いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


信頼できる&支持する経済学者・経済学

8 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/19(Mon) 23:43

>>04
なにがいいのか基準おせーてくれ
知らんのも何人かいるからなんとも言えんが、
Shillerなんて入れてるのを見ると?だよね。
9 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 00:00

バローはやっぱり面白い。。。ていうか、正しく言うと、『経済学の正しい使用法』の
「最も独占に成功しているのは?」ていう短文にウケてしまった、ってことだけなんです
けどね。
それでも、同じようなネタを扱っているベッカーと比べると、格段にバローのほうが、切り口が
イケてる気がした。翻訳の巧拙の問題もあるかもね。。。

あ、しまった。このスレは「最近読んで面白かった本」を書く場所じゃなかったか……。
スマソ。
10 名前:1 投稿日:2002/08/20(Tue) 02:03

>>9
>あ、しまった。このスレは「最近読んで面白かった本」を書く場所じゃなかったか……。
>スマソ。

こんばんは、妥協スレ主の1です。
「最近読んで面白かった本」について、熱く語っていただいてもOKですよ(藁!
11 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 02:22

J・Mケインズ、Jロビンソン、HPミンスキー、Pデビットソン、宮崎義一
12 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 02:38

2chで何ヶ月前かに同じスレ立ててたな>>1
13 名前:1 投稿日:2002/08/20(Tue) 05:53

>>12
立てていませんし、そのスレを見てもいません。あしからず。
14 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 07:10

バートレー、ラッファー、ワニスキー、マンデルに代表されるサプライ・サイド経済学はどうですか?竹中平蔵氏はサプライ・サイド経済学者だと自認し、現在の日本経済政策はサプライ・サイド経済学にもとずく経済運営だと考えられますが・・・
また、吉川洋氏は何派の学者だと考えていいのでしょうか?
15 名前:一夢庵 投稿日:2002/08/20(Tue) 07:50

[理論家として「は」信頼する経済学者]

 名前:ロバート・ルーカスJr
 理由:ルーカス批判の提唱者であるため
16 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 08:04

>>15
こんなところで「は」とか強調する気が知れん
理論家としてでなく、どういうものとして評価したいのか
17 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 08:12

バートレー、ラッファー、ワニスキー、マンデルに代表される、サプライサイド経済学はどうなのですか?竹中平蔵氏は自らをサプライサイド経済学者だと自認し、現在の日本の経済政策もサプライサイド的経済政策が実施されていうという風に考えていいように感じるのですが・・・
18 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/20(Tue) 10:20

>>16そういう言い方は気に喰わないな。ルーカス、サージェントは、理論家として「は」敬意に値すると誰でも思ってんじゃないか。戦後のアメリカの景気循環のコストが目じりのしわぐらいの意味しかないといったり、失業の大半が労働と余暇の異時点間代替で起きるとか、ルーカス批判は政策無効命題だとかいう類の政治的レトリックもよく使ったとか、どんなに危なっかしい問題意識やぶざまな政策提言を行っても、みんな「寛容」だよ。藁


( 役に立った! | 元スレ )
19 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/20(Tue) 10:22

「寛容」なのはただ彼の理論がそれなりに刺激的だからじゃないか。大恐慌で職にあぶれてている連中に「余暇」をとるため自発的に休んでいるなんて誰が考え付く? それだけでもうすばらさしい。藁藁
20 名前:PK初級 投稿日:2002/08/20(Tue) 12:04

○ J・Mケインズ
△ HPミンスキー
× Jロビンソン、Pデビットソン、宮崎義一
21 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 12:40

JKガルブレイス、ヴェブレン、カップ、宇沢弘文
22 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 13:00

お前ら!
宇野弘蔵大せんせぇーの名前を忘れておるぞ!!
経済学が、原理論、段階論、現状分析に分化するのは必然じゃて。
23 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 14:41

>PK初級

あれ?なんか凄いまともな評価だ。看板じゃないコテハンに偽りありか?
24 名前:PK初級 投稿日:2002/08/20(Tue) 15:09

>>21
逝ってよし
25 名前:哲学的PK初級 投稿日:2002/08/20(Tue) 15:25

資産−負債=資本 だから
資本どうのこうの言う連中は嫌い ロビンソン嫌い 宇沢うざい
実在としての資本は、アニマルスピリッツのみ
26 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 16:21

どんな人でも、その人の言う事が常に正しいというのは無いと思うけど。
27 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/20(Tue) 22:28

まぁ,各人が一つの考え方(論理)の可能性を提示しているんだからナ…
信頼出来なくてもイイじゃん.
そんなことより,流行に乗った方がヨロシイかと.
28 名前:証券マンK@経済厨房 投稿日:2002/08/20(Tue) 22:36

インフレ、雇用、そして金融政策―現代経済学の中心的課題
ロバート・M. ソロー (著)
「インフレと雇用をめぐる問題は、現代経済学のもっともホットな領域だ。
本書はまずノーベル賞受賞経済学者ロバート・ソローが金融政策とインフレにつ
いて基調を提示し、それを受けてジョン・テイラーが合理的期待革命の視点か
ら同じテーマを展開、さらに続いてフリードマン、ガルブレイス、グレゴリー・
マンキュー、ウイリアム・プールがそれぞれ意見を述べて議論を深めている。
現代経済学の課題が総まくり的に展開されているため、学問の最前線を知るには
最適の一冊。」

これ、おもしろそうだなあ。





お問い合わせ