いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済板ロビーvol.3

428 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/03(Wed) 16:10

http://www.imf.org/external/np/vc/2002/070202.HTM
429 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/03(Wed) 16:46

>>428
ありがと。
おもろそ。
430 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/05(Fri) 01:33

2ちゃんの
インフレターゲット〜
のスレはもう疲れました・・・


援護射撃ください・・・
431 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/05(Fri) 01:36

というか、もう構造改革か、インタゲかなどという
議論はもう不毛だよ。
決定的根拠がないんだから。
432 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/05(Fri) 01:42

>>430
永遠にやるしかないですよ。(w
潰しても、また沸いて出ますから。
433 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/05(Fri) 01:46

>>431

リフレ派で構造改革というか経済の効率化推進に反対しているような人はほとんど居ないでしょう。
議論はもっぱら、構造改革「だけ」しろ、マクロ政策は「止めろ」という、構造改革原理主義に
対するリフレ派の批判を、原理主義者が一切認めないと言うことから起こってるだけなんだが。
434 名前:cloudy 投稿日:2002/07/05(Fri) 02:18

>>428
読みました。
要するに「俺達はすぐにインフレが昂進するような低レベルの国ばかり相手にしてんだよ!
オメーの言うようなやり方じゃ、すぐにハイパーインフレになっちまうだろうが!」ということ
ですかね。「我々IMFは地球人なので、スティグリッツみたいな[異星人風の]やり方はしない」
とまで言ってます([]は私が勝手に挿入)。

最初のイタリックで書かれた註釈の、隣のPEPCOビルが壊されたのどうのってあたりが
意味不明でしたが。世銀とIMFが仲悪いわけじゃないよという弁明なのかな?

世銀とIMFって通りをはさんで向いにあるみたいですね。こういう組織の本部が
ワシントンに固まってあるのってどうなんだろう。香港あたりに置けば政策内容もがらっと
変わるんじゃないでしょうか(Lawrence Lessig の CODE を読んで、建物がどこに
位置しているかは案外重要じゃないかと思ったです)。
435 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/05(Fri) 02:46

ワシントンも香港も夏は暑い・・・。
436 名前:プロボーラ− 投稿日:2002/07/05(Fri) 04:30

中々、「被害妄想気味のスティグリッツ」VS「益々政治的に躍進するロゴフ」という感じで面白い。前者はIMFの連中を馬鹿にしすぎだし、後者は擁護しすぎ。スティグリッツのインテリ臭さを醸し出す昔話なんぞは嫌味たっぷりで笑える。本の事実誤認はともかく、スティグリッツの処方箋とロゴフの批判は、ケースバイケースだからなんともいえないね。対外債務がドル建、固定為替、物価の感応度が高ければ一発でロゴフ正解だけど、自国通貨建(もしくは輸出財スワップ)、変動為替、感応度低だったら、交易条件悪化による輸出ドライブが効くかもしれないしね。まあ、神々というのはどうかと思うけど、紙の上での軍師が戦場に出たらどうなるかという話みたい。スティグリッツも社会開発や貧困問題なんぞに目覚めてるくらいだが、相変わらず「インテリ臭い」のかな。
437 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/05(Fri) 07:24

学部以降スティグリッツ大先生と思って勉強し、
大学院以降ロゴフ大先生と思って勉強した人間からすると、
世銀離れて以降の(というか、本当は行ったときだろが)
スティグリッツは終わっちゃってるって思っていたところへ、
ロゴフまで終わっちゃったって気がして、
面白いっていえば面白かったけど非常に悲しい公開書簡でした。
438 名前:毒虫五郎 投稿日:2002/07/05(Fri) 08:20

>>437、436も

そうかなあ? スティグリッツの魅力は紙の上の軍師じゃなくて、一貫してその実践的な行動力にあると思うよ。社会開発の問題や貧困問題への関心もかれ自身の若いころの体験に基づいているしね。だから世銀にいって、終わったとは思えなかったし、今度の一連の文書もまさに彼だからやったという感じで面目躍如という感じだね。もちろん処方箋自身はケースバイーケースなのはそうだろうね。でもザモデルの上で両者が議論していないのは明白。スティグリッツは、むしろここの銅鑼氏に似ている。アドホックな理論でも、「自分が何を説明し解明すべきか、そしてどのような解明が望ましいか」をきちんと価値判断を明示したうえであれば、多少の理論的アドホックさなどどうでもいいという姿勢がはっきりしているとおもう。ザモデルで共通の議論の土台を確保する云々もまあ、大事かもしれないけど、政策論争ではむしろ上のような意味での価値判断を明示化することのほうが大切じゃないかなあ?


( 役に立った! | 元スレ )
439 名前:招き猫 投稿日:2002/07/05(Fri) 10:29

日銀から世銀やIMFに出向したり、共同研究に携わることって無いんですか?
日銀の経済学における能力向上を心より願うものです。


>>430
大変だと思う。でも、頑張れ!
諜報&工作活動も「カオス」が相手だと本当に疲れる。
440 名前:ららら 投稿日:2002/07/05(Fri) 11:33

>>436

あれ、プロボーラーさん他所のスレでリフレ派・バスターにされちゃったから、
こんなところで期待にこたえちゃったのかな?

スティグリッツの問題提起は、くろきさんが自分とこの掲示板に書いてるとおり、
IMFが緊縮財政、金利の引き上げ→固定相場の維持(無理なんだけど)。
を機械的に押し付けた点(これは、ラテンアメリカみたいなハイパーな
感じなときにのみ有効)、自由化・民営化を加えた急速な改革は
雇用創出のない失業を生み出し、社会の不安定化をももたらすのだよという事実。

特に、雇用形態を一気に破壊してしまうと、なかなか立ち直れないと言う事実は、
The modelでは語れない重要な問題ですよね。

ま、ロゴフ様がおっしゃるとおり、アン・クルーガーなんかに対する評価は、
あまり適当でない気もするけど、罵倒部分は、ともかくゲラゲラ笑っとけという、
くろきさんを支持(笑)。
441 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/05(Fri) 12:42

>むしろここの銅鑼氏に似ている。アドホックな理論でも、「自分が何を説明し解明すべ
>きか、そしてどのような解明が望ましいか」をきちんと価値判断を明示したうえであれ
>ば、多少の理論的アドホックさなどどうでもいいという姿勢がはっきりしているとおも
>う。

それは誤解だ。納得できるザモデルがあるなら、あるいは自分で作れるなら、俺だって
アドホックな議論を見かけたら、誰かさん同様に、徹底的に爆撃し「おめーら、少しは
勉強せんかい!」と怒鳴るのは間違いない(笑 まあ、このごろは年もとって自分の能力
に自覚があるから、そうでもないかもしれないが・・・
442 名前:プロボーラ− 投稿日:2002/07/05(Fri) 17:28

>>440
そんなことないよ(笑)。色々、ツマミ食い的に書いてます。確かにPKスレは参ったね。まあ、マクロが主専攻じゃないから素人なんだけど、大先生には参るね。もうちょっと穏やかなコミュニケーションが出来ればよいのだが。さりとて、原理主義的にグイグイ押すところには、生理的な嫌悪感もある。まあ、これも無学モノの嘆きということか。
443 名前:毒虫五郎 投稿日:2002/07/05(Fri) 19:13

>>441

そんなに御年でしたか。ところでザモデル氏がまったく認めたがらない?(間違ってたらスマソ)期待に作用してデフレから脱却するという手法ですが、思うに、そのような政策こそ実は金融政策の効果そのものじゃないでしょうか? 貨幣を刷りそれを保有したり利用したりするという行為自身もまさに人の期待に訴える手法の何者でもないような気がいたします。期待の変化=資産選択のあり方の変化として考えれば、なにもインフレターゲット政策はそこだけを見れば特殊でもアドホックでもない気がします。それとも論点はそんなところではないのかなあ。
444 名前:cloudy 投稿日:2002/07/06(Sat) 04:05

ザモデル氏って頭いいんでしょうね。あれだけ口が悪いとこみると。

昔、ラザフォードっていうやはり口の悪い物理学者がいて、
All science is either physics or stamp collection.
(全ての科学は二つに分けられる、物理学と切手の収集だ)
という名言を残してますが、まあザモデル氏にとってはクルーグマンのモデルも
切手の収集にしか見えないんでしょうな。

でも世間には役にたつ切手の収集もあると思うんだけどなあ。
もちろん「世間知」レベルじゃこまるけど。
445 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/06(Sat) 17:42

威勢がいいだけで、中身は無い(というか、まだ見せてない)のに、
なんでこんなレスが付くのかね?

>842: 俺が名無しさん  2002/07/06(Sat) 14:51
>ザモデル氏(てか「主流派」経済学者だな)は少なくとも首尾一貫してるぞ。

何度も言うが、厨房が目立っている(ノイズ)からと言って、「苺がどうの」と語ってはいかん。

ザモデルの諸行(無常)を喩えてみるならば、
今のところ(片鱗を見せてるだけで中身が無いから)
国際会議で「俺にわかる言語で話せ」と叫んでるだけなのだ。
446 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/06(Sat) 19:05

>>444
さらに口の悪い数学者のヒルベルトには「物理学者には、物理は難しすぎる」との迷言がある。
その伝でいけば、現状は、「経済学者には、経済は難しすぎる」といったところなのか?
447 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/06(Sat) 19:11

人々の期待を操作するのが金融政策である。
448 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/06(Sat) 19:40

>>447

でも、裏付けがなきゃね(w





お問い合わせ