いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済板ロビーvol.4

73 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/12(Mon) 23:32

経済学における短期ってのは諦めのつかない期間じゃないのか?
バブルはじけて以降、まだ諦めのつかない業界たくさんあるとこ見るともっと長そうだな。
もっとも、韓国みたいにバサッと片付けりゃ、長期ってのもすぐに実現だな。
74 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/12(Mon) 23:46

短期と長期の区分って
短期って1年未満で、1年以上は長期じゃなかったっけ?
んで、1-10年未満を中期とすることもあると。
75 名前:キスケ 投稿日:2002/08/12(Mon) 23:57

>>56 歌舞音曲さま
BRUNO S. FREY and ALOIS STUTZER (2002)Journal of Economic Literature
Vol. XL, pp. 402–435
"What Can Economists Learn from Happiness Research?"
に、インフレのコストに関する記述がありました。
以下はp.422, 429の丸写しです。引用文献は全て孫引きです!

1. Fischer, Stanley. 1981."Towards an Under-standing of the Costs of Inflation: II,"
Carnegie-Rochester Conf. Ser. Public Pol. 15:0, pp. 5–41.
2. Lucas, Robert E. Jr. 1981."Discussion of: Stanley Fischer, 'Towards an Understanding of the
Costs of Inflation: II'," Carniegie-Rochester Conf. Ser. Public Choice 15:0, pp. 43–52.
の分析では
"..., the cost of a 10-percent yearly inflation was calculated to be between
0.3 percent and 0.45 percent of national income."(p.429 左側)
なんだそうです。でも、すぐ後で
"But many economists would strongly disagree with this conclusion."
と述べ...(続く)
76 名前:キスケ 投稿日:2002/08/13(Tue) 00:10

上で書いた参考文献、pp.5-41とpp.43-52です。Acrobatからのコピペに失敗。

"Most economists take an intermediate position, not least because the picture emerging from the existing empirical evidence on the costs of inflation is far from clear (see the survey by John Drifill, Grayham Mizon, and Alistair Ulph, (1990)"Costs of Inflation," in Handbook of Monetary Economics. Benjamin M. Friedman and Frank H. Hahn, eds. Vol. II. Amsterdam: North-Holland, pp.1014–66.).
The “common opinion” of academic economists probably is that rampant inflation is very dangerous for the economy, while a constant, and hence predictable, but low inflation (say 1–5 percent per year) is not taken to cause any major problems."
とまぁ常識的な要約(p.429 左から右側)。問題は、一般市民の受け止め方。(続く)
77 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/13(Tue) 00:11

短期と長期を実際の時間で一律にくくるとまずいことがいろいろでてくる。あくまでも経済学における短期と長期は理念的なものだという注意が必要じゃないかな。もちろん統計作成上とか法規上とかそんな問題は一応度外視してね。

たとえば、日本の10年以上の経済的低迷は、10年だから長期的問題として考えて、サプライサイドに問題があるという見方もある。けれども他方で、それは金融・財政政策のミスであり、いいかたはよくはないけど、短期の問題の解決に失敗しつづけているともいえる。

>キスケさん。情報感謝。
78 名前:キスケ 投稿日:2002/08/13(Tue) 00:19

あっ、また同じ失敗。「大した問題を引き起こさない」のは1-5%のインフレ率です。

3. Di Tella, Rafael; Robert J. MacCulloch and Andrew J. Oswald. 2001. "Preferences over Inflation and Un-employment: Evidence from Surveys of Happiness,”Amer. Econ. Rev. 91:1, pp. 335-341.
の分析では、
"A 1-percentage-point increase in the unemployment rate is compensated for by a 1.7-percentage-point decrease in the inflation rate. Thus, if unemployment rises by 5 percentage points (say from 3 to 8 percent), the inflation rate must decrease by 8.5 percentage points (say from 10 to 1.5 percent per year) to keep the population equally satisfied."(p.422 右側)
という結果を得た模様。これを今の日本に当てはめると...(続く)
79 名前:キスケ 投稿日:2002/08/13(Tue) 00:28

Di Tella et al. 2001, AER の推計は欧州12ヶ国、1975-91のデータなので、
平均インフレ率は7.5%。これを馬鹿正直に日本の現状へextrapolateすると、
 「バブル期と比べて失業率は2%上昇したが、CPI上昇率は3.4%?(+2.4%->-1%?)低下した。
  よって、国民の満足度はバブル時代から変化していないことが予想される。」
という素晴らしい結論が導かれます。素晴らしき哉、日銀!(次が最後)
80 名前:キスケ 投稿日:2002/08/13(Tue) 00:42

面倒なのでFrey &Stutzer (2002) J. Econ. Lit. p.429 右側をコピペしてオシマイ。

The population seems to feel quite differently. An extensive survey in the United States, Germany, and Brazil (Shiller 1997:後述) finds that people are concerned about quite different issues connected with inflation than are economists. People seem to disregard the fact that inflation probably also raises their own nominal income. They obviously concentrate on the possible harm, but not on the possible benefits, of inflation on their standard of living.(Robert Shiller 1997,"Why Do People Dislike Inflation?”in Reducing Inflation: Motivation and Strategy. Christina D. Romer and David H. Romer, eds. Chicago and London: U. Chicago Press, pp.13-65.)
In addition, the survey identifies other concerns generally neglected by economists. One is that inflation allows opportunists to exploit others in an unfair and dishonest way; another is that inflation undermines the moral basis of society. Many fear that inflation produces political and economic chaos and a loss in national prestige due to the falling exchange rate.

庶民の発想は万国共通。日本が特殊なのは、専門家がやけに庶民的なところ。
81 名前:一夢庵 投稿日:2002/08/13(Tue) 06:34

>>50 >>52-53 52さん、53さん
>そうすると「お前のドラエモン復活待望論との整合性はどうなるんだ?」と
>疑問に思う人もいると思いますが、その説明は長くなる
という話についてですが、

>きれいなモデルで片付かない問題も考えなきゃいけないという感情と
>でもそれで根本的な解決になんかなりゃしないという理性のはざまで
>みんなそれなりに考えているんではないのでしょうか?

どうやら皆さんのほうが、よく分かっておられるようです。皆さんの方が
プロフェッショナルなのだから、もちろん当たり前なのですが。。。

きれいで厳密なモデルですべてを語りたい、しかし、実際の現象はそんな
モデルで記述できるほど単純ではない。だから厳密なモデルを拡張しながら
それでも追いつかないからしばしばad hocなモデルに頼らざるを得ない。。。

こういった事情は一夢庵がやっている分野でもほぼ同じで、僕はドラさんを、
(パッチワークかもしれないけど)現実の経済に沿った分析を極限まで行う
エコノミストであると思うわけです。

あるプログラマーの言葉を借りれば「口は悪いが、腕は確かな現場のおやじ」
です。「腕は確かな現場のおやじ」は普段はうっとうしいかもしれませんが、
本当に困った時には頼りになります。
82 名前:一夢庵 投稿日:2002/08/13(Tue) 06:45

>>57
>一夢庵は人格者
みたいな書き込みをみるのですが、それは間違いですよ。
インターネット上で見える「人格」ほど信用のならないものはありません(藁

インターネット上で嫌なヤツに見えても、実際に会うとすごくいい人かもしれ
ません。そして一見「いい人」に見えても実はすごくイヤなヤツであること
も少なくありません。。。

ですから、どうぞ「一夢庵は人格者」だとか「良心的」だとかいう誤解は捨て
てください。自分でもそんな風に感じたことがありませんし。

なお、この書き込みは57さんを狙い撃ちしたものではありません。ちょうど
都合のいいところに書き込みがあったので。念のため。
83 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/13(Tue) 08:12

一夢庵さん、おはようございます。allも。そうそう、ネット上の人格はあてになりませんぜえ、漏れなんかもかなり人格者かもよおおおっ。w)

あ、キスケさんの非常に簡を得たコピペ、誰か塩沢@良いデフレ論者に教えたいねえ。さっき黒木さんの掲示板チェックしたら、黒木さん自身もとどめをさしてたけどね。でもまだあの人カキコするかもね。老婆心としてはもう止めたほうがいいと思う。旧式の武装(あやしげな経済理論とフリードマンの方法論)した塩沢元帥が、敵情視察しに来たら、最新鋭の装備(方法論は黒木氏、経済学はすりらんか氏)した機甲師団に遭遇して叩きのめされたという構図だと、僕の知人も解説してた。黒木さんもすりらんかさんも苺での誹謗中傷w)織り交ぜての有意義?な体験がもろに役立っているように思えるなあ。


( 役に立った! | 元スレ )
84 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/13(Tue) 08:29

産経の速報サイト
>04:30 「デフレ悪い」がほぼ半数。経産省がデフレに
>ついて調査。理由として全体の63.7%が「収入が
>増えない」と回答。

これは意識変化なのか?いずれにせよいい傾向ではある。
85 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/13(Tue) 11:12

経産省ネタというところがポイントだろ
日銀はともかく内閣府ネタで出てこない限りはね
86 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/13(Tue) 11:25

>方法論は黒木氏

げんたんってどこでも方法論を語っているのね。
http://science.2ch.net/test/read.cgi/math/1014140987/36-44
87 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/13(Tue) 11:59

中味ないからだろうね
88 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/13(Tue) 12:14

>>86 いろんなところ読んでんるんだね。感心。86さん、物知りなようだから、2chで面白い板とか、あと経済板で多少は中味のあるスレ教えてもらえませんか? もちろんほかのみなさんもよければご教示を。
89 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/14(Wed) 04:48

>>83
単なる誹謗中傷合戦にしか思えないが。
まあ、自己満足して低次元のところで、
限られた能力をすべて使いきっちまいな。
90 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/14(Wed) 06:43

上は小文字君の大文字に化けた奴ね(当社推測 藁)。つまり貴兄は中味ある発言がいえないだけみたいだね。
91 名前:夏の名無しさん 投稿日:2002/08/14(Wed) 07:31

つーか小文字も何人もいるんだしなあ。少なくとも5人くらいはいるだろう。
小文字の気分になったら小文字にしているだけ出し。
92 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/14(Wed) 08:15

それはいえる。小文字君たちはいってみれば夏蚊のごとし って違うか。
93 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/08/14(Wed) 12:09

おいおい、昔のスレあげてる奴。あんましやりすぎるとアクセス規制にあうぞ。





お問い合わせ