いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済板ロビーVol.27

40 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/08(Tue) 23:32

>>39

だからぁ、相手国は自分の都合でいくらでも金融緩和も引き締めもできるって言うの。
日本が緩和しても、相手国が緩和しなきゃその国の株価などが上昇する理由はない。
41 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/08(Tue) 23:39

>>40
だからぁ、日本のデフレも問題だけど、グローバルな過剰流動性も、どこかの国の
過剰な金融緩和が原因で発生しうるわけだから、その辺を依怙地に無視し続けるのも
いかがなものか。
42 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/08(Tue) 23:45

百歩譲ったにしても、グローバルな過剰流動性が無い時代の通貨危機の方が悲惨。
43 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/08(Tue) 23:52

バブルが問題なんじゃなくて、バブルを崩壊させる事が問題ってのは、
もう世界では常識なんじゃね?
44 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/08(Tue) 23:57

グリンスパン批判はバブルが問題と言ってるんだろう。
45 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:04

>どこかの国の過剰な金融緩和が原因で発生しうるわけだから

なぜ? 自分の国の金融引き締めが必要ならやればいいだけ。いくら引き締めても
なぜか勝手に緩和するわけ?
46 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:06

だから、金融緩和を過剰にやったらやはり弊害が出て、自分に跳ね返ってくるわけ
だから、両面を考えることは必要だね。今はとりあえず窮地を脱しなければいけ
ないけど、何か今中国が危なっかしい気がするんだよなあ。
47 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:13

>>44

>グリンスパン批判はバブルが問題

そんな解釈だれがしてんの?
48 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:21

テイラー、イングランド銀行のマービン・キング総裁、サンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁等
49 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:27

>>46

>金融緩和を過剰にやったらやはり弊害が出て、自分に跳ね返ってくるわけ

何言ってるの?日本の「過剰な金融緩和」が余所の国に影響するんじゃないの?
日本自体の話なわけ?余所の国の緩和の悪影響なら、変動相場制の下であれば
金融政策は独立してるのだから遮断はできるよ。中国が景気が過熱しているなら
引き締めれば良いだけでしょう?それで元高になるのが嫌なら仕方ない。緩和を
選択しているだけなんだから。
50 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:35

バブルっていうか、アメリカの住宅投資、住宅地価の過度の上昇やらサブプライム問題は
金融緩和といより制度改悪によるところが大きいわなぁ。サブプライム住宅ローンで頭金
(ダウンペイメント)ゼロを許可したり、ファニーメイやフレディマックを暗黙の政府保証
付き民間企業にしたり、投資銀行の自己資本規制を解除してヘッジファンドに化けさせた
のが危機をこれほど拡大した原因である可能性は十二分の高いわけで。


( 役に立った! | 元スレ )
51 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 00:57

>>50
そんなアメリカだけのローカルな理由だけでなぜ欧米各国同時に危機が起こったのかね?
52 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 01:00

そりゃお金も物も世界中で繋がってるからだろう。
53 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 01:15

>>51

危機の理由はグリンスパンのバブルって誰の解釈?
54 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 01:21

でもサブプライムローンの仕組みができた発端自体は政治(連邦政府ではなく市とかの単位だけど)圧力による面が強かったから、
鼻メガネのおじいさんや金融機関を責めるのも酷ではある。もちろん金融機関は途中からさらに調子に乗ったし、
それにグリーンスパンも対応しなかったのは事実だけど。
でもスラム層への貸し出し量目標を圧力掛けられたらサブプライムみたいなスキームになってしまうのも当然。
55 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 01:40

住宅バブルは世界各国別個に同時期に起こって同時期に破壊した。

住宅バブルはアメリカよりむしろヨーロッパのほうが大きく
アメリカより上昇率が大きな国は
アイルランド、英、スペイン、仏、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、豪、NZ、フィンランド
である。
アメリカが震源地ならアメリカが最も上昇率が大きいはずだ。
お金も物も世界中で繋がってるならどうして日本アジア中南米で起きなかったのかな。
56 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 01:51

>>53
だから

テイラー、イングランド銀行のマービン・キング総裁、サンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁等
57 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 02:34

>>56

グリンスパンの任期中に何度もバブルは起きている訳だが、
今回だけことさらに問題にする理由は何?
58 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 02:56

>>49
やりすぎると影響するだろうね。少なくとも円キャリーだって、サブプライム問題の引金の一因にはなったろうし。過剰流動性と、グローバルな資金の流れのバランスの悪さ
の問題は、いろいろな問題を引き起こすだろう。結局、最後に自分の身にふりかかる
わけだし。仕方がないんなら、仕方がないんじゃない。厨銀はデフレを選択しているんだからね。
59 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 03:38

自分の国がデフレで困ってるのに
他国にバブルの火種が飛んでいくこと恐れて思い切った緩和政策採れないとか
すげえ思いやりのある中央銀行だな
なんつーか、周りが残業してるから自分だけ定時で帰るのが申し訳なくて
仕事してるふりしてるサラリーマンみたいな
60 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/09(Wed) 04:44

日銀は過剰な金融緩和をしつつデフレを選択してるのか





お問い合わせ