いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


ポストケインジアンについて

705 名前:すりらんか 投稿日:2002/07/03(Wed) 13:31

>>77
この疑問に答える知識は僕にはないです.経済史か学説史かに詳しい人がいれば
僕も興味あるので教えてください.

第二章6節 セイの法則などへの言及
p19のミル,マーシャルからの引用
私にはこれは事後的な恒等式の話をしているようにしか読めないんですよね.潜
在的な生産能力水準というのを下回る形でしか生産活動が行われない,という状
況下ではその現実の生産活動を決める対象として需要の重要性があるといえるの
ではないか.この疑問を今日的な形で書くと不完全競争を源泉とするケインズの
基礎付けが必要だという方向に向かうかな,と.

しかし,ケインズの反論はより面白い!
「彼ら(古典派)は,現在の消費を差し控えようとする決意と将来の消費に備え
ようとする決意とを結びつける連鎖があると,誤って想定している.」
ここなんか17章に一番繋がる論点になるのではないか?
706 名前:すりらんか 投稿日:2002/07/03(Wed) 13:32

すれ間違いました.
707 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/03(Wed) 13:50

ネット初心者向けに解説すると、
705のようなもの=すれ違いの投稿を「誤爆」と言います
分かったかな?
708 名前:dell 投稿日:2002/07/03(Wed) 19:02

いや驚いた。ドラエモンさんが2chの「あの」議員板に登場するとは!
目の見間違いかと思わず目を擦ってしまいました。

>>696

>問題があるとかいう言い方なら逃げ場もあるだろうが、こう断言
しちゃあ爆撃は避けられんよな。

それが必ずしもそうとは言い切れないのが、2ch議員板の凄いところ。
景気が悪いのは汚職や天下りのせいだと思っている人が多いようです。
というより、そういう人の方が世の中では多数派かもしれない。(鬱)
709 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 08:21

ええっと、702は本人向けの嫌味であって、それ以上のものではありません。
(703のような馬鹿が出てくるとは意外や意外(本人臭いけど)
 703>彼はパッチワークは本当に適用できるか、理論の前提条件等が難しいので、
 703>現状に適したモデルを出せと主張していた
  この2行は、ザモデルにこそ当て嵌まる。挙証責任のあるのはどっち?
  ここのスレッドの過去ログすら読んでないのなら、出てくんな>>703
-----------------------------------------------
「ザモデルvs.パッチワーク」という対比は極論であって、一方だけ取り出して、
674や703のように使ってはいけない。現実はその中間にある。
(もちろんザモデル氏は能天気な極論で突っ走れると述べていたので、この対比で爆撃した)
よく考えればわかるように、
214>ある種の「制約」として、調べたい「仮定」と一緒に、ザ・モデルにほうり込む。
などというのも、やってることはpatchworkなのだ。
------------------------------------------------
704で、すりらんか氏が御自分の興味関心を重点に好意的な回顧をされているが、
「ザモデル」とは何かなんて結局は言っていない。
(RBCだとかDGEだとかほのめかしてはいるが意味不明。204を参照)

393>ところが、ザモデルでは、リフレ策は正当化されない。
393>しかし、それは、リフレ策が間違っているということではなくて、
393>「金融政策を論じるための適切なザモデルが存在しない」
393>という現代マクロ経済学の大問題にいきあたる。
という「ボクちゃん最先端にいるんだ」自慢話にすぎないと思われる。
(新古典派正統には**が無いなんて話は腐るほどある)

まあ、この騒動の顛末は、675の素朴な感想に尽きるでしょうなあ。
710 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:01

>>709
で、何が言いたいの?
711 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:12

>>709
私の主張の第一歩から理解していないようだが、パッチワークは「閉じていない」という点で、
致命的に欠陥がある。パッチが相互矛盾していも本人も気がつかない。
ザモデルを用いよというのは、閉じたモデルを用いよと言っているに過ぎないのだ。

前提条件の妥当性は、microeconometricsによるべき。
また、ザモデルと新古典派正統云々とは、なんの関係もない。

リフレ策を正当化できないのは、new islmを用いた場合。
他のザモデルを用いれば、正当化されるケースもある。
712 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:17

小林慶一郎氏の論文を紹介する書き込みに来た。
>>709にレスしたのはおまけ。
クルグマン・モデル(new islm)で財政の予算制約を明示的に考慮すると、
財政拡大を伴わない金融の量的緩和は、デフレを悪化させることが示されている。
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/02j005.pdf
713 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:23

私は小林氏のこの論文の帰結を全く信じない。
その理由は、new islmを信じないからであり、したがってクルグマンの主張も
同様に信じない。小林氏がどういうつもりでこの論文を書いたのか今のところ、
私は知らないが、new islmを用いても、一般にリフレ策を正当化するような結論に
なるとは限らないということを示したかったのだろうと推測する。

以前書いたようにnew islmには、有効需要の原理がないのだから、
FTPL的な帰結になってもなんら驚かない。
クルグマン・モデルでリフレ策は正当化されたと考えている者は、
小林氏の論文を読んでどう反論するのだろうか。
714 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:29

それよりnew islmでない他のザモデルを紹介してくれないか?
説明は不要+論文おせーてくれればいいだけだから。
715 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:31

クルグマンは、リフレ策という結論を最初から用意しておいて、
そのような介入主義的政策に嫌悪感を示すであろう人々が好んで用いるモデルを
敢えて使用することで、ある種の弁論に勝つテクニックをexploitしたに過ぎない。

私は結論として、リフレ策を完全に否定するものではないが、
そのプロセスとしてnew islmに頼ることは、包括的な政策パッケージを
策定するのに妨げ以外の何者でもないと思っている。
クルグマン式リフレ策のロジックは、ザモデルの扱いに慣れていない人々を
目晦まし的に、一足飛びに結論に連れてこようとしたクルグマンによる
迷惑な置き土産なのだ。


( 役に立った! | 元スレ )
716 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:34

まあ中味はおいおいということで、ザモデルの復活は喜ばしい。
717 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:35

>ザモデル氏

おお、まだ来てくれてるんだ。僕があなたを追い出そうとしてるとか言われてるけど、
違いますよね。一言言ってやってください(笑

で、その小林論文僕も読みました。でも、論文の趣旨は、あなたの推測とは大違いだと
思う。それを某所で彼が報告した際に、前振りで示した資料では、産業別GDPデフレータ
の上昇率と企業収益の増加率の相関グラフ(国際証券水野氏作成)を示し、デフレな方が
企業収益は増加するのだから、それを止めようとする金融政策はナンセンスだと強く示唆
していたからだ。(だが、そのグラフをよく見ると、デフレータ下がっている産業は製造
業であり、あがっている産業は非製造業だというのが明らかだった。賃金コストのシェア
の相違からくる価格変化と企業収益の関係のずれを無視して、極めて作為的な回帰分析が
なされていた)
718 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:36

>>714
リクエストが意味をなさない。
それは、「アメリカにおけるmacroeconomicsを挙げてくれ」と言っているに等しい。
意味をなさないし、答えようもない。

ルーカス・ツリーモデルから、Kiyotaki/Mooreまで全てザモデル。
逆に言えば、new islmやKiyotaki/mooreから、いくつかの仮定を外したり、
変更したりすれば、RBCにもラムゼイにもなる。
そういう体系がザモデルなのだ。
だからこそ、ザモデルを学ぶことイコール、マクロを学ぶことだと言っている。
719 名前:ザモデル 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:39

>>717
ということは、小林氏は本気で自分の論文を信じていると?
それは、かなり頭が痛い。
ますます、私は擁護する気になれない。

それもこれも、new islmで金融政策を論じようとするからなのだ。
そんなことは無意味だということは、既に、Benhib/Uribe/Schmit-Groheによって、
証明されているのに。
720 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:46

>>719

さあ、信じているかどうかは知らないけど。少なくとも、リフレ政策がナンセンスだと
主張したいことだけは間違いないようですな。でも、ここで僕を爆撃してる反リフレ派
の面々は、なーんとあなたの主張を論拠にしてまっせ(笑
721 名前:714 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:47

>>718
言葉が足りなかったようだ。

711の
>リフレ策を正当化できないのは、new islmを用いた場合。
>他のザモデルを用いれば、正当化されるケースもある。
というのに対してなんで、ルーカス〜清滝=モー(ア) が聞きたいわけではなくて、
リフレ策を正当化できる他のザモデルを聞きたかったんだが・・・
722 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 12:48

>>720
でもあなたの擁護するリフレ派の面々は、
Krugmanを論拠にしてまっせ(笑
723 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/04(Thu) 13:13

>>722

クルッグマンには、提示しているモデルの二種類あって、ザモデル氏が前に指摘していた
し、僕自身も指摘したことだが、理論的コンシステンシーにうるさい向きにはbaaackの
二期間新ケインズ派モデル、まともな(笑)議論は予想インフレ率で拡張したISLM
モデルだよ。

そして「実用的見地からは、オールでケインジアンモデルでなにが悪い」と僕が開き直っ
ているのは、2、3年前に二篇の掲示板に登場して以来、一貫した僕の主張なんですけど。

だから、クルッグマンのISLMがらみの話で僕を擁護してくれるなら、歓迎(藁
724 名前:名無しさん 投稿日:2002/07/04(Thu) 14:38

>>723
なんか、今日のドラエモン
開き直りっぱなしのような
725 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/04(Thu) 15:04

>>724

だって、>>682で

>つーか、学者ではないのだから、ナイーブな学問的良心を捨てて、
>なぜトンデモ達の王を目指さない?ということが言いたいのではな
>かろうかと。そのほうが儲かるだろうと。どっちつかずで中途半端
>じゃないのかと。

というお言葉を頂いたので、このさい開き直るかと(笑





お問い合わせ