いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


保守派に批判される筋合いなどない

165 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:45

これってネタだよね(汗
166 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:48

効用関数って別に何でもいいんだよ。
167 名前:どらみちゃん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:50

弟の限界効用がみかん一個のときの限界費用と一致し
兄の限界費用がみかん九個のときの限界費用と一致すれば
一個と九個でも不公平でもないとおもうけど?
例えば、弟は小さいからあんま食えない
兄は成長してるので食力があるって考える
168 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:51

>一番いいのは弟と僕が仲直りして5個と5個に分け合うことだ。そうすれば、兄弟愛
>も深まることだし、お互いの効用が損なわれることもない。これこそパレート最適
>ではないだろうか。

変なこといっているけど、論点はわかる。衡平とかそういう深い問題だ。
169 名前:どらみちゃん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:51

訂正
兄の限界費用→限界効用
170 名前:どらみちゃん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:53

もう一つ訂正
食力→食欲
171 名前:どらみちゃん 投稿日:2002/11/23(Sat) 23:59

またまた訂正
上記の兄と弟を入れ替えてください

あと、例えば以下を削除
172 名前:cloudy 投稿日:2002/11/24(Sun) 00:08

>>162の銅鑼さんと >>164のペリ君では効用関数が異なっているので、結論が
違ってくるわけですね。

銅鑼さんの効用関数はシンプルにミカンの個数のみで決まっている(単純に比例でもlogでもよい)が、
ペリ君の効用関数は分配の不公平さによって相手から殴られるなどのリスクをおりこんだ
複雑なものになっているのです。
173 名前:すりらんか 投稿日:2002/11/24(Sun) 00:13

>>162
あぁちょっと面白い論点が出た.経済学は多くの場合「嫉妬心」みたい
なのは無いとして話を進めていく.他人はどうあれ自分がどれだけ財を
得たかが重要という考え方.これをもっと掘り下げて考える人もいる.
まぁ僕としては,
・それを考え始めるとわけわかんなくなると思われ
・大変な割にすごい結論は出てこないような気がする(特に政策とそ
の現象面に関しては……厚生評価はまぁ目安だと思ってるし)
・自分は自分人は人という考え方が好き
などの理由であんまり考えてこなかったんですけどね.鈴村御大系の
人がいればちょっと解説願いたいです.
174 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/24(Sun) 00:23

アローだか、センたらの論理で
「自分は自分人は人」という自由の追求によって
逆説的に自由がなくなるってのがたしか証明されたよう

その解決策としてセンは、アダムスミスに帰って他人に共感することのよって
自由を得られるってことをいいケイパビリティー理論を唱えた
鈴村は帰結主義ってのだったはずだが良くわかんない
175 名前:プロボーラ− 投稿日:2002/11/24(Sun) 00:25

すりさま御無沙汰。今日は酔っ払ってるので書いてしまいました。
指摘2点目は良いねえ。研究にも費用対効果があるってことで。鈴村系では(もちろん)ないから、ベブレン的なお話は日本の実情を踏まえると結構きいてるかもしれない気もするので、専門の人の反応を俺も知りたいです。


( 役に立った! | 元スレ )
176 名前:146 投稿日:2002/11/24(Sun) 08:41

>>159
左の=ってのは、>>148に4つイコールがあるでしょ?その左側2つ。
>パレート最適ってのは、別に一般均衡(or ワルラス均衡)が成り立っていなくても成立する場合があるということか
いな。
それは>>155の意図ではないが、それ自体は事実としては正しいし、重要なポイント。事実をまとめるぞ。
・「この経済のワルラス均衡はこれこれである」は実証的。他にも実証的主張は山ほどある。
・「これこれの配分はパレート最適である」は規範的。他にも規範的主張はありうるが、あまりレパートリーは広くない。
・ある条件のもとで、ワルラス均衡配分はパレート最適である。
・パレート最適だからといって、ワルラス均衡配分であるとは限らない。
・ある条件が成立しなければ、ワルラス均衡配分はパレート最適な場合も、そうでない場合もある。

何度も言うが、上の主張は定義を理解しなければわからないように書いてある。逆に、定義が分かればあたりまえな話。
177 名前:146 投稿日:2002/11/24(Sun) 08:44

みんな何故かつっこんでないけど。

>>164
まだパレート最適を誤解してるよ。みかんを分け合う前=xと(僕1,弟9)=yを比較して、
(僕のxからの効用) > (僕のyからの効用)
と主張しているんだよね?これがひとまず正しいとしよう。(この問題は>>172-175やスリランカさん曰く「鈴村系」の降臨を期待してね。)しかし、これは「yがパレート最適でない」ことを意味しないでしょ?
(弟のxからの効用)≧ (弟のyからの効用)
も示さないといけない。(何故だか分かりますか?)それを説明せずに「yはパレート最適でない」と結論付けたりするのは、まだ理解が足りない証拠。
178 名前:ぺリクルス 投稿日:2002/11/24(Sun) 09:42

>>177
まとめありがとう。しかし、「みかんを分け合う前=xと(僕1,弟9)=y」が
何を表しているのか、いまいちわからんよ。

>>173
スリランカ師匠、「自分は自分人は人という考え方が好き」なんてことを言った
らダメだよ。ドラエモンみたいな思想の持ち主が、「俺は自分の利己性に従って
儲ける、他のやつはどうなったって知ったこっちゃね-よ」という考え方を撒き散
らしているんだよ。>>174のいうように、「自分は自分人は人」という自由の追求
によって逆説的に自由がなくなってしまう。我々は、「他人に共感することのよっ
て自由を得られる」んだよ。

俺は昨晩のドラエモンのミカンの話を見て、「非パレート最適からパレート最適に
向かわせる経済政策」のオゾマシサを知ってしまった。それは、「自分は自分人は人」
という誤れる社会に向かわせるものだ。その概念に含まれる「自由」は、決して普遍的
なものではない。ただ単に「資本家の経済的自由。搾取の自由」を意味するに過ぎない
のだ。パレート最適の概念の背後には、自分は社会から切り離されても生きていけると
いう傲慢な過信があり、結果的にはその思想によって社会が破壊されてしまい、自分に
災禍が降りかかってくることになるのだ。逆説的な話だと言わねばなるまい。
179 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/24(Sun) 09:59

みかんを分け合う前の状態をxと呼ぶ(以下略
180 名前:ぺリクルス 投稿日:2002/11/24(Sun) 10:07

「分配の不公平さによって相手から殴られるなどのリスクをおりこんだ複雑なもの」「嫉妬心」
「共感」といった人間の複雑な心理を度外視して、「単純に経済学は多くの場合「嫉妬心」みた
いなのは無いとして話を進めていく.他人はどうあれ自分がどれだけ財を得たかが重要」という
ふうに、人間を利己的・合理的存在としてとらえているのはあまりにも底の浅い人間分析と言わ
ねばなるまい。こういった論理で、「パレート最適が望ましい」と言われて、実際の政策に移さ
れているかと思えば、それは人類の悲劇と言わねばならないのだ。
今年のノーベル経済学賞は、人間は必ずしも利益を最大化しようとして合理的に行動するわけで
はない、人間はもっと複雑な存在である、といった研究をした人物に与えられたという。こうい
ったことで経済学の世界にルネッサンスが起きればいいのだが。
181 名前:ぺリクルス 投稿日:2002/11/24(Sun) 10:23

>>179ありがとう。式の読み方を勘違いしていたよ。
>>177には次のように反論できる。
パレート最適は、「もしその状態から誰か一人の効用が増大したとき、他の少なく
とも一人の効用が損なわれずにはおかないような状態」と定義される。確かにXの
状態よりYの状態では弟の効用は増大しているであろう。なぜなら、弟はケンカで
兄貴をボコボコに打ち負かしてミカンを9個手に入れたからである。
しかし、ボコボコにされたとうの兄貴はメンツを失った上に、たった一個しかミカ
ンを手にできなかった。これで、兄貴の心の中では弟に対する恨みが生じることで
あろう。そうすると、Xの状態よりYの状態では兄貴の効用は減少してしまっている
であろう。ということは、XからYの状態に移行するさいに、すでに「もしその状態
から誰か一人の効用が増大したとき、他の少なくとも一人の効用が損なわれずには
おかないような状態」が打ち破られてしまっているのである。
すなわち、弟の効用は増大したが、兄貴の効用は減少してしまった結果として落ち
着いたのがYという状態なのである。これをパレート最適として経済的に望ましい
ものと考えるのであれば、パレート最適は経済的にふさわしい基準でも何でもない
ということになろう。
このケースのドラエモンの主張には、「兄弟愛」という「共感」の感情が抜け落ち
てしまっているのである。この結果としては、弟は一時的にミカンを手にして「自
由」を満喫したが、今後は兄弟間でギスギスした関係が続くと言う不利益をこうむ
るのである。
182 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/24(Sun) 10:24

envyとかアルトイズムってそんなに重要か?
183 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/24(Sun) 10:25

底が浅いってか、アンタが根暗な人間なんじゃないのか?
184 名前:晩秋の名無しさん 投稿日:2002/11/24(Sun) 10:28

>>181
ありがちなちゅう房勘違いなのよ。
効用のソースをミカンだけに限定するなよ。
殴られるってことは、不効用だろうが。
単に「共感」+「痛さ」+「ミカン」という複数財の枠組みで考えればいいだけやん。

効用最大化という原理自体は全く成立していると思うが。
185 名前:cloudy 投稿日:2002/11/24(Sun) 13:32

>>177146氏
初期状態xからの比較はたしかに変だけど、
ペリ弟が「兄貴に仕返しされるより、ミカン4個失うほうがまし」と考えているのなら、
y:(兄=1,弟=9) から z:(兄=5,弟=5) への移行はパレート改善になっているのでは?

故にペリ兄弟の効用関数では状態yはパレート最適ではないと思われます。





お問い合わせ