いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


日銀はより大胆な金融緩和をパート5

340 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/09(Tue) 22:39

>>335
世界中の国が財政拡張と金融緩和の「両方」を何の問題もやっている。
日本には与謝野もいれば日銀もいるからその片方でさえろくにできない。
まあそういう国なんだろう。
341 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/09(Tue) 23:18

また某氏が捏造しているぞ…いいかげんにしろこいつ。

> 宮崎氏の賞賛するクルーグマンもいうように、マクロ政策は「根本的な解決にはならない」。成長率そのものを上げない限り、日本経済は元気にならないのだ。

「マクロ政策が根本的な解決にならない」なんて言ってない!「財政政策が根本的な解決ではないにしても」と言っただけ。
342 名前:ドラエモン 投稿日:2008/12/10(Wed) 00:18

>>341

どうでも、いいんじゃない? 社会問題に「根本的解決」なんてどっちみ存在しないから。
石橋湛山も、昭和恐慌のおりに「根本主義こそ問題を引き起こす」と言ってるしねぇ。
343 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 00:31

年金問題解決しない限り、消費増えませんて。
そして、年金問題の解決には、財政の健全化が不可欠。
344 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 00:48

>>343

アメリカみたいに別会計で切り離せば一発解決じゃん
345 名前:ドラエモン 投稿日:2008/12/10(Wed) 00:49

>>343

そういう話は俺達にするなよ。クー信者がまってるから、2chのらしいスレにおゆき。
346 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 00:51

クー信者は2chで見つけるのも難しいがw
347 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 01:00

>>343
「年金問題の解決そして財政の健全化が不可欠」と言ってる奴が
さっきまで騒いでたクーシンパだったりして…
348 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 01:09

犯人は派遣の人か
349 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 01:12

>>344
年金民営化ってこと?
350 名前:派遣の人 投稿日:2008/12/10(Wed) 01:24

>>345
すいません、2chでもクー信者はあんまりいないんですよ。
ていうか来られても困ります。


( 役に立った! | 元スレ )
351 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 03:44

くだらない質問スレに書き込むべきか迷ったのですが、こちらに書きます。

クルーグマンが
「連銀は、この金融危機に際して、ベースマネーをかなり積極的に
増やしているけれど、効果はまったく出ていない」
と主張しています。
krugman.blogs.nytimes.com/2008/11/28/was-the-great-depression-a-monetary-phenomenon/

一方、原田泰さんなどは、昭和恐慌の研究結果から、
信用乗数はかなり安定しており、
M2(日銀は目標にできないが、コントロールはできる)の変動の35%を説明でき、
この35%という大きさは有意に大きい、
すなわち「(昭和恐慌のときは)ベースマネーの拡大を通して、
マネーサプライを増やすことができた」
と結論づけています。
www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis190/e_dis187.html
352 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 03:51

>>351のつづき

これについてはどう考えればよいのでしょうか?

昭和恐慌と現在とでは、経済的な状況が異なっているのだから、
いま起きている金融恐慌には金融政策は効かない、と考えるべきなのですか?

それとも、金融政策の効き目には1〜2年くらいのラグがあるのだから
クルーグマンの説明は的を外している、と見なすべきなのですか?
(つまり金融政策は効果があるのだが、まだ効果が出ていないのだ、
と考えるべきなのでしょうか?)

ベースマネーの拡大がマネーサプライの増加に結びつかない場合は、
(ベースマネーの拡大には)政策としての効果はまったく無い、
と結論づけてしまっていいのでしょうか?
それとも期待などを変化させるルートをつうじて、何らかの政策的効果を
発揮すると考えていいのでしょうか?

教えていただけますでしょうか。
353 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 04:49

>>352
こちらの記事とそこで紹介されている原田さんのペーパーも見てみたら。
http://d.hatena.ne.jp/econ2009/20081209/1228754158
354 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 17:32

>クルーグマンが
>「連銀は、この金融危機に際して、ベースマネーをかなり積極的に
>増やしているけれど、効果はまったく出ていない」
>と主張しています。

FRBの金融緩和が遅過ぎたのが原因かも。
ドラエモンのようにテイラールールと比較する香具師もいるようだけど、
この緊急時にテイラールールと比較するなどまるで日銀のごとく。w

金融緩和の効果が出るのは1〜2年先。
現時点で大した効果が出ていないのは当然かも。
もしも2006年の段階で金融緩和を始めていたなら
そのときの効果が現在出ているはずだった。
実際には2006年にバーナンキは利上げしているので
その効果が現在出てしまっているのかもしれない。
金融政策はほとんど未来予測の技術に依存しまくり(だから難しい)。
バーナンキが油断しすぎていたことは現在では明らか。

しかしバーナンキはこの分野では超専門家。今後に期待しよう。
355 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 17:53

今の段階でより大胆な金融緩和というと何が残ってるの?
ゼロ金利かして量的緩和するの?
それより日銀引受で国債を300兆円くらい発行してみたらどう?
駄目?
356 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 17:58

>>355
「それより」じゃ駄目。ゼロ金利と量的緩和に移行した上で、日銀が国債買い切り拡大という
シニョレッジ政策をやる。これリフレ派が6年前から言ってること。
357 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 18:10

そうやってマクロ馬鹿は貧困層を見捨てるんですね、分かります
358 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 18:14

>>357
意味不明
359 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 18:16

デフレが1番貧困者を苦しめるわけだがな
360 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/12/10(Wed) 18:19

革命のためにはすべてのマクロ政策は邪魔





お問い合わせ