しかったです。
13 名前:Gerard 投稿日:2001/07/28(Sat) 03:56

動学モデルのカリブレーションはCGEに含まれるとみなされてるんでしょうか?
MATLABはよく使いますね。


( 役に立った! | 元スレ )
14 名前:ドラエモン 投稿日:2001/07/28(Sat) 04:04

>ドブリュー先生

上の例では静学モデルで純貯蓄ゼロのケースで話しましたけど、動学でもかまわないわけで、
理論的要請に合わせてデータを前処理してから仮想係数を当てはめると言う意味では、RBC
なんかもCGEの一種と言って良いんでしょうね。
15 名前:プロボーラー 投稿日:2001/07/28(Sat) 04:33

参考です。最初はCGE,後ろはその他.
http://www.agecon.purdue.edu/gtap/welcome/links.asp
http://www.vanderbilt.edu/~rtucker/methods/econometrics/
銅鑼先生の本以外だと、Francois氏と誰かが編集した本がケンブリッジから出てます。結構良い本だったと思うが手元に無いので。
16 名前:atmark 投稿日:2001/07/28(Sat) 15:06

12さん、プロボーラーさん
ありがとうございます。
17 名前:米博士 投稿日:2001/08/19(Sun) 01:21

CGE=GTAPと言うのは、大きな間違い。そもそも、GTAPの前に
も傍系の ORANI とかあったし、GTAPはデータベースとモデル部
分があるのに、あたかも一つの物の様に紹介されがちだし。
(CGEはモデル一般についての呼称。)

CGEの起源は、本を読んでいるうちに分かってくると思うし、実際の
モデル作りには、何の関係も無いので、割愛。Scarf のアルゴリズム
が最初といえば、最初のアルゴリズムと言うだけの話しで、一般に最
初のCGEモデルといえば、ヨハンセン=モデル(60年代)ではないか
な。

現時点の最新かつスタンダードモデルはこれ。

http://www.ifpri.cgiar.org/divs/tmd/tmdpubs.htm

ここの、#75を読むべし。

あと、CGEの本では無いけれど、CGEが平易に分かる本としては

Quantitative Development Policy Analysis
Elisabeth Sadulet & Alain de Janvry
Johns Hopkins U.Press

なんか、良いのでは。

>>09
CGEで一般的なソフトは、GAMS

www.gams.com

に色々と書いてありますぞ。GTAPは GEMPAK (つづり自信無し)
を使っているけれど、これは、まだまだ傍流。MPSGE も最近の
流行になりかけているけれど、まだまだ使用者が少ない様。つー
か、分かりづらい。CやFORTRAN でも出来ない事は無いだろうし、
実際それでやっている人も見た事はあるけれど、GAMSがあるのに、
何故??って感じかな。

エクセルモデルについては

Devarajan, Shantayanan, Delfin S. Go, Jeffrey D. Lewis,
Sherman Robinson, and Pekka Sinko. 1997.
"Simple General Equilibrium Modeling."
In J. François and K. Reinert, eds.,
Applied Methods for Trade Policy Modeling
Cambridge: Cambridge University Press.

にあるので、参照のほど。(因みに、これが >>15氏 の言う本。)

>>13& >>14
動学モデルのカリブレーションは、CGEとはみなされていません。確か
に、CGEと言って構わないのだろうけれど。ダイナミックCGEという物
(個人的には、信じておりませんが)まで存在するので、RBCをCGEと
呼んでしまっては、マクロの一般均衡モデルは、全てCGEになってしま
います。
18 名前:米博士 投稿日:2001/08/19(Sun) 01:33

前出のエクセルモデルについては、他のチャプターでした。私も、今手元にないので、
いいかげんに書いてしまいました。すまそ。

http://www.intereconomics.com/handbook/download.htm

ここから、ダウンロード出来るみたいっす。(私は、試しておりませんが。)
19 名前:米博士 投稿日:2001/08/19(Sun) 01:45

書き込みついでに、愚痴。結局、今のCGEのプレーヤーは、Tom Hertel (Purdue)、
Tom Rutherford (Colorado)、Sherman Robinson (IFPRI)の3人のみ。何を隠そ
う3人とも、もとはエンジニア。最近のCGEは技巧に走り過ぎていて、ジャーナルにも対
して相手にされません。つまり、何年もかけてモデルを作っても、売りに行く所がない
と言う状態。あまり、アカデミアでは通用しません。


ただ、政府系の研究所等は、クイック&ダーティーな政策インプリケーションを欲しが
るので、CGEをむやみに多用します。(オーストラリアのABAREが良い例。)Fund がつ
くからやる、Fundが付くからこそできる、と言った、血なまぐさい人達が結構CGEをや
っていますので、“CGEモデラー”と名乗ると、鼻っから白い目で見られたりします。
“副業としてのCGE”を、お勧めしておきます。
20 名前:プロボーラー 投稿日:2001/08/19(Sun) 13:21

>>米博士
多くの点でハゲシク同意です。
1)GAMSが使えればGEMPACKを使う必要もないと思いますが、GEMPACKもフォートランで動いているのでそんなに特殊な感じもしません。一番のGEMPACKのメリットは、モナッシュ大学の成果をそのままレプリカできるところでしょうね。そういえば、フランス系の言語もありましたね。
2)質問ですが、米博士はマッキビンモデルをどのように評価しますか?
3)RIEあたりではCGEのペーパーが乗るようになりました。結局、貿易理論をやっている人が、符号不確定というケースを数値例で示すのに利用するという方向なんでしょうね。
4)怪しい政策評価としてのCGEという点は悩ましいですな。マクロモデルもそうですけどね。
5)CGE=GTAPという誤解は一部だけでしょう。
21 名前:米博士 投稿日:2001/08/19(Sun) 16:04

プロボーラー氏、レス感謝です。

GEMPACKは、フォートランで動いているんですか。
知りませんでした。まあ、どちらも知らない言語
ですが、はは。

マッキビンは、京都議定書のアレですか?環境は
やっていないので、見た事はありません。興味は
あるのですが、仕事が遅くて、そちらまで手が回
らんのですよ。もし、おもしろい論文等があれば、
御教授ください。

RIEですか... 成る程、憶えておきます。時々です
が、開発・農経系のジャーナルで載るときがあり
ますよね。Journal of Development Economics
とか。この手の雑誌のエディターは、CGEは絶対
に学んでいるはずなので、比較的CGEに対して寛容
なのかと。ただ、バークレーの de Janvry や
Sadulet は、すでにCGEには興味が無いようです。
何かと、CGEを売りづらい世の中になりました。

今、日本の大学等でCGEが出来る人って、何人くら
い居るのでしょうか?何年か前に静岡大学でCGEを
教えられる人の公募とか見ましたけど、CGEをひっさ
げて、日本のアカデミアのジョブはとれるんですか
ねぇ。
22 名前:(・v・) 投稿日:2001/08/19(Sun) 18:49

>政府系の研究所等は、クイック&ダーティー
>な政策インプリケーションを欲しがるので、CGEをむやみに多用します。
日本同様、海外でもそうでしたかあ。それにしても、産業連関表やマクロモデルしかり、この手の分析は政策的目的以外使えないってことでしょうかねえ?
23 名前:米博士 投稿日:2001/08/19(Sun) 22:43

>>産業連関表やマクロモデルしかり、この手の分析は政策的目的以外使えないってことでしょうかねえ?

物は考え様で、“政策目的には使える”と言った方が良いのではないでしょうか。例えば、“農作物の関税自由化がどう消費者に影響を与える(た)か”なんて言うのは、CGEの得意技でしょう。エコノメでこれをやろうとすると辛い。

ただ、CGEは非常にアドホックなので、パラメーター値やクロージャーの置き方を変えると、あら不思議、あなたのボスが欲しがっている数字が出せます。この恣意性が CGE を信じる、信じないの分岐点になるのではないでしょうか。

ある国際機関で、ある国の代表がセミナーで発表したときに、CGEモデルを使ってその国に有利になるような発表をしました。それを見ていた某有名教授(日本人ではないです)が、次の日に、同じCGEモデルを使って、正反対の結果をだして叩きのめした、という、嘘のような本当の話しも伝わっています。(なんで、某有名教授がそんなことをしたのかは、謎ですが。)どんなモデルでも、出す所に出す時は、気をつけてと言った所でしょうか。





お問い合わせ