いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済の世間知・専門知・ミーイズム

141 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/05(Wed) 01:21

>>140

ツマラナイレスだから怒鳴ってるだけさ(w 面白ければ、どんなに態度悪くても、気に入らな
い物言いでもチャンと聞いてるよ。意見に賛成でも反対でも一向にかまわんのだよ。面白ければ。>>138のどこが面白い?ぜんぜんつまんないだろう?要するに「銅鑼衣紋、お前が嫌いだ、
引っ込め」と書いてある方が余程気が利いてるのに、分かりもしないマクロ経済学をネタにして
叫んでるのが痛いだけさ(w
142 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/05(Wed) 01:24

銅鑼衣紋、お前が嫌いだ、引っ込め
143 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/05(Wed) 01:30

やーだよ。
144 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/05(Wed) 05:01

かわってないのは、爺の方だと思う。
145 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/05(Wed) 05:16

>>139
>>138は、となりのスレで、ザ・モデルの話をしていた私とは別人だからね。
146 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/05(Wed) 09:12

>>145

わかってますよ。>>141で書いた「気に入らないけど、面白い」のがあなただから(w
147 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/05(Wed) 19:51

>132
訂正・追加
冒頭の「はしがき」において、「ここであらかじめ申し上げたいのは、本書は、政策提言を意図したものではまったくないということである。」p.iv
「エピローグではいくつかの具体的な政策手続きに言及しているが、それとても、ひとつの事例を述べているにすぎない。経済学の学術的営為が経済政策にに貢献できるとすれば、具体的な政策手続きを作成することではなく、そうした手続きの作成にあたって必要となってくる原理、原則を明らかにしていくことであろう」p.iv

さて、これら本末転倒の引用を読んでどう思われますか?
148 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 00:41

>>147
これ自体が本末転倒というのはわからんが?
この本それ自体は見てないんだけど、
多分経済セミナーに連載してたやつだよね?
だとすればだが、そんなにわからんわからん連発するようなものだったかな?
「意味不明で理解不能」なのか「理解可能だがしたくない」のかどっちなのか、
できれば具体的テーマとともに語ってくれ。
149 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/06(Thu) 02:25

>>148

昔、ルーカスとサージェントが書いたケインズ派マクロ計量モデルを批判した論文に出てたと思
うんだけど「マクロ経済の先行きなんか経済学者にも分からない。分かっていると称している奴
はイカサマ師の類だ。現実の政策に関して語るとき、経済学者も所詮は一人の市民に過ぎない」
というような主張があるよねぇ。齋藤さんの言いたいのも、その類なのかな?経セミで連載読ん
だけど、俺の頭が悪いせいだと思うが、全然何が言いたいか分からなかった。君は分かったみた
いだから、一番重要だと思うメッセージを簡単に解説してくれないかな。
150 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 02:40

>>149
「異時点間最適化問題を解け」といってるように聞こえただけだが・・・
151 名前:プロボーラー 投稿日:2002/06/06(Thu) 03:28

しばらく不在のうちに、内容がドンドン変化してる。
今のテーマは斎藤@経セミのことで宜しいの?


( 役に立った! | 元スレ )
152 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 03:40

ちゃうちゃう、ザ・モデルです。
153 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 03:42

ごめん、こっちは斎藤誠『先を見よ、今を生きよ』だった(藁。
154 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/06(Thu) 11:16

>>150

それが、本のタイトルだよね。もしかすると、動学的最適化を使わないで一見明快な結論を得て
いる政策論議を俎上にあげて、動学的最適化ないし均衡のフレームワークで再吟味すると、実は
「明快な結論」がたちまち破綻したり、曖昧な命題に変わっちゃうということが言いたいのかな。
例えば、齋藤さんが示唆しているとは言わないが、反対派の主張する「インフレ政策をゼロ金利
制約 and/or 流動性の罠状況で行うと、デフレ脱出は極めて困難だし、脱出すればハイパーイ
ンフレが待っているだけだ」という説だって、動学的最適化/均衡モデルのフレームではあり得
ない話ではないと言いたいとか言う意味なのかな?

だとすると、>>149で書いたように「経済学者も良く分かっていないのだから、素人の変な議論
をトンデモ扱いするのは良くない。本当に頭のいい経済学者は、そういう可能性を常に理解して
いる。2流の経済学者・エコノミストと素人は同じ」という命題なのかな?そう考えると、齋藤
さんの主張がどっちか分からないとか、共同研究者だった渡辺努氏の意見も「インフレ目標は、
オーバーシュートしないと効果ない」と言うかと思うと「生産性格差デフレ理論」を主張したり
するのも、「明快な結論を得られると思うこと自体が頭の悪い証拠だ。チャンと物を考えること
ができるなら、このように猫は黒いと同時に白いのだ」ということなのかな?
155 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 12:10

>>154
この文章について149的にいうと、
俺の頭が悪いせいだと思うが、全然何が言いたいか分からなかった。
君は分かっているはずだから、一番重要だと思うメッセージを簡単に解説してくれないかな。
となるだろうが、
それは生産性が低そうなので
斎藤本の具体的テーマで話すことにしたらいかがですか?
156 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 12:42

わしは、連載にせよ、ふだんの政策提言にしろ、あれがエライ人じゃなく無名で行われたなら非難轟々だったと思うんだが。

主旋律はすでに>154で解説されてるから、「斎藤本の具体的テーマ」に入る必要は無いと思われるが、どうじゃろか。
157 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 13:05

>わしは、連載にせよ、ふだんの政策提言にしろ、あれがエライ人じゃなく無名で行われたなら非難轟々だったと思うんだが。
無名で行われたなら非難轟々だったであろうマクロ経済学がヘンじゃないのか?
158 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/06/06(Thu) 13:38

157はただマクロ批判したいだけで斉藤本も読んでなさそうなので論外として、僕は154、156の意見に賛成する。斉藤本を読む時間と、理解に苦しむ時間があるのなら、ローマーの本やブランチャードなどの本で自分の頭で日本の経済問題を考えたほうがよっぽどいいだろう。斉藤本の核心は、自分でも自信のないことを、その悩み?とともに哲学風味(経済学批判風味)で語るところだろう。しかも政策論議に耐える根性もないのに(本人はそれを同書中で明言)、他方でレトリック(=政策論争の武器)の重要性をといて「ブラックホール」がどうしたこうしたととくその人間的な脆弱性(中途半端なところ。いったい政策にコミットしたいのかしたくないのかわからん!)まで露骨に表明しているところも、賛否はともかく大いに読者を戸惑わせる。
さらに名目利子利率を重視するスタンスが底辺にあり、そのため加藤出の本のような短期金融市場の窮状だけをことさらに擁護して、経済全体の「最適性」が事実上ふっとんでいることでも、「最適性、最適性」といいながら、それが特定の集団の「最適性」の擁護でしかないことを見ようとはしないし、ひょっとしたら確信犯的に隠蔽しているとしか考えられない。渡辺もそう。難解で最先端そうな理論の装いの中で、実はごく局所的な集団の「最適性」だけを擁護する理論展開に終始している。その事実上の現実関与が陰伏しているので、このご両人の論説は、欧米のニューケインジアンの論説にくらべるとすくいがたいほどわかりにくくなっている。
159 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 15:10

「最適性」って意味が違ってると思うが・・・
160 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/06/06(Thu) 15:45

>>159

ああ、そうだよ。それがいいたいんだよ。社会的厚生関数を想定して議論しているかのようでいて、そのまともそうな理論の裏側に、明示化されていないある集団(名目利子率だけを指標に行動する連中…日銀、短資会社などいわゆる「実務家」と称する連中)の「最適性」しか考慮していないという、理論と価値判断?のずれが、斉藤本のゆがみ(理解しがたいところ)を生み出しているといいたいだよ。
だからむしろ明示的に、特定の利益集団の効用(利得)を明示した上での政治経済学的なアプローチなら、僕はそんな「理想的斉藤理論」に納得するよ。もちろんこのときの「理想」はたんに陰伏している価値判断が明瞭化したという意味で好ましいという意味でしかないけどね。そしてもちろんそんな特定の利益集団の利得を過大に評価して、一国の厚生を悪化するような政策(名目利子率で政策を判断するなど)を支持したり、または一国の厚生を改善する政策に消極的か否定的な判断を下すことには納得がいかない。
161 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/06(Thu) 15:49

というか、そうとしか読み取ろうとしない読解力に問題ありと思われる。





お問い合わせ