いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


よいデフレなんてあり得るのか?

1 名前:すりらんか@祝復活 投稿日:2001/12/02(Sun) 10:44

「よいデフレ」という話をよく聞きますが,「よいデフレ」って何ですか?
「よいも悪いもない中立的だ」と言うならまだしも分かる(僕はそうはおも
わないが)けど「よいデフレ」となるとどういう意味なのか分かりません…
….ここインフレ派多いからあまりデフレ支持のはなし聞かないですが,よ
いデフレのひとが何を言いたいのか整理してみませんか?
2 名前:ぱっぱらぱー 投稿日:2001/12/02(Sun) 15:05

需給曲線に照らし合わせて言えば、よいデフレってのは、
供給曲線の右シフトに基づくデフレのことをいう。
供給条件の改善によって供給曲線は右シフトし、需給が緩和し、価格は下がることになる。

供給条件の改善として挙げられるのは、まずイノベーション。
つまり、シュンペーターが言うところの/契宿覆粒発⊃靴靴だ源妻法の導入
新しい販路の開拓じ矯猯繊θ樟宿覆凌靴靴ざゝ觚擦粒容性サ豼反イ稜鵬と新組織の形成
ということ。

あと、石油価格の下落など、原料価格の下落も供給条件の改善につながる。
経済のグローバル化によって中国などから安い製品が大量に日本に流入してくることも
供給量の増大からデフレにつながる。

まあ、簡単に言えば、良いデフレってのは、
技術革新に起因するデフレって意味で使われるということ。
3 名前:すりらんか 投稿日:2001/12/03(Mon) 02:54

うん.まさにそれがベンチマーク例ですよね.

でも,完全な部分均衡だから,その時の価格ってある財の相対価格ですよね.一時的でない技術ショックに対してマネーの量がずっと一定のままなら,現在のマクロの物価指数が低下するための唯一の条件は現在の名目総需要が低下するときだけな気がしてならないんですよね.

ちょっと,また持論になっちゃったんで,明日あたりまでに少し考えて何とかして「よいデフレ」がおきうる可能性を導いてみます.
4 名前:新天地名無しさん 投稿日:2001/12/03(Mon) 03:33

貨幣の中立性の成立を前提にすれば、「悪くない」とは言えるが、その場合には「どうでも良い」
というだけだから「良い」とはいえ無い。「良い」とは非中立性を前提にしていて、価格の硬直性
とかでてくるわけで、よほど病的なモデルを作らない限り、「良いデフレ」などという結論を
出すことができないのは自明ではないの???>すりらんか氏
5 名前:新天地名無しさん 投稿日:2001/12/02(Sun) 20:33

良いデフレは、地代や食料品などの生活必需品について内外価格差が改められるほど
下がること。実質所得が上がって幸福になるし、他の財の消費が増えるから。

悪いデフレは、不景気になって、企業間で生き残りのために、企業が用いる戦略が価格の
切り下げとなってしまって、のど切り競争がおこり、企業が価格を低下させるために
リストラを行い、それがさらに不景気をもたらすこと
6 名前:ぺいぺい 投稿日:2001/12/02(Sun) 21:02

卒論でこれ、やってみようかと思っている私が教えてクンと化すための
スレでしょうか・・・(藁

ミクロの始めにならうのが、財の需要関数。 コブ・ダグラス効用函数だったら
所得と価格を所与として、価格が落ちるのなら、数量ベースでその財への需要は
増えることになって、支出額としての変化なんて、起きることもない。 効用で
みると、上がっている。 しかし、何よりも気になるのが、所得の水準が外から
与えられていること。 企業からすれば、価格の下落でも賃金が変わらないのな
ら、実質での賃金率は上がっているわけで、雇用を減らすのが合理的だし、それ
ができないのなら、かなりの非効率が生じている状態となる。 それでも雇用が
維持されるためには、かなりの生産函数のシフトが必要なはず。 今、失業率が
高くなっているトレンドからすると、補えるだけのシフトじゃない。

なぁんか、生産性が上がっている、という話自体が、ウソくさいというのが
直感なのですが・・・


( 役に立った! | 元スレ )
7 名前:すりらんか 投稿日:2001/12/02(Sun) 21:38

>04さん
>よほど病的なモデルを作らない限り、「良いデフレ」などという結論を
>出すことができないのは自明ではないの
あっ,意図見透かされた感じ……全くその通りと思います.で,「良いデフレ」
が正当化されるための仮定がどんなに無茶なものになるのか示してみようかと思
いまして.もちろん,その一見病理的なモデルが(「デフレ=良い」というそこ
での中心定理以外の)様々な他変数の動き含めて現実に適合しているなら良いイ
ンフレ論も多少は認める必要があるのではないかと思いまして(<「ホントはそ
んな気ねーだろ」丸出し^^).
8 名前:プロボーラー 投稿日:2001/12/02(Sun) 21:48

ぺいぺいさん
上のモデルでノンマネーであれば、要素賦存を完全雇用条件でしょう。物価がおちるためには生産関数がシフト(外側)して、実質賃金率が上昇しておしまい。
pqd=wL,qs=af(L)だから、a↑→qs↑っていうサプライの動きとqs↑→p↓→qdという需給の動き、そして(w/p)=f'(L)がホールドされてるんだから、a↑→f'(L)=w/pで、整合的。
二部門にしても、n部門にしても原理は同じ。
今、失業率が上がっているのはこのフレームではLが要らないとfが考えるため。それは、1)wが硬直的、か2)pが硬直的。Lで調整しちゃうと、qd*pが↓だから、またまたqs↓→L↓へ。
9 名前:新天地名無しさん 投稿日:2001/12/02(Sun) 22:18

皆さん話は決まってるようですが、本当に「物価水準の低下」って悪いんですか?

「デフレ」はどう定義するかによるのでしょうが意図的に悪いことを含んだ用語として使ってるんでしょうから「悪いものは悪い」といってるだけのトートロージーに過ぎないでしょう。

というわけで、デフレってどう定義してるか教えてもらえませんでしょうか?
10 名前:ドラエモン 投稿日:2001/12/02(Sun) 23:21

>>09

デフレの定義って、一般的物価水準の持続的な低下だよね。問題は、「一般的物価水準」なるも
のをどう定義するかだろうな。普通なら、新生産物だから資産価格は含まない。だから、わざわ
ざ資産デフレとか資産インフレという言葉が必要になる。
11 名前:すりらんか 投稿日:2001/12/02(Sun) 23:43

>「デフレ」はどう定義するかによる
「デフレは集計的な物価水準が下落すること」というはっきりした定義がある
のだから,理論的には「定義次第」も何もないと思います.もちろん現実のデ
ータの上で考えるならば,
>問題は、「一般的物価水準」なるものをどう定義するか
(というよりどの指数の上下を見てインフレ/デフレと言うか)
と言う問題もあるのですが,現在は「真の生計費指数の上限であり」「現実的に
はそれよりやや上方バイアスがある」ラスパイレス型の消費者物価指数が低下し
ていて,生産者直結のWPIも低下しているわけですから,(簡単に言うと,集計物
価を測る方法はたくさんあってそれぞれが理論的に正しい,純粋理論的な物価指数
よりちょっと高め/低めに出るという性質があるけどどの測り方でもデフレなんだ
から)当然,純粋理論的な集計物価も下がっているわけです.

で純粋理論的な物価が下がっていることが「良くも悪くもない」「悪い」というモ
デルはわりと簡単に作れるけど,「良い」と言う結論を得るモデルはかなり難しい
んではないだろうかと言うのが私の意見です.

仮定から導かれる結論(つまりはモデルからの性質)はその仮定の現実的妥当性に
議論の対象を絞れるのでよいのですが,「良いデフレ」には明示的なモデルがない
のでとりあえずそれを出してその仮定の成否を論じたいし,またいかなる仮定によ
っても正当化し得ないならそれはそれで「そんなものはない」といえるだろうと言
うことです.
12 名前:R 投稿日:2001/12/03(Mon) 03:05

簡単に言うと、良いデフレってのは
需要増(GDP増)を伴うデフレでは?
価格が安くなっても、その分多く消費する(需要増)ならば
それは良いデフレなのでは?
13 名前:2ちゃんの相場師 投稿日:2001/12/03(Mon) 04:01

俺が現金タプ−リ持っている時に
株が暴落する資産デフレ。
これがいいデフレ。
14 名前:9 投稿日:2001/12/03(Mon) 04:36

デフレ=「一般的物価水準の持続的な低下」(ドラエモンさん@10)
デフレ=「集計的な物価水準が下落」(すりらんかさん@11)
という「ニュートラル」な定義を確認させていただいた上でお聞きしたいのですが、

インフレもデフレも「良くも悪くもない」というのはきわめて簡単だと思うのですが、
「悪い」デフレって、そんなに簡単にできますか?
現在のようなデフレ期だけでなくインフレ期も想定したとき、
「悪い」デフレ・モデルで「悪い」インフレって出てくるのでしょうか?

それともただ単に、「デフレ・インフレいずれにしても物価水準の不安定は悪い」って話になるのでしょうか?
15 名前:プロボーラー 投稿日:2001/12/03(Mon) 08:16

9さん
安定的に物価が下落している→デフレだから、不安定はこの際無しでしょう。
昔、インフレの議論でも「悪性」インフレって使っていた記憶があるから、善悪の議論は、物価変化の傾きがあるレンジを超えていると「悪」なんでしょうな。
で、「悪を裁く」のは何かというと、やっぱり「効率性」が標準的なんではないでしょうか?
16 名前:新天地名無しさん 投稿日:2001/12/03(Mon) 10:46

貨幣供給一定のとき、デフレに名目GDP低下が伴うのは数量方程式を仮定すれば自明。>>03
しかしそのとき実質GDPは増加している可能性がある。(>>12)
生産性の上昇に伴うデフレはその一例。(>>02)
しかし生産性の上昇自体はデフレとは独立におこる(インフレ下でも達成可能)。
したがってデフレは実体経済の改善を示唆する「よい兆候」である可能性はあるが、
デフレ自体が実体経済に「よい効果」をもたらしているわけではない。(>>4)

デフレとインフレが非対称になる一例は、名目利子率に下限(ゼロ)があるとき。
このときデフレは実質利子率の下限を引き上げるので、市場の効率性を損ない
実体経済に「わるい効果」をもたらす。

だから名目利子率に「上限」があると仮定するのが「よいデフレ」モデル(藁)





お問い合わせ