いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


日銀はより大胆な金融緩和をパート5

868 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 10:24

おれ物理だけど経済のミクロ基礎はお笑いだね
869 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 10:25

うーん難しい議論だ。。もっと勉強しないとわからん。
でもリフレには経済学的根拠は薄いということは少し理解できました。
どっかの院生さんサンクス
870 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 11:12

>>868

19: 名無しさんの冒険  2004/07/24(Sat) 23:08
M.ワードロップの「複雑系」の第4章では、物理学者と経済学者の対話の様子が活き活きと
描かれている。…と書くと、またそんな低級本を引っ張り出して云々という突っ込みが入る
と思うが、個人的に面白いと思ったので引用しておく。
「そして、公理やら定理やら証明やらがオーバーヘッド・プロジェクターでつぎつぎに映し
出されるや、物理学者たちは相手方の数学の腕前にすっかり舌を巻いた。驚嘆し、仰天した。」
「『彼らはできすぎだった』と、ある若い物理学者はいう。『まるで難解な数学にみずから
幻惑されているようだった。…たぶん、彼らのIQがもっと低かったら、もっとましなモデル
がつくれただろう』」
「実際、物理学はもっとも数学化されている科学だ。しかし、ほとんどのエコノミストが
知らなかったのは−−そして、知って驚いたのは−−物理学者が数学に関してかなり無頓着
であるということだった。『彼らは少しの厳密な思考と少しの直観を使い、封筒の裏で少し
の計算をする。つまり、彼らの流儀はまったくちがうんだ』と、アローはいう。彼自身その
事実を知ってかなり驚いたと回想する。」
871 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 11:19

経済学的根拠が無いじゃなく
ミクロ経済学的なモデルが研究中ってだけ
リフレの理論としては、否定しようが無いからね。

・通貨発行益で財政出動すれば需要不足は解消できる

これは、どうやっても否定できない。
872 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 11:57

無意味 da YO!
873 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 12:20

>>872
氏ね
874 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 12:58

>>872
消えろ。クズが
875 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 14:59

俺は田畑があるから良いけど、お前らどうすんの?
876 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 15:47

俺には田端があるもん
877 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 16:42

本日の日経、経済教室で北坂真一氏がバブルは事前に判別できないので事後的な金融緩和で対応するしかないという米中銀の考え方は支持できないとしています。
その問題点として、金利にゼロの下限があり、金利引き下げによる金融緩和には限界があり、またもともと金融緩和は金融引き締めよりも効果が弱い(あるとしてもタイムラ
グが長く不安定と考えられる)ことを挙げています。

予防的引き締め(+適切な監視)を支持する理由は、行動ファイナンスの考察では
バブル発生時に多くの市場参加者はバブルと認識して取引していること、
上のように金融緩和は金融引き締めよりも効果が弱いことらしいです。

北坂氏の考えは正しいのでしょうか?
878 名前:派遣の人 投稿日:2008/12/24(Wed) 17:41

>>877
これとか参考になりませんかね。
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20081213/financial_system_engineering


( 役に立った! | 元スレ )
879 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 17:43

ミクロキチガイが降臨したと聞いて
880 名前:派遣の人 投稿日:2008/12/24(Wed) 17:57

>>879
俺?俺はめちゃくちゃドマクロ好きだけど何か?
881 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:03

>>877
>バブルは事前に判別できないので事後的な金融緩和で対応するしかないという米中銀の考え方は支持できないとしています。
>予防的引き締め(+適切な監視)を支持する理由は、行動ファイナンスの考察では


つか、今の状況は、グリーンスパンが急速に利上げ、引き締め(04〜06年)をして住宅バブルを上手く沈静化させるのを失敗して、その後始末をしているって状況だと思うんですが
グリーンスパンにしてみれば、利上げ(04〜06年)が「予防的な引き締め」だったということになるのでは?

なんか、ずれたことを言っているような印象も
882 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:05

>>880
あんたじゃねぇよ
883 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:08

>>866
ドラエモンもザモデルにそれで反論してたけど結局は敗北認めたわけで
さらに言えば、ブラインダーが87年のAERでその反論してたんだけど
結局埋もれてDSGEにあらねばマクロにあらずが今の現実
884 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:18

矢野と暗黒卿はDSGE使いなのか?
http://d.hatena.ne.jp/koiti_yano/20081218
それは皆さんが今年、読むべきたった1冊の本に書かれています。
上げ潮派の論客としても知られる著者の高橋洋一氏の意見と矢野の意見は必ずしも一致しない点も少なくありませんが、「日本における金融政策はどうすべきか?(日銀が今、実行すべきことは何か?)」についての基本的な考え方は非常に共通する点が多いです(二人ともマクロ経済学の基本である動学的確率的一般均衡を使って考えているためでしょう)。
885 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:22

矢野さんはDSGE使いだけど、高橋洋一はマンデルフレミングなんて持ち出してるんで
DSGEなんてよく分かってないよ
886 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:25

高橋洋一は東大数学科出身でDSGEなんて楽々理解できるんだが
887 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:30

数学科出身でも何でも、DSGEを習得するのは独立できちんと勉強しなきゃいけません。
矢野さんだって理系出身だけど、DSGEの勉強に何年もかかってるでしょ。
東大数学科でも、見りゃすぐ分かるようなことはありえないの。
888 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/24(Wed) 18:45

ザモ氏は政策提言ありき&その為の啓蒙で議論吹っかけてきたけど
ここ最近の人は場を引っかき回したいだけにしか思えないんだよな。
関係ないがアメリカの7000億墨+FRBの積極緩和はザモ提案とよく似てる。





お問い合わせ