いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


竹中平蔵はリフレ派か?

263 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 14:32

>>261
それともこの人、骨の髄まで政治家になっちゃったのかな。
そうとしか思えないよ、こういう発言。
何の意図があってあんなでたらめばっかり並べるんだろ。
264 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 14:52

それほどデタラメってことは無いと思うけど。
265 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 16:32

誰か近くにいる奴が「需要面も供給面も両方やりましょうよ」って言ってやれよ
266 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 18:36

しかしどうしてマスコミってサプライサイドバカが多いんだろ。
こういう場合絶対に竹中支持だよな。自分たちは既得権に守られてる
くせに何言ってんだよ。
267 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 19:22

マスコミがサプライサイドバカなのは不思議ですね。デマンドサイドだけで自分らのパイが決まるだろうに。
268 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 19:33

>>267
ただたんに経済学を知らないだけ?
269 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 19:44

とにかく竹中小泉改革の世間的イメージはバリバリのサプライサイド。
で、小泉政権後期に景気が少し良くなったのをサプライサイド政策の成果と
支持者は思うわな。本人もそう言い張る。いくらリフレ派が本当は為替介入
だ金融緩和のせいだと言ったところで馬の耳に念仏。そこが問題の核心だと思う。
270 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 20:09

>261
魅力ある商品が適正な価格では存在しない。ゆえに需要不足が起こる。
これを解決するには、魅力ある商品を生み出せる、より安い価格で供給できる
よう、供給側を改革する必要がある。それが構造改革。

と考えているなら、論理的な破綻はないと思う。まあ前提が間違っていると
思うが。
しかし世間知にはすごく適合する。特にマスコミ関係なんて「売れないのは
面白くないから。面白ければ食費を削っても読んで(見て)くれる」と
考える世界だから(笑)
271 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 20:16

もうマジで世間知すっこんでろと言いたくなってきた。w
世間をだましだましまともな経済政策へ誘導する方法ってないもんだろうか。
272 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/16(Wed) 21:10

前回の景気拡大のきっかけは、2003年5月のりそなグループに対する2兆円の公的資金注入。
しかし、それ以前に日本企業はリストラクチャリングを進めていて、反転の条件を備えていた。
それを後押ししたのが外為市場への介入+金融緩和っていったところか。

りそなは厳密に資産査定を行っていたら、債務超過⇒破綻ってみなされていたかもしれない。
それが資産超過と判定されて、資本不足の特別支援銀行にとどまった。
この時点で構造改革派はマけているのでは。
273 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/17(Thu) 01:26

>>264

御意。みんなピント狂っているぞ(w)経済成長は基本的にサプライサイドの
話。景気循環は(つまり潜在GDPに対する現実GDPの話は)需要サイドの話。
だから、竹中氏は正しく、菅さんが間違っているというのが普通の経済学の話。

もちろん、アンチリフレな発言が目立つ吉川先生は、経済成長を需要サイドの
問題と述べる数少ない経済学者。


( 役に立った! | 元スレ )
274 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 02:18

>>272-273
鳩山政権の事業仕分けって、小泉政権の不良債権処理に似てないか?
鳩山政権の事業仕分けを終えて、リフレ実行となればいいんだが。
275 名前:JFM 投稿日:2009/12/17(Thu) 03:07

小泉も小沢・鳩山も見えない敵と戦ってるから
仕分けしても景気が刺激されないなら更なる仕分けに突き進むのでは。
276 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 03:30

>>273
吉川にしろ伊藤元重にしろ政府と密にかかわったら変になるのか?
伊藤元重はリフレ派から急に増税派のアンチリフレに豹変しててびっくり。
277 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 06:38

>>273
うーん、わかったようなわからないような・・・。
というかそもそも経済成長って何だろう。
無から有を生み出すような話なの?
物理学で言うと熱力学第一法則に反するような気もするんだけど。
ここんところがどうもよくわからない。
278 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 07:04

長期的な視点で経済成長を考えれば経済成長とは生産能力の増大でしょ。
そして、この生産能力の増大にとって重要な役割を果たすのが知識や技術の
水準の向上(TFPの向上)。

ただ、今の日本は短期的な視点での経済成長(デフレギャップの解消)を
達成することに集中しないと的外れだと思うけどね。
不景気で投資不足の状況が続き教育にもあまり金をかけられないなんて言って
たら知識や技術の水準だって上がらなくなる。
279 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/17(Thu) 09:03

だから、経済成長≠デフレギャップの解消=景気回復だってば。
もちろん、現状の日本ではたまたま一致する可能性はあるけど。
280 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 09:11

>ドラエモン
GDPギャップを埋めた際に
経済が拡大して見えるのは
経済学では経済成長とは言わないって事?
281 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 11:25

>>280

基本的な用語の定義としては、
生産(供給)能力の限界を長期的に増やしていくのが「成長」。
需要不足で生産能力が限界まで発揮されていないのを短期的に(循環的に)解決する
のが「景気対策」。人為的か自律的かはともかく、解決の過程が「景気回復」。

入門者への解説としては
http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/matsuo/03_2cont.html
とか。

「経済は、景気の好いときと悪いときを繰り返しながら、長い目でみて成長していきますが、好況は完全雇用の天井で頭が抑えられています。だから、経済は長い目で見て、天井の成長率以上に成長し続けることはできません。それゆえ天井の成長の話は、「長期」の話であると言うことができます。」
「実際の生産水準がどうなるかは、生産能力とは関係なく、人々が財やサービスをどれだけ買ってくれるかで決まるわけです。需要側の問題ということですね。「短期」の視点と言ってもいいでしょう。」

もちろん、需要不足が続くと、長期的な成長の足も引っ張るから、完全に2つの問題を
分離できるわけではないってのが、たぶんE田先生が
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20091110#p1
とかで強調してること。

「 リフレ寄りの人,批判的な人双方に共通してみられる問題点があると思います.それが「潜在成長率の向上」と「安定化政策」をまるで対立するものかのように論じがちなところです.昨日のエントリでもお話ししたように,安定化政策の成功は政治的にも,データの面で見ても潜在成長率向上に資するのです.そして,安定的な成長を遂げる経済,均衡実質利子率がある程度高い経済では安定化政策も容易になるでしょう.」
282 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 12:12

>>281
世間知対策としてはこういう話を紙芝居風にわかりやすく説明する能力こそ
求められるわけか。
283 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/17(Thu) 15:41

世間知とか馬鹿にした態度は止めておけ
世間様は馬鹿でもないしここで語られてる話はそんなに難しい話でもない





お問い合わせ