いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


日銀の金融政策

100 名前:すりらんか 投稿日:2001/01/22(Mon) 00:20

>へなへなさん@98
バランスシートが毀損しているから,日銀がコールを下げても
わざわざ自己資本比率の分母を増やしてしまうような,貸出行
動は行われず,信用創造が起きないって話ですよね?量的緩和
論へのメジャーな反論でしょう.それはゼロ金利だから起きる
ことでマネーサプライターゲットならそんなことはないという
のがメジャーな再反論ですね.うーんどっちが正しいのか…….
101 名前:ミケ 投稿日:2001/01/22(Mon) 22:40

スリランカさんの再反論、
マネーサプライターゲットなら信用創造が可能という
表現はニュアンスが違うと思います。だって、
ベースマネーが増加することで通貨を増やすことは可能だとしても、
信用創造が起きないことには変わりないですよ。
市場関係者ならわかるかもしてませんが、
結局それは積み上がりってやつじゃないですか。
102 名前:すりらんか 投稿日:2001/01/22(Mon) 23:18

>みけさん
どっかに書いてあるかもしれないけど,基本的には私は
日銀は何ですけどね.岩田先生とかは,日銀のオペが買
いきりでない所とかに,乗数効果が働かない理由を求め
ているように思います.
103 名前:へなへな@一段落 投稿日:2001/01/22(Mon) 23:33

>すりらんかさん
おっしゃる通りです。

>ミケさん
そうなんですよね。

貨幣は外生的に中央銀行がコントロールできるのか、
それとも、内生的に資金需要+中央銀行の緩和があって始めて増やせるのかという
のなんですよね。

なにかでよみましたけど
「金融政策はひもににている、引っ張ることは出来るけど、押すことはできない」
引き締めによってコントロールは出来るけど、
緩和は貨幣需要の問題があるので中央銀行のコントロールは不完全である。
このあたりが落とし所では?
104 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/22(Mon) 23:55

でもね、2000年問題で超緩和した後の一昨年後半から去年のアメリカの株式市場、
RTGS対策でじゃぶじゃぶにしている今の日本(円レート)をごらん。金融政策は
鉄棒とは言えないかもしれないが、紐でもないよ。
105 名前:へなへな 投稿日:2001/01/23(Tue) 00:00

>どらえもんさん
それはやっぱり、資金需要があったところに、緩和がフィットしたのでは??
106 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/23(Tue) 00:04

そうかな?2000年問題やRTGS対策で需要増えた分だけ供給が増えたなら、資産価格に
影響しないでしょう?だって需要曲線シフトした分だけ増やしたって価格は変わらないんでない?
107 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/23(Tue) 22:36

日○WEBからのコピペですが、、、

ゼロ金利政策復活、展望していない・日銀総裁

日銀の速水優総裁は23日午後の記者会見で、金融政策運営について引き続き金融緩和スタンスを
維持して景気回復を金融面から支援する姿勢を示した。先に流動性供給方法の検討を執行部に指
示したことが、先行きゼロ金利に戻ることを念頭に置いたのではとの一部の声についても、「そ
のような展望はしていない」と断言した。総裁は「金利がゼロというのはおかしなこと」だと指
摘、ゼロ金利政策はあくまで異常事態に対応した措置だと強調した。

だそうです。なんか、海外の投資家とかと話するの気が重いですよね。実質金利がどうしたとか、
クルーグマン提案がどうしたとかいう次元じゃないんだもの。名目金利はプラスでなければ変だ
という「論理」でどうやって議論しろと言うの?

なんか、話が振り出しに戻るようで申し訳ないんだけど、僕のような業界人がフラストレーション
に苛まれる理由はここなんです。良いですよ、潜在成長率は1%しかないから今がデフレの瀬戸際
じゃないとおっしゃっても。でも、そうなら財政破綻は必至で、日銀がどう頑張っても日本経済は
既にご臨終でしょう?そうじゃなく、潜在成長率3%位あるなら、今はデフレでしょう?

ここでぼやいてもしょうがないけど、なんとか人に理解できる説明してくれませんかね?>速水総裁
108 名前:ミケ 投稿日:2001/01/23(Tue) 23:45

>>106
なかなか納得がいかないのですが、反論する前に、
誤解のないようにもう少し詳しく書いてもらえると
うれしいのですが。
109 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/24(Wed) 00:04

>108
まず、RTGSとか2000年問題というのは、一時的な決済システムの機能不全の恐れから、
キャッシュに対する需要が増加することと解釈します。つまり、キャッシュあるいはマネタリー
ベース需要曲線の右方シフトなわけです。

だとすると、それに対する「潤沢な流動性供給」っていう文言の解釈が問題になる。マネー内生
を重視する立場(吉川さん他)なら、もともとマネタリーベースの供給曲線は所与の金利で水平
なはずで、「潤沢」もなにもないですよね。

あえて潤沢というのなら、需要曲線の右方シフト相当分だけマネタリーベース供給を増やすとい
う意味と解釈するしかない。

で、その大きさが需要曲線のシフトと完全に見合いなら、恐らく何も起こらないのでしょう。しかし、
現実には、(好ましいかどうかは別にして)何らかの効果はあった訳です。その効果は何が原因で
結果したのかというのが問題なのではないでしょうか?量的緩和全面否定派なら、何も起こらない
としか言えないのではないのかな?
110 名前:植田 投稿日:2001/01/24(Wed) 00:08

>>106
需要に対応した供給だったからスムーズな供給が
できたということには間違いないと思います。
ただ、一時的な需要という観点からすると、
「資産価格への影響〜〜」といえるのか若干疑問が
残るところです。


( 役に立った! | 元スレ )
111 名前:yoshie 投稿日:2001/01/24(Wed) 23:54

>でもね、2000年問題で超緩和した後の一昨年後半から去年のアメリカの株式市場、
>RTGS対策でじゃぶじゃぶにしている今の日本(円レート)をごらん。金融政策は
>鉄棒とは言えないかもしれないが、紐でもないよ。

2000年問題による超緩和でアメリカの株式市場が上がったのなら
年明けからの超緩和の後始末による回収ですぐに反落してなければならない。
また、RTGS対策でじゃぶじゃぶにして円レートが下がったのなら
日本株式は上がらないとつじつまが合わない。
112 名前:yoshie 投稿日:2001/01/24(Wed) 23:59

数年前日本が円高で苦しんでいるとき
速水さんは「淘汰されいいことだ。」
と発言しひんしゅくを買ったが
ゼロ金利をやめたのもこれと同じで
速水さんのサド的性格からくるものではないだろうか。
この時期に我々はとんでもない人を日銀総裁に戴いたのではないだろうか。
すでに読まれたかと思うが
数日前の日経夕刊に中前国際経済研究所中前忠氏のコラムが出ていたが
速水さんと同じ思考なのかと思うので紹介する。

日本経済の再生の条件は金利の上昇である。
金利の上昇だけが財政赤字の拡大を困難にし、
生産性の低い企業の退出を促すことができる。
これは市場の役割である。
超低金利に貯蓄が反乱を起こし、
市場がとめどのない財政赤字に危機感を持ったとき、
資本の海外流出が加速し、円安、高金利を実現する。
これは、グローバル化した市場経済の原則といってよい。
これを好機ととらえ、財政再建、経済の効率化といった目標に向けて、
政治が合理的で透明なプログラムで対応できれば、
新世紀の日本は明るい展望を持つことができるであろう。

中前氏をコラムニストとして使い続ける日経は
勇気があるなあと私は毎回思ってしまう。
113 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/25(Thu) 01:31

>111
>2000年問題による超緩和でアメリカの株式市場が上がったのなら
>年明けからの超緩和の後始末による回収ですぐに反落してなければならない。

いったん起こったバブルって自己運動するんじゃない?

>また、RTGS対策でじゃぶじゃぶにして円レートが下がったのなら
>日本株式は上がらないとつじつまが合わない。

別に円か株のどっちかが動けばOKじゃないの?
114 名前:ドラエモン 投稿日:2001/01/25(Thu) 01:40

ついでに、中前氏の話。

この件は仰るとおり。まさにサディスト。友達と小声で「シバキアゲ主義者」と呼んでます。
メンバーは、中前・武者・速水など・・・
115 名前:へなへな 投稿日:2001/01/25(Thu) 01:49

規制緩和万歳。
景気なんて関係ないもんね的、三輪先生も仲間に入れて上げてください。
今日、彼の「規制緩和は悪夢ですか」を立ち読みして、ぶっ飛んでしまいました。
コンテスタビリティの問題とか気にしてないみたいだし・・・。
既得権者の馬鹿げた意見ばかりを攻撃することに意味がないわけじゃないけど
本当に大切なのはそれじゃないだろう、という本です。
116 名前:怪人 投稿日:2001/01/25(Thu) 16:17

>115
別に三輪先生は三輪先生でいいんでない。
ただ、「規制緩和&構造改革で景気回復だ!」とか言い出したら
おバカってこと。三輪先生はそんなことは言ってないわけだから。
117 名前:名無し 投稿日:2001/01/25(Thu) 18:36

企業を淘汰しても仕方ないのにね
速水も爺で時代が分かってないね
118 名前:ウルズラ 投稿日:2001/01/25(Thu) 19:10

速水総裁は信念の人ゆえ実は好きであったりする(*´ー`*)
119 名前:へなへな 投稿日:2001/01/25(Thu) 22:37

>うるずらさん
ヒトラーも毛沢東もスターリンもブランチダビディアンの教祖も信念の人でした。
というか、信念の人だろうがなんだろうが、重要なのは発言と行動じゃないですか?
歴史上、信念の人に振り回された悲惨な話しがいっぱい有りますよ。

>怪人さん
いや、三輪先生の場合、規制緩和による効率性というスタンスから語っておられますけど、
その影響力が結果的にマクロ的な問題を起こすという点を気にされてないですよね。
それが、ちと心配でした。
(とうぜん、馬鹿げた既得権益にしがみついている人たちを擁護するつもり全くありません)

なんかの座談会で、2chで大人気の池尾先生が、構造改革やペイオフの促進を主張して
ほかのひとに「ペイオフを早めると、貸し渋り等の問題があるのでは?」
といわれて先生は
「私は、マクロのことは考えてないから」というコメントをしていました。
いや、論文を書くだけならいいのですよ・・・しかし、現実について意見を述べるのであれば
考慮して欲しいわけです。
120 名前:怪人 投稿日:2001/01/25(Thu) 23:30

>119
池尾先生はマクロに関しては完全なアンチ金融緩和のしばきあげ論者だな。
あの金融システム危機の時期に「信用のバブルはまだ十分破裂していない」
などと言っていた。確信犯だから三輪先生などよりはるかに悪質。
あの人は、金融システム問題の話だけしていればいいと思う。





お問い合わせ