いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


おすすめ経済本調査 その2

431 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 14:27

私たちの財産の本質は、もとをたどれば古い産業構造を前提にして作られた資本設備である。
新しい産業構造に経済が変化すれば、古い資本設備は無価値になる。
つまり、私たち現世代の財産の相当部分が無価値になってしまうはずである。
その代わり、環境型の新しい産業が生まれ、そこから新しい富が生まれる。
その新しい富の所有者は次世代の人々である。
 インフレは別として、少なくとも現世代の財産が増税で減らされることは、その過大評価された富を本来的価値まで減価させる不可避なプロセスかもしれない。

12月11日 朝日新聞

知的エリートの考える事は難解で凡人には理解できない
432 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 14:34

増田悦佐によれば
金融効果の効果を信じる者はすべて中央銀行主義者、
反階級的な知的エリートであるそうです。
433 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 14:40

>>431
これ、小林慶一郎らしいね
2chソースだからホントかどうか知らんけど
434 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 14:44

http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kobayashi/14.html#top
たぶんここにいる連中が束になっても叶わない日本最高峰の経済学者だ
学部レベルの幼稚な経済学で彼を批判する馬鹿が多いが、議論したらチンチンにされるだろう
せいぜい銅鑼が揚げ足取りするくらいかな
435 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 14:53

揚げ足
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20091112/friedman_riviving_japan
436 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/12(Sat) 15:11

>>434

>日本最高峰の経済学者

ほう? そう思う人もいるのかもしれない。思わない人もいるでしょう(笑)

>学部レベルの幼稚な経済学

つまり、学部では「嘘」を教えているわけだね。日本の経済学部はなくした方が良いわけだ(笑)

>議論したらチンチンにされるだろう

二度ほど議論したことあるが、俺は別にちんちんにならなかったよw
437 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 17:00

二神さんあたりが見解述べてくれれば日本最高峰になるのだけどなぁ
438 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 17:19

>>434
池信乙。

>>431
これはイタタタタ…。「本来的価値」とかどこのマル経だよw
他にも産業とか構造とか資本とか… これで再生産と過剰がくれば完全に真っ赤っかだな、コバケイ
439 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/12(Sat) 17:39

確かにどんな資本設備にしろ、人的資本にしろ、経営資本にしろ、それが効率よく
機能するためには、それに相応する条件が必要であり、その条件が満たされないな
ら効率は低下し、資本は価値を失う。西側の相対価格体系に、東側の相対価格体系
の下では最も効率的であった東ドイツの経済システムを突っ込んだらたちまちスク
ラップの山と変じたことがそれを端的に示している。あるいは、単に科学的・技術
的にはアメリカに匹敵する(部分もあった)旧ソ連のシステムもゴミの山となりは
てたのも同様。だから、一般論としては小林さんの書いていることの前半はありう
る話。ただし、東ドイツやソ連ほど、日本の「旧体制」が「新世界」からかけはな
れた環境で形成されたものとは思えない。実際、ロシアの自動車には西側では誰も
乗らなかったけど、日本はそうじゃない(笑)

しかも、その「ずれてしまった相対価格体系」なるものの正体が、デフレ的金融
政策と、それに対応する過度の円高の結果だとするとすると、どうなるか?(w
440 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 18:50

>>439
デフレは深刻だ、解決すべき問題だという問題定義の前半は正しいけど、
方策が何とも具体性に欠いており、実践的でないという点では、ネットで
偉そうに経済学を騙っている何とか派みたいだなw
441 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/12(Sat) 19:03

>>440

具体的に、コアコアインフレ率2%になるまで、(1)長期国債毎月3兆円買いオペ、
(2)3ヶ月してもBEIが2%に達しないなら、それに加えてETFも3兆円毎月購入、
(3)また3ヶ月してもBEIが2%に達しないなら1ドル120円まで外国債を毎月
3兆円購入

くらい具体的でも駄目かね?なにか実践的ではない点がある?


( 役に立った! | 元スレ )
442 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/12(Sat) 20:40

日銀はロビー活動しすぎだろ・・・
443 名前:JFM 投稿日:2009/12/12(Sat) 21:47

>>425
>カウツキ先生が労組を論破した根拠が知りたいなあと思って.
>ブルジョワ議会体制を打ち倒すため,っていう政治的な理由?
>それともブルジョワ体制の維持を前提としたうえで,
>それが機能しない/労働者の利益につながらない,という理由だったのかな?

直接カウツキーに関する言動に触れたものは見つからなかったのですが、、、
『ドイツ経済思想史』の166〜167ページに興味深い記述あり。
金融資本論で知られるルドルフ・ヒルファーディングが大恐慌のときに
修正資本主義の立場は維持し、労働者階級による生産統制を訴えたが、
財政出動したらハイパーインフレが起こる恐れあり、と反対した。とのことです。
444 名前:JFM 投稿日:2009/12/12(Sat) 21:48

訂正、、、修正資本主義ではなくて修正社会主義でした。
445 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/12(Sat) 21:50

>>443

なんと、ハイパーインフレは由緒正しい「何もしない言い訳」ですなぁw
446 名前:JFM 投稿日:2009/12/12(Sat) 21:56

ヒルファーディングと独社民党幹部の回答は1931年。
たった8年前の出来事なので恐怖心はハンパなかったんでしょう。
レンテンマルク切替の責任者だったシャハトだけが冷静だった。

日本だってドッジ・ライン実施で翌年度にデフレに転換(!)させた実績があるんだし
恐れる必要なんかないと思うんですけどね。
447 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/13(Sun) 00:09

>>441
で、その3兆円の試算の根拠は?
やっぱり、どんぶり勘定ね。いい加減だねえw
448 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/13(Sun) 00:49

>>447

じゃあ、日銀のやってる金利上げ下げの根拠は? なんちゃって流動性供給
10兆円の根拠は?  やっぱり、どんぶり勘定ね。いい加減だねえw
449 名前:ドラエモン 投稿日:2009/12/13(Sun) 00:51

ちなみに3兆円は年間で過去の財政赤字目標30兆円を超すこと。
今は44兆円らしいから、4兆円にすべきだわな。
450 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/13(Sun) 00:56

>>447
需給ギャップが年間50兆円ぐらいだから、だいたい毎月3兆円ぐらいいるんじゃない?って推計でしょ。
3兆円って言ってた頃より需給ギャップ広がっちゃったから4兆円ぐらい必要かと。

だいたい道路作る際の交通量推計も、産業政策でのベンチャー支援も
エコポイントやらなんやら、全てどんぶり勘定ですよね。
いい加減だねえw

絶対にズレない国の政策の方が怖い。
451 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/14(Mon) 02:22

>>382-450の流れ
国富調査→統計学・統計学部→ロシア→ソ連とロシア系経済学者





お問い合わせ