いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済板ロビーVol.19

796 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/03(Sat) 23:27

(つづき)
まぁガラが悪く感じるのは互いの行き違いによるところが大きいわけで、
煽られたドラさんとすりさんが怒るのも無理ないけど、そうなっちゃった行き違いの敬意もあるわけよ
名無しの皆さんもまぁまぁそう起こらずに
(真に知的に優位であれば自然と諭すような対応になるはずです)

あと最後にもう一つ。
最近の苺の皆さん、かつて持っていた問題意識サッパリ忘れてません?
「経済学は本当に役立たずずか?」
この問題意識が最近弱いように感じます。
世界的に見て経済学を役に立たない学問ととらえる日本みたいな国の方が少ないかし(米英北欧などは親経済学)、
竹中も前より更生したようだし、暗黒卿高橋や中川秀直が頑張ってたから油断しちゃってるのかな?

しかし…いまや暗黒卿は官僚の世界から引いて東洋大の教授になったようだし
日銀総裁なんて白川法皇ですぜ?

忘れちゃいけない、日本は「反経済学大国」だってことを

>>794派遣
ほんとにそう。本質はそこ。いつも何かに邪魔されてる。(実はお互い議論したくない!?)
前の議論でも、細かい定義論争で終わって
財政併用をどこまで許容するか、の議論はなされなかったんだよね… 実に悲劇だ


とりあえず燃料投下。
「財政・福祉は緊縮型だが、金融緩和とインタゲだけで持続的な経済成長は達成できるか否か?」
797 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/03(Sat) 23:36

>>794
とりあえずhttp://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0843/の議論を
もう一回読んでみたら?
後、誰かが随分前に書いてたけど、90年代になぜ信用乗数が低下したのか
という観点で飯田氏(マネービュー)と小林慶一郎氏(クレジットビュー)
が実証分析を行っている。(ESRI「経済分析177号」。関連した論文はESRIの
サイトにDPとして保存されている筈。)
798 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/03(Sat) 23:42

>>684 すりらんか氏
どうでもいい事かもしれませんが、あの文脈にでてくる
『教室』は日経新聞の経済教室の囲い記事ではなく
スティグリッツ2007年刊行本の『スティグリッツ教授の経済教室―グローバル経済のトピックスを読み解く』
の方を指しています。
この話題は、ARNさんのとこでも話題になりましたね(ブロガーの名前間違ってるかも。間違ってたらすいません)
799 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/03(Sat) 23:53

>>796
>最近の苺の皆さん、かつて持っていた問題意識サッパリ忘れてません?
>「経済学は本当に役立たずずか?」
>この問題意識が最近弱いように感じます。

トンデモ経済学家元追求委員会なんかが典型だけど、どうせ経済学なんかやったって
もともと日本じゃ大学や官庁だって反経済学のスクツだし、せいぜい笑えるネタを探して
笑ってやろうというスタンスだったわけで、ぐだぐだやっている今くらいが適当と思う。
むしろリフレとかインタゲの総本山にされちゃったことの方が異常なわけで、本来の場所
に戻ったと考えた方がいいのでは。
800 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 00:00

nikkeiwebの性一郎の論考嫁「経済学は死んだか」
801 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 00:55

>>799
でも、動学マクロやる人、最近激増してない?
802 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 00:57

>>800
最先端のトピックを追いつつ全体を
俯瞰するようなキャパがないだけだよね。そのひと。
803 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 01:11

>>801
動学マクロというよりニューケインジアンをやる人は本石町界隈を中心に
ここ五六年で随分増えた印象はある。素直にいいことだと思う。
ただ依然として>>800みたいな日銀OBが大御所ふうに金融政策について
語っているのをマスゴミが有り難がっているのも事実。日本はまあその程度。
804 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 02:16

>>796
思い込みが激しく、まともに勉強しようとしないクレクレ厨を丁重に扱う必要は無い
805 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 02:32

>>804
その積み重ねた勉強が邪魔して、思考の柔軟性を欠いている部分があるようにも思えるが。
806 名前:だな〜 投稿日:2008/05/04(Sun) 02:56

実質金利については調べた。ここまでの主張は撤回する。

1 実質金利とは、フィッシャーが「利子論」(1930年)に導入した概念である。
2 フィッシャーは、「実質金利≡名目金利−期待インフレ率」と定義した。
3 実質金利=名目金利−実インフレ率の計算式がしばしば用いられる理由は、
  データの得やすさその他の点から、経済主体は足元インフレ率からインフレ
  率の期待を形成すると仮定する場合がしばしばあるから。

偉そうなことをいうわりに、なぜにこの程度の説明が即座にできないのか理解に
苦しむ。


( 役に立った! | 元スレ )
807 名前:派遣の人 投稿日:2008/05/04(Sun) 03:24

>>805>>806
・・・頼むから喧嘩するのやめてください。お願いします。
お願いだから煽りとか罵倒を抜いて紳士的に話して下さい。

それからだな〜の話は法学者の論理構築や法学者の文章解析力を
当たり前のようにしているから、異文化コミュニケーションみたい
になってて、一般人には文章の論理を追うのが極めて難しい文章に
なってるのは確かなので、論旨がうまく通じないことをもって
相手を批判するのもやめてください。すぐ掴めるほうが希少だと思う。
それから定義の問題を無駄に拡大させるのもやめてください。

そのそもの始まり、そして議論の中心となるべきはSGの主張
「実質金利〜景気という影響の不連続性」だったと思うので、
お願いだからその点に絞ってまず話をしてください。
違うならまず議題と目的を最初に設定して話を始めてください。
心の底からお願いします。でないと怒るよマジで。

それでは。
808 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 03:27

だな〜さ〜ん、偉そうなことをいうわりにって、だな〜さんレベルの人なら、そのぐらい理解したうえで、まただな〜さん流に曲解してるんじゃないかと思ってるから、その辺の基礎的なことを説明してないだけなんだと思うんですけど(笑)

これによって議論の腰が折れるのは避けたいんですが、もしよければ明日の朝本屋さんに行って、『昭和恐慌の研究(http://www.amazon.co.jp/dp/4492371028/)』だけでも読んでいただけませんか?
だな〜さんなら2時間あれば読めると思われます。
釈迦に説法でごめんなさい/(__)\
809 名前:だな〜 投稿日:2008/05/04(Sun) 03:49

>>808
定義の問題に理解している/理解していないはない。単に知ってるか
知らないの問題に過ぎないからである。「導入者がいて、それがそう
定義した」で話は終わりである。「そう定義した意味」について
ドラがいろいろ言っていたが、それは蛇足に過ぎない。

なお、昭和恐慌の研究はとっくの昔に読んだ。結論は知っているが、
納得できないので信じてはいない。この「納得できない」は「違うと
思う」ではなく「間違いないとは思えない」、我々の用語的にいうと
「合理的疑いを容れる余地がある」という意味である。
810 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 04:22

>>809
昭和恐慌の研究をおすすめしたのは、リフレ論争に関するトピック的な専門用語の解説がちりばめられてるんで(それでいて入門書過ぎない)、いいかなとおもってでした。

確かに、知ってるか/知らないかの問題です。理解した→しっているに改めます。

経済用語について議論になったときに、(めんどうではありますが)その定義についてだな〜さんが納得されるような説明を一つ一つするしかないかも?ですね。

あたくしも明日1日張り付いてるわけにもいきませんので(笑)、ROM中の名無しさんたちの協力を得て(もちろんあたくしもできる限り参加します)、議論を妨げそうな専門用語が出てきたら、その定義の認識が共通認識にいたっているかを定義の説明とともに議論の外野にいる方がするっていうを提案したいのですが、どうでしょうか?
811 名前:ドラエモン 投稿日:2008/05/04(Sun) 12:17

別に、実質金利について文献なんか調べる必要はないし、フィッシャーが僕の言った定義と
違うこと言ってたならフィッシャーが間違っているだけなんだけどねぇ。経済学の概念は
それぞれ孤立して存在しているわけではなく、分析目的や理論構成全体においてその意味が
決まるわけで、「実質金利の低下が在庫投資を増加させた」とか「実質金利の低下にも関わらず
在庫投資は減少した」という形で用いられるのが明らかな以上、それは名目金利−期待インフレ率
であることが自明。だから、これは「言葉の定義」の問題であると同時に、これまで実質金利と
いう言葉をどのような意味で用いていたかによる問題。「定義」を知っているか知らないかの
問題とは言えない。
812 名前:だな〜 投稿日:2008/05/04(Sun) 12:28

>>811
だからキミはそういうスタンスで生きていけばいいのでないのwww

キミの言っているのは、全てフィッシャーが実質金利という概念を
導入した後の話でしょ。フィッシャーが違う形で導入してたら違う
議論が生じていた、あるいは導入と違う形に再定義されていたという
だけの話に過ぎないのだよ。それこそ、実質金利と別に、「期待実質
金利」という概念が導入されてた、とかなw

定義は論理的に議論に先行するのだよ。

ちなみに、2chでも書いたが、「明らかである」という主張は、「論理が
詰め切れてません」という自白と同義だよw
813 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 12:29

ドラさん、実質金利の定義論は一旦横に置いておけないのか〜?

「実質金利の低下が景気回復のブースターになったという実証研究はない」
って文言があるから、どうしても実質金利の定義論争になっちゃうんすか?
814 名前:ドラエモン 投稿日:2008/05/04(Sun) 12:49

>>812

>定義は論理的に議論に先行

定義じゃないから。実質金利ってのは利子の出てくる異時点間の経済行動に関するミクロ理論の
最初に導かれる一階条件(現代風に言えばオイラー方程式)であり、定理だからね。

にして、実質金利が有効だとか無効だとか散々に議論しているのに、それが何かを確かめたり
考えたりあまりしない態度はいかがなものか?と、思わないでもないけど(笑)
815 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/05/04(Sun) 13:07

てゆうか、

>>806
>2 フィッシャーは、「実質金利≡名目金利−期待インフレ率」と定義した。

ということで、だな〜氏は「これまでの主張を撤回」されたのだから、実質金利の定義問題は
これでおしまいでいいんじゃないの。この式に入っているのは事後のインフレ率ではなくて
「期待インフレ率」なのだから、理論的な意味での実質金利というのは「期待実質金利」なのだ
ということは、だな〜氏も理解されたということでしょう。
816 名前:だな〜 投稿日:2008/05/04(Sun) 13:44

2chで、「オレに苺を荒らせ」という奴がいるんだが。
お前らの仲間だろ? なんとかしろよ。





お問い合わせ