いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


環境問題・エネルギー問題について語ろう。

67 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/06/22(Sat) 06:22

>海外で生産される農産物
ってところでもう・・・

基準の違いがあるだけで、わが国の基準の下でも薬はいぱ〜い
68 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/06/22(Sat) 18:48

もとは中国のウナギの話だし、市民グループは特に「得体の知れない」海外の
農産物に対して不安をおぼえるわけだし、いいんじゃない?

どうせそういったグループは「有機農業」とか推奨してるわけで、、、
69 名前:うさぎ 投稿日:2002/06/22(Sat) 21:57

 日本の場合は問題がまだ表面に出てくるだけ救われていると思います。EUでは危険と考えられる中国産の農産品について輸入禁止措置をとっています。日本ももっと厳しく
すべきではないかと思います。日本で使用されている農薬、化学物質の数十倍の量が使用されているものが今は野放し状態です。
 消費者の中には、いつどんなの化学物質をだれがどれだけ使ったのかといった情報
が、きちんと本当に信頼できる形で提供される農産品であれば、有機でなくともよい、
2倍や3倍の価格を支払ってもよいという人がたくさんいるそうです。しかし、現在それをビジネスにする業者がまだ現れていないことが問題だと思います。最初は公共機関でもよいから、そういうことのできる立場にいる人にそういう仕事をやって選択の機会を増やしてほしいものです。中国のように10万人の農薬中毒患者が出てからでは遅いと思います。
 なお有機の問題点としては、野菜や果物に限られていること、その情報の信憑性が本当に信頼できるものかまだわからない、農薬を一切使わないということが本当に効率的であると言えるのかよくわからない、ある程度使ってきちんとした情報提供をして、消費者の選択にまかせたほうが効率的かもしれない、などがあげられると思います。
70 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/06/23(Sun) 13:52

中国から日本に輸出される野菜は、国内市場に出荷されることはなく、
完全に輸出向けとして生産されるので、平気で農薬をたくさん使われ
ちゃうんだよね。

まあ国内産地でも、ファストフード向けに特化したところほど、納期
・数量・外見にこだわらざるを得ないため、農薬使いまくるんだけど。

安全性に気を使うのなら、地場市場で流通しているものを地場系のス
ーパーで買うとか、生協その他の共同購入を使うとかするのが良い。

食い物にもっと金をかける消費者がもっと増えて欲しいんだけど、そ
んな消費者は少数にとどまっており、食品業界全体としてはデフレの
波に全く抗することができず、モチベーションとモラルが下がってい
るのが現状。まあ老いも若きも揃って刹那的な生き方をしている国だ
からな。この国は。
71 名前:13 投稿日:2002/06/24(Mon) 23:50

>>60
それはよくしらんのですよ。
>>61
それは僕の言っていることと何の関係もないのでは・・・?
72 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/07(Sun) 14:30

二酸化炭素を地中に固定化する研究も進んでいるらしい。

http://www.meti.go.jp/policy/innovation_policy/powerpoint/hpcontents(kaihatsuka)/seikashu/74tichuuchoryuu.pdf
73 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/07(Sun) 17:55

>>71

http://www.nikkei.co.jp/pub/science/page_2/magazine/0010/lake.html

1986年8月21日,アフリカのカメルーンにあるニオス湖から,高濃度の二酸化炭素ガスが噴出し,1700人が死亡した。ニオス湖の南東95kmにあるマヌーン湖もその2年前に同じ事故で37人の犠牲者が出た。2つの湖は,底層部の二酸化ガスがとけ込んだ水と上層部の淡水がわかれたままで混ざり合わない特殊な構造をしている。事故から14年経った今,再び底層部の二酸化炭素ガスの濃度は,高くなっている。災害防止のため,日本や欧米の科学者たちは, 2つの湖から二酸化炭素ガスを抜くプロジェクトを開始した。
74 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/07(Sun) 18:13

ところで日本近海の大陸棚(東海沖あたり)に、日本の天然ガス需要約百年分の
メタンハイドレートが存在するらしい、という話が最近持ち上がってきてるよう
ですが、どうなんでしょう?気の早い評論家などは「日本が天然ガス輸出国になる!」
と煽り立ててますけど、採掘コスト、環境への影響など不透明なままです。
75 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/07(Sun) 18:23

http://www.meti.go.jp/topic/downloadfiles/e20205bj.pdf

固体を海底から取り出すのは、とてもコストがかかるでしょうね。
どうやるのかな?
76 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/07(Sun) 19:38

>>74
現在低コストで取り出す手段が求められてます。
利用できるのは、何十年も先の話でしょう。
77 名前:プロボーラ− 投稿日:2002/07/08(Mon) 16:09

天然ガスを輸出するようになったらトヨタやデンソーが日本から居なくなるだけじゃない(笑)。


( 役に立った! | 元スレ )
78 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/09(Tue) 01:11

>>77
経済板なんだから、オランダ病に言及しなさい。
79 名前:プロボーラ− 投稿日:2002/07/09(Tue) 04:55

>>78
オランダ病ねえ。>>78もちょっと年取ってる(笑)?
天然ガスは資源集約度が高く、労働需要の弾性値は他より小さいと想定すると、(弾力性次第ですが)まずは賃金下落圧力か失業圧力がかかる可能性が大きいでしょう。その後、非貿易財としてのサービス業が拡大するでしょう。(e.g. インドネシアの石油@70年代、オランダやイギリスの北海油田.造語したのはロンドン・エコノミストだったと思うが。)
こんなんでいいかな?
80 名前:71 投稿日:2002/07/09(Tue) 18:40

水と油が混ざらないのと同様に、
CO2(液)と水はほとんど混ざらない。
地震とかあれば別だけど、
沈めたらそう簡単に浮いてこないと思うよ。
海なら大体平均3000mの深さがあるんだし。
(前も書いたが、50メートル強沈めると液化)
>二酸化ガスがとけ込んだ水
記者が間違えたのか、事実なのかはよくわからないけど、
CO2を「溶かす」のではなくて、
圧力で「液化」するの。
だからこの事例には当てはまらないと思うよ。
81 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/09(Tue) 23:05

>二酸化ガスがとけ込んだ水

なんだ、炭酸水じゃんか。
82 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/10(Wed) 07:28

小学校で酸素は水に溶けないけど、二酸化炭素は水に溶ける
だかあ酸素は水中置換、二酸化炭素は下方置換で集めると教わるんだが・・・
83 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/10(Wed) 19:41

飽和って言葉しっとるか?
84 名前:82 投稿日:2002/07/10(Wed) 22:48

>>83 私が言いたいのは結局どっちでも水上置換で集めるという事実を小学生に教えておくべきということだ
85 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/10(Wed) 23:45

経済板唯一の理科のスレ!
86 名前:80 投稿日:2002/07/11(Thu) 00:30

>>84
CO2は普通は水上置換。
たまーに下方置換。
でもこの話と何の関係もないですね。

と思ったが、
もしかして勘違いをしている人がいるかもしれないので、
一応書いておくと、CO2を「水に溶かす」と「液化する」のは全然違うからね。
だから>>73の例は何の参考にもならないわけ。
87 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/11(Thu) 05:09

>>80
液化した場合>>73のようなことが絶対起きない根拠を述べなさい。
そうしないでそんなこというのは言論弾圧なんだよ。





お問い合わせ