いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済学の邦訳本

1 名前:蘭丸14世 投稿日:2000/10/10(Tue) 19:45

マンデルの邦訳本って、どうして経済学の素人(と思われる)
竹村健一が訳してるんでしょう?
2 名前:ドラエモン 投稿日:2000/10/10(Tue) 20:03

竹村氏はもともと翻訳屋さんで売り出した(確かマクルーハン)ひと。だから
出版社が頼んだんでしょ。それに、逝っちゃった後のマンデルを翻訳する気の
ある経済学者はいないわな。金本位制とか・・・。
3 名前:へなへな 投稿日:2000/10/10(Tue) 21:59

竹村氏は意外と侮れないと思いました。
彼は
「アメリカでは@@がはやってるんや→日本でもこれからは@@やで」
という超簡単なロジックで語っているようですが、
制度や流行の波及が アメリカ→日本 というのが歴然としてあるのですから
波及に目を付ければ超簡単、かつ意外に当たる予測ができてしまいます。
あの、怪しい風貌でいかがわしいとおもってましたけど、なかなか賢いお方のようで。
4 名前:すりらんか 投稿日:2000/10/10(Tue) 23:09

>へなへなさん
うひーそれって誉め殺しですか?あと,訳者って自分で訳してる
とは限らないですからね.筒井康隆訳の(これは監訳だからかも
しれんが)『科学の終焉』かなんかで筒井翁自身が「ほとんど読
んでない」みたいなこと書いてました.
5 名前:へなへな 投稿日:2000/10/10(Tue) 23:37

>すりらんかさん
>うひーそれって誉め殺しですか?
いえいえ、結構本気です。彼のバブル期の本を古本屋で見ましたけど、88年あたりで
株とか処分したみたいですよ。

予想で当てるには、出来るだけ単純なロジックで予想できる分野を選んで、その分野で
予想すればいいと考えれば、意外と戦略的な人なのかなと。

かれがしつこく生き残っているのは、
・単純なロジックによる予測(思ったより外さない)
・思ったよりトンデモ経済学みたいなことはいっていない(良く聴くと当たり前っぽい)
・流行を追いかけている、知識の編集者(これをやってる若手が中谷彰宏か?)
・進歩的知識人のような「べき論」「建前論」はしない
・海外の論調をそれなりに読み込んでる
というのがありそうですね。
それに、マクルーハンを日本に紹介したという点でも意外と賢いという評価
をしたいとおもいます。

彼への評価が 1/5だったのが3/5に上がっただけというのは真相です。
6 名前:ドラエモン 投稿日:2000/10/11(Wed) 22:58

翻訳本を読んでるとなんかオバカみたいに見えるよね。だけど、日本の一流
経済学者の翻訳って、オリジナルの間違いがほとんど直っている世界でも希
なものよ(竹村訳がそうとはいってない)英語自信あっても訳買うメリット
あるんだなぁ。
7 名前:へなへな 投稿日:2000/10/12(Thu) 01:09

高度な話じゃないですけど、
有名経済学者のエッセイの翻訳と原著を読み比べるというのは、なかなか楽しく英語
が勉強できました。
ベッカーや バローとか。
ベッカーのは章がとても短くてさくっと読めるのがよかったです。
8 名前:>03 投稿日:2000/10/12(Thu) 08:41

ソフトバンクの孫正義は竹村をマネていたのか・・・・
9 名前:植田 投稿日:2001/01/07(Sun) 00:34

バローの文章(教科書ではないけど)はデジタルチックというか、
型にはまっら文章で、読みやすいのですが、あまり心に響くもの
でもないです。日本語訳をするとかなりつまらない文章が並ぶような
気がします。彼の授業を受けたという知人曰く、「彼はデジタル人間です」。
経済の理論だけでなく、歴史とか背景にある社会情勢とかを知っている人が
書いた文章は、淡々としていても伝わってくるものがある。それは教科書でも
同じじゃないのかなと思いました。


( 役に立った! | 元スレ )
10 名前:植田 投稿日:2001/01/07(Sun) 01:25

訳する場合、グラフの表示を間違うことって多いですね。
特に、為替関連の複雑なグラフは、監訳者がしっかり確認して
欲しいものです。
11 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/22(Tue) 18:49

ハルの本が翻訳されてました。
原書を買ってしまったのでちょっと損な気持ちです。
12 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/25(Fri) 19:12

「不確実性と情報の経済学」東洋経済 by Laffont
はひどかった。「十分な統計」てなんじゃそりゃ。sufficient statistics
知らないようにおもわれ。
訳者に知識がないとすぐばれるのが翻訳の怖さです。自分で書くときは
知らない言葉は使わないから他人にはわからない。自分も翻訳をし
たことがあるけど、そのあたりはすごく気を使いました。
13 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/26(Sat) 00:29

十分統計でなけりゃあどう訳すのですか?
14 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/26(Sat) 04:47

十分統計量
15 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/26(Sat) 04:48

じゃなくて
充分統計量
かな?
16 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/26(Sat) 14:49

なぜ統計とは関係ないものに統計量なんて名前をつけるのですか?
17 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/27(Sun) 06:26

十分統計量とはその統計量が十分な「情報」を含んでいるって言う意味がありますから。
ラフォンの本は読んでないですけど、多分それ以上の情報が経済主体の手に入っても
最適化行動の結果に影響を与えないという意味で使ってるんじゃないでしょうか?
データの関数という意味でのStatatisticsを統計量と訳すのは定訳だと思います。
18 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/27(Sun) 06:52

>17
確かに、十分統計量(sufficient statistics)は、数理統計学を
きちんと学んだ人なら、知っているはずの基本的な概念ですからね。
経済学をやっている人には、数理統計学をあまり勉強していない人
もいるのでしょうか?何か心配になって来ました。
19 名前:さつき名無しさん 投稿日:2001/05/27(Sun) 09:24

>>18
エコノメトリクスの授業で最尤推定量が効率的であることを示すときに、十分統計量の概念
が紹介されてました。エコノメの授業をとっている人は知ってるんじゃないかと思います。
ただ、多くの大学でなぜか必修じゃないですからね。エコノメトリクス。





お問い合わせ