いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


ノーベルの親族「経済学賞はノーベル賞に値しない」

46 名前:『イーブルマインド』 投稿日:2002/03/15(Fri) 03:06

反ユダヤ主義者のNASHに経済学賞をあげたのをユダヤ人団体に突き上げられたのがよっぽどこたえているようですな。
47 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/18(Mon) 23:59

映画ビューティフルマインド見た?
48 名前:36 投稿日:2002/03/19(Tue) 00:10

きすけさんありがとう。
私もゲームほとんどなにも知らない(ミクロの教科書ぐらい)
ので、助かりました。
49 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/19(Tue) 04:39

http://www.observer.co.uk/international/story/0,6903,619491,00.html

人種差別的な内容。
50 名前:ぱっぱらぱー 投稿日:2002/03/19(Tue) 22:48

「ビューティフル・マインド」観ましたよ。

ご存知のように、1994年(?)にゲーム論に対する貢献によって
ノーベル経済学賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュの半生を綴った映画です。

もっと華麗な人生を送ったのかなと思っていたのですが、
実は内面に病を抱えていて、社会に適応するのに困難を伴ったようです。

社会生活に必死に適応しようとするナッシュの姿にも心打たれましたが、
そんな彼をけなげに支える奥さんの姿にはそれ以上に感動しました。

彼は今も病魔と戦いつつ、プリンストン大学で教鞭を振るっているようです。

なかなか良い作品だと思いました。
僕の中では、ここ3年位のうち去年観た「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に次ぎ、
「JSA」と並ぶ良い作品でした。

最近の映画の中では、「ロード・オブ・ザ・リング」が話題をさらっていて、
事実、面白いのですが、この映画もなかなかいいですよ。
51 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/20(Wed) 11:04

サイモンの経営理論は、環境が激変するような場合にはダメだっつーわけで、
俺の読んだ経営学の本ではどれも痛烈に批判してある。
だもんで、このスレを見て、好きな人もいるんだなぁ、と思った。
52 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/20(Wed) 13:35

頭悪い。
会計学では経済変動を説明できない、と言ってるようなものだ(笑)
53 名前:経営学院生 投稿日:2002/03/21(Thu) 18:56

>>51
でも、オープンシステム論者はサイモンほど精緻なモデルを構築できないでいます。
学問の世界では批判されるほど支持されているということですよ。
54 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/27(Wed) 08:10

チューリングはかなり映画向きな人だと思う。
最近映画化されたんだっけ?
55 名前:名無しさん日本語版 投稿日:2002/03/27(Wed) 08:38

その映画みた。
あまり面白くなかったけど。
56 名前:へなへな 投稿日:2002/03/28(Thu) 08:59

>>51
ひまだったら、「システムの科学」を読んでみてはいかがでしょう?
「人工物すべてを扱う包括理論」という一見デンパ理論ですがいい本です。
サイモンの経営論もわるくはないとおもう。学ぶところはかなりありました。


( 役に立った! | 元スレ )
57 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/18(Thu) 00:49

次に映画化されそうな数学者って誰か思い当たります?

ノイマンはまだなの?
58 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/18(Thu) 04:01

その映画みた。
59 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 03:41

ビューティフル・マインドに描かれなかったナッシュの一面を知ることで
ハリウッド的な「ビューティフル」の基準とその浅さが分かるような。

例えば彼がバイセクシャルで、公衆トイレで性器を露出して男を誘って
逮捕されたことなんかは絶対描かれないし、論敵をユダヤ小僧呼ばわり
したり、はじめの奥さんとその間に出来た子供を捨てて教え子と再婚した
ことや、彼の子供も彼と同じ精神分裂病に苦しんだことは描かれていない。

ゲイに厳しかった当時のアメリカの社会状況や、金銭的な保障のないまま
捨てられた先妻が今でも語る恨み節や、自分がのたうちまわって苦しんだ
病を子供にも背負わせてしまった(親の実感として)絶望感なんかは
「ビューティフル」の邪魔になるから描かないという感性が恐ろしい。

それに精神病や知的障害を「イノセンス」や「ビューティフル」でまとめて
感動の物語にするのはある意味「臭いものにフタ」ってことでしょう。
60 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 04:37

なっしゅってすさまじい人だったんだな。
チューリングの映画では彼がホモセクシャルだったことは描かれていましたか?
61 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 05:30

>チューリングの映画では彼がホモセクシャルだったことは描かれていましたか?
それが主題だった…。
62 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 06:03

>>59

精神分裂してた時だから、それを批判するのは
単なるバッシングだって監督はいってたよ。
63 名前:59 投稿日:2002/04/21(Sun) 15:43

>>62
批判なんてする必要ないのにね。事実とその背景を描けばいい。
それを隠して「ビューティフル」な物語にするから単純で非現実的な
アホ映画になっちゃう。
64 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 17:46

ゴシップ大好きな人間は週刊誌でも読んでれば
いいんじゃない?
映画は映画だからね。
それをアホ映画というなら、見なけりゃいいのに(w
65 名前:ミーハー 投稿日:2002/04/21(Sun) 20:17

ちょうど昨日「ビューティフル」見てきた。
ナッシュの伝記映画と思わなければ、そこそこ。
あと「非協力ゲーム理論」をひらめく場面(5秒くらい)だけは、少し面白い。
事実に忠実かどうかは尻ませんが。
66 名前:名無四月馬鹿 投稿日:2002/04/21(Sun) 22:19

まあ、観た人の評判はよくないね。
井筒監督じゃないけど(w





お問い合わせ