いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


公定歩合の引き下げ

17 名前:へなへな 投稿日:2001/02/17(Sat) 00:02

結局、量的緩和ですかね?
18 名前:ぼけ老人 投稿日:2001/02/25(Sun) 02:59

>関係者各位
H新局長の評判はどうですな?
噂では日銀内で独立政権樹立だとか(苦笑)。
19 名前:新世紀名無しさん 投稿日:2001/02/25(Sun) 05:49

学術論文じゃないけれど、
H新局長は中央公論の3月号に日銀の金融政策について、いろいろ書いてた。
20 名前:へらへら 投稿日:2001/02/26(Mon) 19:52

すみません、教えてください。
今の日本経済って、流動性の罠という状態に
陥っているというのは正しい見方でしょうか?
もともと曖昧な概念ですので一概にはいえないんでしょうが・・
21 名前:通りすがりのしろうと 投稿日:2001/02/26(Mon) 20:04

> 今の日本経済って、流動性の罠という状態に
クルーグマンの紹介者であるところの山形浩生氏が
かつて「消費税引き上げ」を宣言すれば、
そのトラップから抜けられるのでは、てなことをのたまっておりました。
http://www.hotwired.co.jp/altbiz/yamagata/981020/

この板の諸賢は、その説をどうジャッジしますか?
専門でもないヤツの半端な思いつき?
それともそれなりに妥当性のある話?

#もし話の流れを阻害しているようでしたら、黙殺してくださいな。
22 名前:ドラエモン 投稿日:2001/02/26(Mon) 22:12

あるエコノミストが言ってましたが、一回ゼロに下げて逐次引き上げるのが更に効果的でしょう。
終わり無き駆け込み需要(苦笑)だけど、余計なコストも馬鹿にはならないよね。
23 名前:ドラエモン 投稿日:2001/02/26(Mon) 22:21

>>22は>>21へのコメント。

>へらへら(紛らわしい名前だ)@20
昔のケインズ経済学の「病理的ケース」である流動性トラップ+投資の利子非弾力ケースの両方
をまとめて、今では「流動性の罠」と呼んでるようですね。さらに、消費の動学理論に立脚すれ
ば消費性向もある条件下では低下してしまう。これも混みで、流動性トラップなんでしょう。
要するに、通常の金融政策が機能不全に陥る(現在の先進国経済では短期の有効需要政策=金融
政策だから、マクロ経済政策一般の機能不全とほとんど同じ)場合を、流動性トラップと呼んで
居ると言っても良い。

さて日本ですが、ゼロ金利+設備投資不振+消費性向低下ですから、まさに上に上げた条件を全
部満たしていることになる(w

結論:現代風の用語法に従えば、クルッグマンの命名自体は極めて適切だった。
24 名前:ドラエモン 投稿日:2001/02/26(Mon) 22:49

訂正@23

短期金利を引き下げても長期金利が低下しないのが、オリジナルの「流動性トラップ」でした。
名目長期金利は下がってるので必ずしも、この古典的な定義には従っていない。しかし、デフレ
を考慮して実質期待長期金利を考えればやっぱり高いよね。
25 名前:通りすがりのしろうと 投稿日:2001/02/27(Tue) 18:53

なるほど。
話としては面白い、ていどのことなんですね。
ありがとうございました。
もちっと勉強してみよう。
26 名前:すりらんか 投稿日:2001/02/28(Wed) 16:34

また利下げですね.もういいじゃん0にしようよ(藁).
27 名前:ぼけ老人 投稿日:2001/02/28(Wed) 17:17

植田さんは恐るべき強運(?)ですな。


( 役に立った! | 元スレ )
28 名前:ドラエモン 投稿日:2001/03/01(Thu) 02:20

しかし、2・28の会見で、あの速水総裁が「普通でない手段も考慮する」と述べた・・・
遂に、史上最大のマネタリーポリシーの実験開始の日も、幻ではなくなるのだろうか。
29 名前:すりらんか 投稿日:2001/03/01(Thu) 02:33

>「普通でない手段も考慮する」
インフレ・ターゲットのことかなぁ?単に0金利復活を差している
ような気もせんではないですが.
30 名前:ドラエモン 投稿日:2001/03/02(Fri) 00:47

速報だけど、1月の鉱工業生産の前月比の落ち込みは凄かった。4%以上減ってますから、年率
換算したら、4割減になっちゃうスピードだ。やはり、アメリカのITセクターの急失速が、もろ
に日本の当該産業を直撃している。さすがに、これを見たら、いくらなんでもアノ速水翁といえ、
これ以上何もせんとはいえないし、かたくなな態度を続けるわけにもいかないんだろうと思う。

しっかし、すりらんか氏の表現どおり「嵐に向かって扉を開いた」気配がますます濃厚ですな。
蒙古破局道氏、見てますか?どうも、僕の大負けでケリが付きそうですな。スマソ。
31 名前:名無しさんのマーチ 投稿日:2001/03/02(Fri) 04:01

ロンバート型貸し出しに名前がつきました。詳しくは昨日の新聞を見てください。
「潰れそうな銀行も公定歩合で好きなだけ借りれる」ようにする
ための制度ではなくて、5日までは公定歩合で借りれるけど、5日を
超えて借りつづけようとすると5%の金利を払わなければいけないと
いうものだということになったと新聞に書いてありました
32 名前:蒙古破局道 投稿日:2001/03/03(Sat) 19:22

>蒙古破局道氏、見てますか?

レスが遅れてすいません。

>どうも、僕の大負けでケリが付きそうですな。スマソ

謝ることはないです。ただ、エコノミストの人には、地価や株価の動向
(歴史的な推移)をもっと重視した予測をして欲しいものです。そうす
れば、日銀のダム論といった、浮世離れした予測が出ることはないと思
います。
33 名前:ドラエモン 投稿日:2001/03/03(Sat) 20:40

いや、ご丁寧なお返事有り難うございます。

だけどね、ホントに去年の暮れまでは、消費性向も上昇しながら、総就業者数も増加してたんですよ。
もちろん、だからって日銀みたいに強気に転ずるのはナンセンスだと私自身に言い続けてはいたんで
すけど。

経済予測が難しいのはここでして、アメリカの急激な景気後退がなければという条件付きなんです
が、その条件自体も、まさに予測でして、それが外れれば、当然ながら本体の予測も外れる。

まあ、確かにあなたの言うとおり、株価の下落はなにか警告してはいたんでしょう。だけど、
金融屋のエコノミストの場合、株価の趨勢をファンダメンタルズで予測したい人に話すわけで、
逆のロジックというのは結構話しづらくはあるんです。しかも、アメリカの場合、ナスダック
以外の株価指標がほとんど調整してない。これに幻惑されたのは事実です。

ともかく、依然として道はとおいなぁ。(景気回復と私の仕事)
34 名前:@ 投稿日:2001/03/04(Sun) 03:43

アメリカどうしちゃったんでしょう。
やっぱ、あの好景気はバブルだったのかな?(少なくとも後半は)
テクニカルな株価予測は結果的に、こういうのを招くんでしょうか?(ナスダック)
何が原因なんでしょう。





お問い合わせ