いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


★リフレ宣伝員★会議室★3

117 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 12:39

>>116
>コールレートを一定に維持することと不胎化は同義
不正確だな。
胎化とは政府の行為が通貨量に影響を与えること。
具体的にいえば、2000年までは財務省為替介入は為券を発行して行われているが、1999年3月までは為券は事実上日銀引き受けだったために、「自動的」に胎化(非不胎化)といえたが、1999年4月以降為券は市中公募なので、原理として通貨発行量には影響しない。つまり、自動的に「不胎化」だ。
118 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 12:53

おっと消し忘れ。
具体的にいえば、2000年までは財務省為替介入

具体的にいえば、財務省為替介入
119 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/29(Tue) 13:10

>>117

「胎化」なんて用語法はみたことないなぁ。

為券が日銀引き受けであっても、コールレート維持するなら、ハイパワードマネーの残高は
やはり維持せざるを得ないので、不胎化されるよ。
120 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 13:31

・連続書き込みなのに異なるID
・すぐさま自分の発言を訂正
121 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 14:42

今の労働政策をこのまままにしておいて
金融政策で市中に金を市中にダブダブにさせただけで 失業率は改善するのか?という事なんだよ。
出来ないだろそんな事。w
ここまで階級が固定化してしまった以上、
もう労働政策・社会保障政策を大胆に労働者側にとって有利なように改革しなきゃ
失業率なんか一向に改善なんかしない。
122 名前:コテハン 投稿日:2009/12/29(Tue) 15:10

>>121
改善するよ。ただあまりにも筋が悪すぎるとバブルを併発するけど。
失業率は必ず改善する。

筋を整える時間が無いから、法学部(以下略)の資産と給与を生活保護レベルに
制限した上で、やればOK。これをやっておくとバブルが生まれよう無いからね。
123 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/29(Tue) 15:28

>労働政策・社会保障政策を大胆に労働者側にとって有利なように改革

他の条件一定で、そういう改革やったら雇用量は減少するが。
124 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 16:03

最近変なのが増えてドラエモンも大変だな。
125 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 16:04

う〜ん市場によらんかね
完全競争ならそうだけど
不完全の場合に労働者がユニオンを作って厚生が改善する場合はあるよ

とくに派遣の場合、不完全情報そのものでしょ
ピンハネ率も開示されてないし
126 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/29(Tue) 16:10

>>125

穏当なものなら賛成だし、たぶん改善するでしょう。だが>>121は「大胆」なのが
必要だって言ってるよ。しかも、厚生ではなく失業率の話してるし(笑)
127 名前:cloudy 投稿日:2009/12/29(Tue) 17:56

亀レスですが、英語圏でも

Ron Paul - 32,200,000
Paul Krugman - 3,450,000
(hl=en指定)

と、トンデモの方がhit数が多いですね。桁が違います。


( 役に立った! | 元スレ )
128 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 18:33

セレクション・バイアスなんでないの?人気もないトンデモは本当に誰からも相手にされないから、必然的に話題に登るトンデモは人気・知名度が高い人となる。
129 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 18:38

ロン・ポールってトンデモなの?
130 名前:cloudy 投稿日:2009/12/29(Tue) 19:12

>>129
中央銀行そのものが経済の不安定の原因であり、
中央銀行を廃止して金本位制にもどせば経済は安定化するというのが彼の主張です。
実際はmises.orgの連中の主張なんですが。

私は「相対性理論は間違っている」と同程度のトンデモだと思います。
131 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 22:47

日本銀行そのものが経済の不安定の原因であり、
日本銀行を廃止すれば経済は安定化するかもw
132 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/29(Tue) 23:36

不安定というより、低位安定w
133 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/30(Wed) 01:57

>>119
銅鑼は逃げたな。
>>117 は、「胎化(非不胎化)」と書いているので、英語のsterilizeを不胎化と訳して、unsterilizeを非不胎化と訳している日本の経済学もおちょくっているのだろう。
書いていることは正確だ。
銅鑼が、この明確な定義を採用できない理由は、溝口介入の評価にかかわるからだ。
銅鑼は、財務省主導のデフレ策という。
しかし、>>117によれば、介入したところで、ベースマネーにはまったく影響ない。
これは同じ時期の国債発行が公募で行われてるので、そのままではベースマネーに影響を与えないことと同じ。
だから、溝口介入が効果があったのではなく、その時期に、日銀がベースマネーを増加させたことが決定的となる。
溝口はアメリカに連絡しただけで、これはテーラーもいっているからただしい。
しかし、日銀との連絡役は溝口であったかどうかはわからない。
財務省ではなき政府から日銀に働きかけがあったのは事実であっただろうが、この時期の日銀の当座預金増加はあくまで日銀のリフレ策というべきだろう。
134 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/30(Wed) 02:33

>>133
全体として何が言いたいのかよく分からないんだけど、>>117が「不正確」なのだけは確かだな。
ドラ氏がいうように日銀がコールレートを維持するかぎりHPMは内生変数になるから、為券の日銀引き受け
だろうが市場介入だろうが、外生的なHPMの変化は日銀の金融調節によって全部吸収されてしまうわけ。
135 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/30(Wed) 03:10

>>133

>銅鑼は、財務省主導のデフレ策という。

もしかして、日銀は短国ならマネタイズするから、政府が債務の短期化すれば
結果的にマネタイズされてデフレ阻止に有効とか言いたいわけ?

量的緩和はあまり効果的ではないが、しないよりはマシだと言ってたよ。だから
bewaadから「銅鑼は福井に甘い」と叱られていたわけだけど。どうせするなら、
インフレ目標を明示して長期国債とか外債買えば良いとは言ったけどね。まあ、
政府が短国出してそれがマネタイズされて、外為勘定で介入に使われれば結果は
同じだけど。だが、介入は原則的には禁じ手なわけで、IMFとかFRBのお墨付き
なきゃできないんだから、例外的な政策手段だと思うけど。
136 名前:cloudy 投稿日:2009/12/30(Wed) 04:15

金子さんのblogより。
残念ながらCSは見れない…

http://blog.guts-kaneko.com/2009/12/post_495.php
 『宮崎哲弥大論争5時間スペシャル-日本経済の処方箋とは-』(朝日ニュースター)に出演してきました。これまで一面識もなかった司会の宮崎哲弥さんから、きちんと経済を理解している国会議員ということでのご指名で今回参加させていただきました。大変光栄です。ちなみに自民党さんからは日銀法改正の論陣をはっておられる元経済産業副大臣の山本幸三衆議院議員が参加。その他のメンバーは、下のとおりの超豪華メンバー。放送は12月30日水曜日19時からが第一回放送です

放映時間:12/30(水)夜7:00〜、31(木)夜11:55〜、1/2(土)午後1:00〜 ほか

出演者リスト
飯田泰之 (駒澤大学准教授)
勝間和代 (経済評論家)
金子洋一 (参議院議員)
小林慶一郎(経済産業研究所上席研究員)
小谷野敦 (比較文学者・作家)
紺谷典子 (経済評論家)
竹森俊平 (慶応大学教授)
藤原帰一 (東京大学大学院教授)
山崎元  (経済評論家)
山本幸三 (衆議院議員)
吉崎達彦 (双日総合研究所副所長)
137 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/30(Wed) 08:58

なあ、一般に「減税」を批判する声は少ないのに逆に「給付」するとなると
反発が強いのはどうして?





お問い合わせ