いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


おすすめ経済本調査 その2

202 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 12:04

小泉は毛沢東の文革を参考にしたのかも。毛にとり、事象のすべては戦争の延長だった。
203 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 18:04

>>201
霞ヶ関って昔からそうだったの?
だったらbewaadみたいなのは例外的存在なのか?
するとマクロ経済政策は誰がやるんだよ。w
204 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 19:28

日銀総裁が大蔵省から出てた頃は
世界で1番金融政策が上手い中央銀行だったのにな。
205 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 20:10

「ダブル・クラッシュ」渡部和孝
http://www.amazon.co.jp/ダブル・クラッシュ-渡部-和孝/dp/4532353793/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1253703888&sr=1-1

著者は現慶応大学準教授。
プリンストンでバーナンキの下で学んだようです。

本屋で流し読みしましたが、金融機関の規制の在り方が話の中心で
金融緩和をはじめとした金融緩和への言及はほとんど無かったように
思えます。
206 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 20:10

間違えました。金融緩和をはじめとした金融政策です。
207 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 20:12

>>203
誰がやるんだろうね…
208 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 20:42

bewaadさんが一番良く知ってることだと思うけど
霞ヶ関の組織原理はドイツ官房学的で
「法の支配」と「国庫への富の蓄積」を至上の目的とする風潮が強いでしょ。

主計局にマクロマンは殆ど居いないと思う。行政法マニアばかりでしょ。
言ってみりゃあ「無免許」のやつらが予算組んでるわけだ。

昭和30〜50年代にたまたま
ケインズおたく(池田)や高橋財政の実務経験者(福田)が居たおかげで
大蔵省・日銀が参謀本部の機能果たしただけなのでは。
209 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/23(Wed) 21:41

>>204
なに言ってるの?
総裁にしても副総裁にしてもアホばっか
そのうえ財政均衡教と金利正常化教に入っていらっしゃる
210 名前:bewaad 投稿日:2009/09/23(Wed) 23:44

>>195
個別の組織・業務についてどうかと問われれば、
あーした方がいいとか、こーした方がいいとかはあります。
(たとえば昔、この板の別スレで、郵政民営化議論に関して、
民営化の対案を出したことがあったはず。)

他方、一般的に霞が関のパフォーマンスがどうかといえば、
主観的認識では、身の回りの例を見ても、国際比較をしても、
マクロ経済政策を除けばまあこんなもんじゃないの、と考えてます。
言い換えれば、
>今の官僚機構はどう見ても大企業病。・・・労働組合が強すぎて、会社が潰れるパターン。
とのご認識に、いささか共感できないのが正直なところです。
(もちろん、「カイゼン」的な案はいろいろ思い当たりますが。)

官僚機構の外から人間を送り込む話は、
木村剛&日本振興銀行の例を見ると・・・。

>>196
経産省・財務省だけでなく、オール霞が関法文系キャリア共通w
財務省に関しては、いわゆる埋蔵金話が出てきた際、
あれは昔から主計局が「各省利権」の召し上げを狙ってきた話だと、
オンリーワン(笑)な指摘をしてきましたが、
ようやく最近になってマスメディアでもそういう見方が広まってきたようです。

でまあそういう傾向の人々にとってリフレ政策とは、
ゾンビを延命させる唾棄すべき施策に見えることがほとんど。
客観的にはさておき、(198さんがおっしゃるように)彼/女らの主観では両立不可です。
211 名前:bewaad 投稿日:2009/09/23(Wed) 23:45

つづき。

>>197
主観的に自らの属性が(主観的に)いわれなき批判を受けるのには傷つくのですがw
それをさておくとしても、たとえば権丈先生みたいに、
いわゆる「上げ潮」=「構造改革」+リフレに対して、
「構造改革」部分の胡散臭さからリフレ政策に対しても否定的になる人がいるわけで、
少なくなく散見される、世論には「構造改革」で迎合しつつ、
その裏でリフレを実現させてしまえ的な議論については、
世論はそれほど甘くないとですよ、とも思うわけです。

>>200
そうおっしゃっていただけると救われますw

>>203
そもそもマクロ経済政策を担当する部署がないんです(泣)。
形式的には内閣府(旧経済企画庁)ですが、
経済企画庁時代は実権がなく、
内閣府になってからは経済財政諮問会議の下僕となり、
これからは国家戦略局の下僕になるのでしょうし・・・

>>208
「法の支配」はさておき、「国庫への富の蓄積」を至上の目的とするのは、
財務省だけであって、霞が関ではマイノリティでしょう。
ちなみに予算は、憲法に基づき直接国会議決にレジティマシーを求め得る点で法律と同格ので、
予算屋は霞が関の中でも相対的に法律から自由に判断しようという傾向が強いです。

でまあ予算査定はきわめてミクロな行為なので、マクロマンがいないのもむべなるかなと。
シーリングの導入以降、G+Igの大きさなんて予算査定の前に実質的に決まるようになったので、
今となってはなおさら・・・
212 名前:cloudy 投稿日:2009/09/24(Thu) 00:09

>>204
大蔵省の人間だからといって優秀(金融政策を理解している)とは限らないでしょう。
実際、藤井財務大臣は大蔵省OBですがあのていたらくです。


( 役に立った! | 元スレ )
213 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 00:29

>G+Igの大きさなんて予算査定の前に実質的に決まるようになった

もしかして実は「予算屋」でさえG+Igの全貌を把握してないんじゃないの?

国の一般会計と特別会計があって、
国の特会には地方公共団体の負担金という上納金があったり
運用収入があったり手数料・使用料収入があったりする。
自治体の一般会計・特別会計・企業会計が加わり
さらに国と地方のそれぞれ外郭団体の会計がみなし公会計として加わる。

・・・のはbewaadさんも良く知っている事。

上のようにつらつら書くとまるでサプライサイダーみたいだけど、
僕が知りたいのはGDPに占める 国・地方のみなし会計まで含めたときの
政府支出の総額および比率。と、政府収入の総額および比率。

「予算屋」が、由らしむべし知らしむべからず、とハーベイロードよろしく
全貌を見渡した上で財政政策やってるなら別に秘密にしたままで結構。

しかしGDP比率が過半数?に達するG+Igの全体像を誰も知らない状態で
需給ギャップの概念を知らないミクロマンが査定やってきたのなら・・・

日本は漂流するひょうたん島か、ダッチロールするJAL123便だわ。
214 名前:ドラエモン 投稿日:2009/09/24(Thu) 01:11

>>213

QEであてにならないのは、まさにCG+IG+JGだよ(笑)そもそも年度計数の四半期分割
推計は存在しても、生データなんか存在しない(爆)だれも知らないんだよ、この世にw
215 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 01:47

担当部署は無くても数字を出す人たちはどこかにいて
その留学帰りの連中がTFPは下がった。
自然失業率は上がった。
とか話しているんだろうな。
その結果名目2%成長で消費税を上げようと発言する。
216 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 01:51

そこで、それは条件付き最大化を解いているのではないと屁理屈をつけるのは、矢●さんだよな。
217 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 01:59

>>214
まさかと思ってたら、政府が政府部門の連結生データ持ってないとは・・・orz

いっそ納税者番号の導入だけでなく官制伝票の導入もやったほうがいいよ。
後発性の利益で(笑)
与信、流動性のほぼすべてを把握してナショナルバランスシートもQE速報出しちゃえ。
218 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 02:01

bewaad君、濱口君がブログでなんかいうとるよ。
219 名前:BUNTEN 投稿日:2009/09/24(Thu) 07:24

>「構造改革」部分の胡散臭さからリフレ政策に対しても否定的になる人がいる

私も油断するとそっちサイドに落ちますね。
システムとして考えられた政策の、積極面だけ削られるシーンを何度か見たこともありますし。
(自立支援法も、おそらく直接給付増が構想されていたと妄想。)
220 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 07:28

>>211
>「構造改革」部分の胡散臭さからリフレ政策に対しても
否定的になる人がいるわけで、
少なくなく散見される、世論には「構造改革」で迎合しつつ、
その裏でリフレを実現させてしまえ的な議論については、
世論はそれほど甘くない

というか逆に洋一みたいに構造改革部分は認めてもらっても
リフレ部分(政府紙幣みたいな)がフルボッコされた経緯もあるわけで。
その意味でも世論は甘くないとも言えそうだよね。
小手先のごまかしが通用しない感じなんだよな。
221 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 14:30

リフレ派にしろ構造改革派にしろ世間様を馬鹿だとなめてるから。
小泉人気を見て衆愚といってしまうようじゃ望みは薄い。
222 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/09/24(Thu) 15:19

よくわからんが何が小手先で、その場合世間様は正しい方向として何を見てるの?
参院選で手のひらを返すように地方から総スカンを食らった小泉人気が衆愚でなくてなんなの?





お問い合わせ