いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


池信監視小屋

21 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/13(Mon) 20:53

俺は閣下がいい
22 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/14(Tue) 14:22

ときに閣下、昨今の日銀のていたらくをいかにごらんになられますかな?
他人事みたいな経済分析で、悪いの下がるのと言い立てるばかりで、では
その分析を受けて何をするつもりなのか、というのが一切なく、情けない
ばかりでございますが、世も末ですなあ。
23 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/17(Fri) 17:10



第二に、私が「経済学に関して学士しか取得していない」というのも事実誤認である。私の博士論文は、総合政策学部の岡部光明教授(経済学)を主査とし、スタンフォード大学経済学部の青木昌彦名誉教授らを副査として審査され、その内容も経済学に関する研究である。一部は学会誌に掲載され、論文全体は『情報技術と組織のアーキテクチャ』としてNTT出版から公刊された。




とあるが、要するに経済学の話題を扱った論文を経済学の教授中のコミティーの下で論文審査され博士論文になったので、経済学の博士と同等だと主張している。けれども、欧米では、学部に渡ってコミティーが形成されるのが普通であり、慶応大学もその点を有用に受け入れて制度的に博士論文の審査をしているのであって、そのことをもってEconomicの博士論文とすることも経済博士と名乗ることもできない。決してできない。


経済学の博士論文をもう1つ書いて誰にも文句を言われないようにした方がよいだろう。エコノミストとは名乗れても、経済学博士とは名乗れないからである。

私は弁護士たちの主張は、経済学博士およびPh.D. of Economicsの私も、十分に大筋で合意できる。

以上。
24 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/17(Fri) 17:14

事実誤認があるけれども、例えば工学部に在籍する経済学の教授が主査になった博士論文は、工学の博士論文と認識され記録され、公にも工学博士と認定される。これを経済学博士と名乗ってはいけないのと同じである。エコノミストという称号は自称他称なので、何と名乗ってもかまわないが、もし経済学博士とマスコミで名乗ると経歴詐称で出身大学から訴えられることもあるので要注意だ。
25 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/17(Fri) 20:19

副査に一人も経済学部の教授も助教授もいないの?そうならばなぜそうなったのですか?

問題の本質は、もし私の懸念が正しければ、ここにあるのと思うのですが。私は01の
スレ主です。
26 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/17(Fri) 20:20

25ですが、「経済学部」とは該当する大学の経済学部のことです。外部の大学
のことではありませんので、念のため。
27 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/18(Sat) 09:22

学際的な道を選んだ学者は新たな学問領域を立ち上げて
その第一人者を想起させるような学者であると名乗ればいいんだよな

たとえば「電波学者」とかw
28 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/18(Sat) 13:59

専門は電波の研究ですw
29 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/18(Sat) 15:29

また見つけました、池田的思考展開。以下引用。

太陽は膨張しているから、あと1000年ぐらいで地球は温暖化して人類は死滅するだろうが、地球は何ひとつ困らない

引用終わり。
30 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/18(Sat) 18:54

池田(学術博士(政策・メディア))はレス乞食だから、言及するだけで悦ぶ。虫が一番w
通教の非常勤なんて素人と一緒。取り上げる素材にならん。そもそも海外査読誌に(ry
31 名前:BUNTEN 投稿日:2009/04/19(Sun) 12:38

>たとえば「電波学者」とか

それはやめてぇぇぇ。電磁波の研究者が泣きかねないから。(;_;)


( 役に立った! | 元スレ )
32 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 16:06



しかし椅子にしがみついた老人たちは、退場するとともに椅子も持ち去り、将来世代には巨額の政府債務とマイナスの年金給付だけが残る。



以上の認識は、非常に的を得ている。政策の学位を持っているならば、現状分析だけでなく、対案や有効な施策も示してほしい。池田氏にはそれが期待されている。
33 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 16:24

それにしてもいまだに「生産性を上げるしかない」と言ってるのが笑える。

今が供給力不足って言ってるのと同じなんだが…この人の脳の構造どうなってるの?
34 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 16:26

椅子にシールを張るしかないだろうね。椅子が大学の持ち物ではなくて、
事実上老教授たちの「株」や「名跡」になっていることが問題。
35 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 16:37

供給不足と生産性の低下は違う話ですよ
36 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 16:41

>>35
どう違うのか言ってくれ。

生産性の低下で物価の上昇でなく下落に到る経路も教えてね。
37 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 19:30

>>36
どう違うも何も供給不足は供給が需要を上回っているという不均衡状態を示す概念で
生産性の低下は企業の制約条件である生産関数のTFPに関するものなんだから全く違うものだよね

生産性の低下で物価の下落が起きうることは

↓大滝雅之編「平成長期不況」
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B3%E6%88%90%E9%95%B7%E6%9C%9F%E4%B8%8D%E6%B3%81%E2%80%95%E6%94%BF%E6%B2%BB%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81-%E5%A4%A7%E7%80%A7-%E9%9B%85%E4%B9%8B/dp/4130402390

この本の中で大滝さんが世代重複モデルで示してるよ
ちなみに大滝さんは、動学的一般均衡モデルはセイ法則のもと常に完全雇用が成り立っちゃう時点で有効需要の原理を支柱とするケインズの発想とは根本的に相容れないとして
需要制約を入れた動学的一般均衡モデルの構築に一人取り組んでいる筋金入りのケインジアン

そんな人もモデルの帰結から生産性の増大も減少もともにデフレをもたらすから
一概にデフレが悪とはいえないと論文の最後で結論付けている
38 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 19:45

デフレでは銀行が金を貸さなくなる。恐慌の始まり。
インフレデフレは(長期的に)貨幣現象。
39 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 19:56

>>37
海外の経済学者でそれに同意していて、
「今回の不況は世界中のあらゆる国の生産性低下が原因」
と言ってる人がいるなら教えてくれ。
40 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 19:56

>一概にデフレが悪とはいえない

そういう言い方は誤解を招く。過去の経験上デフレ傾向が
経済に好ましくない影響を与えたことは知られてる。
とくに素人にはそう説明すべきだ。
41 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/04/19(Sun) 20:00

>>39
「理論的には」ありうるということが言いたいんじゃないの?この人。
しかし現実に起きてることがそうかどうかは証明はできない。





お問い合わせ