いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


米国経済崩壊金融恐慌に突入!

218 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/07(Tue) 23:57

>>213

>不動産なんかだと鑑定価格というものがある

普通に考えると、不動産の価格ってのは、将来の賃貸料収入を金利(リスクプレミアム含む)
で割り引いて計算するだろう。

ところが、賃貸料収入は不動産市況に依存するし、金利やリスクプレミアムも金融市場の
状況に依存する。

無理やり決めるしかないよね。中立で公正な価格なんて存在しない。
数人の専門家の判断じゃ市場より正しい価格付けなんてできるわけがない。
219 名前:ドラエモン 投稿日:2008/10/08(Wed) 00:00

>>215

一番のモラルハザードは、預金ブローカーというか、投資銀行。これだからウォール街の
住民はメインストリートの住民に嫌われるわけ。当たり前だ罠w
220 名前:dell 投稿日:2008/10/08(Wed) 00:04

>>218
そりゃある程度「えいっ」と無理やり決めるしかないでしょうよ、神様じゃないんですから。ですから、「中立で公正な価格なんて存在しない」けれど、それでも中立な立場で鑑定することならできるんじゃないでしょうか?それが「公正な価格」かどうかまでは誰にもわかりませんけどね。
221 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 11:53

>>220

クルーグマンの指摘を読もうよ。

現在、多くの金融機関は負債超過の危機にある。負債の合計が、資本として持っている資産の価格を上回っているわけ。

持っている資産を「適正な価格」で買い取ったって、この状況は全く改善しない。

解決になるとすれば、
(a) 持っている資産を「適正よりずっと高い価格」で買い取ってやる。
(b) 資本注入する。
のいずれかで、バランスシートを改善してやるしかない。

同じように資本を増強するにしても、(a)は、資産と、資産価値を超える金(税金)とを
交換する、つまり税金をくれてやって、納税者は何も見返りを得ず、経営者は何の責任も
とらないということになる。

(b)ならば、国は経営権(の少なくとも一部)を得る。ファニーメイとフレディマックの
ときには、これでうまく行った。
222 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 12:21

>>221
社会主義orz
223 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 12:46

>>222 脊髄反射かよww 「市場の失敗への対応」と言え。
224 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 12:51

危機に関するクルーグマンのノート
http://www.princeton.edu/~pkrugman/finmult.pdf
225 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 12:58

市場の失敗に、政府がコストを払うのは
当たり前だろ。
政府の市場介入に
共産主義だと脊髄反射するのは止めましょう
226 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 13:05

シカゴ大の人たちは安定化法案になんで反対してるの?
227 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 13:21

>>226

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003017&sid=azLKMnj8aeHo

「企業に対する「補助金」であり、あいまいで、長期的には市場に悪影響を及ぼす可能性があるため」

>>221 と同じだね。
228 名前:へなへな 投稿日:2008/10/08(Wed) 14:30

日本オワタ


( 役に立った! | 元スレ )
229 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 14:34

今の株価見てみなよ
230 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 14:42

バーナンキの無能さのせいで世界中迷惑だな
全く言うことだけは偉そうなのに、口だけだ
231 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 14:57

>>230
なんだとこのやろう、ワシントンコンセンサスが悪いんだろ!
この改革バカが!
232 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 16:41

めぁめぁ da YO!
233 名前:dell 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:12

>>221
民間から増資するという選択肢を最初から排除すべきではないでしょう。
234 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:25

>>233

またバフェットが、という話?
235 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:27

米欧の主要6中央銀行、協調利下げ0・5%…金融危機回避狙う

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000048-yom-bus_all
米欧の主要中央銀行は8日、金融危機を背景に混乱が続く国際金融市場の安定化に向け、政策金利を同時に引き下げる異例の協調利下げを実施したと発表した。

 米国発の金融危機が世界同時株安やドル相場の急落を招き、先進各国の実体経済に打撃を与えつつあるため、協調策を取ることで危機拡大を回避する狙いがある。

 協調利下げに参加したのは、米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)のほか、イギリス、カナダ、スウェーデン、スイスの合わせて6中央銀行。それぞれ政策金利を0・5%引き下げ、FRBの政策金利は1・5%、ECBは3・75%となった。

 日本銀行は政策金利は引き下げず、当座預金制度の運用を含めて金融調節で資金を潤沢に供給する方向で対応する見込み。一方、中国の中央銀行である中国人民銀行も8日、主要政策金利の一つを9日から引き下げると発表した。
236 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:28

日本銀行は政策金利は引き下げず、当座預金制度の運用を含めて金融調節で資金を潤沢に供給する方向で対応する見込み。
237 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:34

中国ですらやったのにw
238 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2008/10/08(Wed) 23:41

>日本銀行は政策金利は引き下げず、当座預金制度の運用を含めて金融調節で
>資金を潤沢に供給する方向で対応する見込み。

流動性危機対応の話にすり替えてるところがどうしようもないな。
フォワードルッキングはどうなったんだよwwwwwww





お問い合わせ