いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


初学者の皆様へ

406 名前:47 投稿日:2002/07/05(Fri) 01:31

だいたいイメージはつかめました。あとは、その
本を読んでみるよ。どうもありがと。
407 名前:390 投稿日:2002/07/06(Sat) 02:07

う、答えてもらえなかった・・・。・・・鬱だ氏脳・・・。
408 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/06(Sat) 02:10

もう一回答えたろう(w 国際金融の新しめの教科書を調べればすぐに見つかると思うぞ>>390
409 名前:47 投稿日:2002/07/09(Tue) 05:22

 今、例のSNA本の初めのほう読んでいるんですが、質問があります。
「国内総支出は、最終消費支出と資本形成(投資)および財貨・サービスの
輸出入に大別される」との記述があるんですが、
〆能消費支出↑からGDP↑、∋駛楫狙↑からGDP↑、M⊇丐からGDP↑
とあると思うんですが、,両豺腓辰董SNA上のバランスシートの残高合計は
一定のままと理解しておいていいんですか?価値を消費した人から、価値を
提供した人への所得移転があるだけで、マクロのバランスシートは一定、
というかんじで。△蓮∋駛楫狙分だけバランスシートの残高が増えるような
気はするんですが。
 としたら、GDPの数字というのは、発生・消費された価値のフローを表すだけで、
,両豺腓覆匹蓮必ずしもその分だけ、価値が社会に蓄積されているわけでは
ないのかな、というのを確認したかったので。

 最後まで読めばわかるかもしれないんですが、そんなにまとまった時間も
とれないのと、とりあえず疑問がでたところでつぶしていきたい、ので、
時間があったらわかる人、教えて下さい。
410 名前:??? 投稿日:2002/07/09(Tue) 06:51

すみません、どなたかお答えを!

昨年度ミクロの勉強をし、マクロの勉強に少し入った者です。
GDP=付加価値を問題にする、というのと、ミクロの経済厚生(余剰、パレート効率)の話が結びつきません。
付加価値も余剰も金額評価しているんだと思いますが、これらの対応関係はどうなるのでしょうか。
よろしくご指導ください。
411 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/09(Tue) 12:48

>>410

日本の学部で教わるケインズ型マクロでは、その結びつきはありません。明示的に
消費者の効用関数を考慮する動学的一般均衡モデル(他スレでいうザモデル)を
用いないとそうした分析は不可能です。批判的立場ですが、こうしたモデルについて
比較的詳しく説明しているのは吉川洋「現代マクロ経済学」創文社ですので参照して
ください。
412 名前:??? 投稿日:2002/07/09(Tue) 14:31

>>411
さっそくのご回答ありがとうございます。
>比較的詳しく説明しているのは吉川洋「現代マクロ経済学」創文社
難しそうですが、いい機会なのでチャレンジしてみます。

あと、勉強してから出直して来いといわれそうですが、
吉川洋「現代マクロ経済学」創文社は動学的一般均衡モデルを
批判的に説明されているということですが、
この本は、GDPとの関連も言及されているのでしょうか?
あるいは、それは他の本で勉強した方がいいのでしょうか?
またよろしくご指導ください。
413 名前:??? 投稿日:2002/07/09(Tue) 14:40

かんちがいしてたかもしれません。
>日本の学部で教わるケインズ型マクロでは、その結びつきはありません。
日本の学部で教わるケインズ型マクロは、
ミクロの経済厚生(余剰、パレート効率)の話とは無関係
かつ、
動学的一般均衡モデルは、GDPの話とは無関係
という意味でしたでしょうか?

すみません、お手数かけます。
414 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/09(Tue) 15:56

>>413

>日本の学部で教わるケインズ型マクロは、ミクロの経済厚生(余剰、パレート効率)の話とは無関係

そうです。

>動学的一般均衡モデルは、GDPの話とは無関係という意味でしたでしょうか?

違います。
415 名前:すりらんか 投稿日:2002/07/09(Tue) 16:56

教科書ケインズマクロと消費者理論については銅鑼氏の言うとおりですが,
実質GDP自体はDGEとか言い出さなくても厚生上の意味は把握できますよ.
指数が専門の毒虫先生の解説を聞こう!
416 名前:毒虫五郎 投稿日:2002/07/09(Tue) 19:54

リクエストですが、学生さまの試験期間まじかなご質問にはお答えしないというけちな性分が身についております(ややザモデル氏風)。ご質問をみたかぎりでは、吉川先生のご本よりも、とりあえず、西村和雄先生の『ミクロ経済学入門』の余剰分析や指数のところをご覧いただき、そののちに水野先生の『ディビジア指数』などをご参照ください。だいたい5,6時間あればいけます。


( 役に立った! | 元スレ )
417 名前:??? 投稿日:2002/07/10(Wed) 14:01

>>414-416

ありがとうございました。

>リクエストですが、学生さまの試験期間まじかなご質問にはお答えしないというけちな性分が身についております
今期の試験とは関係なかったんですが、参考文献を示していただければ、ない頭をひねって勉強するつもりですので大丈夫です。ただ、また、質問するかもしれませんがその節はよろしくお願いいたします。
418 名前:47 投稿日:2002/07/11(Thu) 00:25

こんにちは。
>>409 が放置プレイされていたので、自分で
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/93snapamph/fig02.html
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/93snapamph/fig02.html
をみて、考えてみた。
結論としては、
>>409 の ↓◆↓の質問自体がずれていて、
固定資産減耗を除く部分のGDPが、所得支出勘定
に反映されて、で、所得支出勘定をバランスさせるように
「貯蓄」勘定が決定されて、で、「貯蓄」勘定は、資本調達勘定
の一要素となる、と。で、資本調達勘定(実物取引側で、「純固定資本形成」勘定、
「土地購入」勘定、と「貯蓄」勘定をバランスさせるように「貯蓄投資」勘定が
決定されて、この「貯蓄投資」勘定が金融取引につながる、という流れで)も
決定される、と。
 で、この「資本調達勘定」(とキャピタル・ゲイン/ロスを表す「調整勘定」)が
期首のバランスシートに接続されて、期末のバランスシートが決定される、という
ことですね。

 どらさん、どうすか?(というか、この文章読んでも意味わかんない
かもしれませんが・・・。)
419 名前:47 投稿日:2002/07/11(Thu) 00:26

 で、上記の理解からGDPの意味を考えると、GDP自体は、マクロの経済成長を表す
というよりは、マクロ経済の稼働率を表す、と考えた方がより適切かな、と思う。
で、その稼動した経済活動のうち、固定資本形成にまわった分と、そのファイナンス
方法がバランスシートに反映される、ということかな。で、SNA上で、より経済成長
(社会全体の豊かさの向上度)に近い概念というと、
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/93snapamph/fig02.html
でいうところの、正味資産の増加額でないかなー、と思う。
今まで、公共投資(穴を掘って埋めるだけでも)でGDP↑で、GDP↑なんだから、
経済成長しているという議論があって、それにどうしても腑に落ちない部分があった
んだけれど、GDP↑で、稼働率↑ならば納得できる。公共投資で穴を掘って埋めても
稼働率は上がるけれど、それをどんなに続けても、経済は成長しない(社会は豊に
ならない。)

 どらさん、どうですか?少し、進歩したでしょ?間違いがあったら指摘してください。
420 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/11(Thu) 16:56

>>418 それで良いんじゃないですか。僕のサジェスチョンがお役に立ったようでうれし
いです。SNAは基本的に会計学ですから、君の方がいったん理解すれば僕より詳しくな
れるのは間違いないです。経済学なところは、帰属計算くらいかな?

>>419 稼働率というなら、まずは基準になる完全稼動を定義しなければならないでしょう?
これは完全雇用で定義したり、インフレの加速しない状態として定義したり、もろに
資本設備の完全(最適)稼動で定義したりと、いろいろあります。それぞれの定義は
密接に関連してはいますが、必ずしも同一ではないので、分析の目的に応じて使い別け
なければならないでしょう。そのため、可能な限り客観的な統計として設計されるSNA
には、稼働率という考え方は馴染みません。また、そもそもGDPは期間中の生産額に
しか過ぎませんから、稼働率をどう定義しようと、その一構成要素でしかありません。

なお、あなたの場合「豊かさ」という概念を持ち出しているが、確かに日本にいれば
ストックの不足を痛感することが多いので、あなたの考えもわかるけど、経済状態に
応じて「豊かさ」がフローで測るべきである場合もいくらでもあります。

お金持ち(ストック豊富)でも、毎月の月給が入らないと不安になる人も多いでしょう?

で、結論ですが、「少し」ではなく「大きく」進歩してます。まあ、あちこちで糞味噌に
言われてる私ですが、お役に立てたようでうれしいです(w
421 名前:47 投稿日:2002/07/13(Sat) 22:00

>>420 どらさん

 いや、SNAについて、少しずつ理解できつつあるのも、どらさんの
おかげです。thanks!

 ところで、GDPを稼働率に近い概念とした件ですが、もう少しいいかえると、
GDPというのは、結局、マクロのバランスシート上にある資産が取引
に回った程度・金額を表す、といった感じでしょうか。よく企業のBSを
分析するときに、資産の回転率をだしたりしますよね。あれと、やや
似てませんか?GDPが高いというのは、大雑把にいえば、マクロBS上の
資産が何度もコロコロと回転している(いろんな主体の間をいききしている)
ということに近くないですか。

 で、マクロBS上の資産が、勘定科目を変えながら回転しつつ(取引されつつ)
一部は固定資本・金融資産に変化していく、等でBSの残高や科目間の構成比が
変化していく、と。

 ここまでの理解で、追加・修正すべきところはありますか?
422 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/13(Sat) 22:42

>>421

そうです。稼働率という言い方については依然として誤解としか言えないが、それを除けば
君のイメージで正しいでしょう。ちなみに、マクロでは資本係数というのが君の言ってる回転
率(の逆数)のことだね。
423 名前:47 投稿日:2002/07/13(Sat) 22:56

そうすると、GDPを経済成長と考えるのって、やっぱり、
ややずれてないですか?経済(取引)の活発度というの
なら納得いきますが。
424 名前:47 投稿日:2002/07/13(Sat) 23:03

あと、ちょっと古いんですが
>>384 の投資と貯蓄率の件なんですが、
やっぱり、投資は、少なくとも短期的には貯蓄率には縛られない、
というのでいいんですよね。結局フローの貯蓄で賄いきれない分の
投資は、マクロBS上の負債の増加(信用創造)でファイナンスされるので。
(それを表しているのって、
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/93snapamph/fig02.html
の、資本調達勘定の金融取引の段の金融負債の純増のところ
という理解なんですが。)
425 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/13(Sat) 23:06

>>424

そうだよ。前に「貯金箱のお金に足は生えてるか?」という問題を論じたけど、回答はそれ。
お金が銀行経由で投資に流れるというのは、貯金箱に入ったお金の分は生産物が消費されず
信用創造でファイナンスされた投資が、その生産物を購入すると言う形で辻褄があうわけだ。
426 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/14(Sun) 01:07

>>423
たとえば農業のみで成り立っている国家があったとする。作物はコメで、国民は1日に2食
食べるぶんしか生産できない。
ある時、技術革新がおこってコメの単位面積あたりの収穫高を1.5倍に高めることに成功した。
生産高が増えることにより、農家の収入も上昇、国民も1日に3回食事ができるようになった。

このとき、国家の資産にいっさい変化はないが、GDPは上昇しているし、国民の生活も
豊かになっているといえるでしょう。





お問い合わせ