いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


おすすめ経済本調査 その2

365 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/10/22(Thu) 17:37

2円で刑務所、5億で執行猶予 http://www.amazon.co.jp/dp/4334035302
●今問題なのは少年非行ではなく高齢者犯罪
●「昔はよかった」は大ウソ
●街灯を明るくすると犯罪が減る
●徴兵制や新兵訓練は非行を抑止しない
●犯罪の認知件数と刑務所人口には因果関係がない
●刑務所に入るかどうかは犯罪の重大性と関係ない
●裁判で真実は明らかにならない
366 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/10/28(Wed) 00:56

>>365
 なかなかファンキーなタイトルですな。シノドス芹沢との共著本も買いましたよ。
売れるといいね。
367 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 02:11

>ALL。特に稲葉先生、田中先生へ

悦ちゃんがまたやってくれました。

内向の世界帝国 日本の時代がやってくる: 増田 悦佐
http://www.amazon.co.jp/dp/4757122497

待望の金融政策=中央銀行主義(笑)批判は
p189〜215とp234〜237と「おわりに」にあります。

p189〜215
・需要を利上げで抑制することはできても、利下げで喚起することはできない
・乗数効果は知的エリートのデッチ上げ
p234〜237
・FRBの政策を誉める岩田規久男は因果を取り違えている。欧米崇拝の奴隷根性に染まる知的エリートの典型だ
・日銀理論はオーストリア学派的らしいが、己の存在理由を否定する日銀の態度は結果的に正しく、頼もしい
368 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 11:46

脱線FRB テイラー著
http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B1%E7%B7%9AFRB-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4822247775

テイラールールのテイラー教授の第一の主張は
FRBがテイラールールより緩すぎる金融政策をとったことが、
今回の金融危機の原因となったというものである。

教訓:リフレをしたらもっと悪くなりました。リフレ派を信用すべきでない。
369 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/29(Sun) 11:56

テイラールールが要求する利下げを渋った日本はデフレで長期不況に陥り、さらに金融危機も生じ、
たった4年の好景気の後に15年の不景気に苦しむ。日銀とそのエピゴーネンを信じた結果がこれw
370 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 12:15

90年代の日銀はテイラールール通りの金融政策をおこなった。

日銀が利下げを渋ったとリフレ派が主張しているテイラールールとは
後だしじゃんけんで作ったもの。
371 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 12:26

それかどうか分からないけど
テイラー論文がかなり怪しいってこの板のどっかのスレになかったっけ?
他の論文と係数だか変数をかなり変えて計算してるとか…
グリーンスパンをいじめたかったんじゃないかとw

あとその本の竹森先生の解説だけ読んだけど
テイラーを賞賛しながらも疑問点も挙げていたよ。
372 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/29(Sun) 12:34

>>370

宮尾先生が書いた論文は後出しだとw
373 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 13:39

日銀の金融政策がテイラールール通りとする論文に明確な反論ができない宮尾先生

http://www-econ3.kwansei.ac.jp/jsme/abstract/komaki.pdf
374 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/29(Sun) 14:51

だから、オリジナル通りに失業率ギャップ使えば良いのよ。時に大きく改訂されるGDPだの、
まして怪しい(特に資本ストックは檄怪な)潜在GDPだのそのギャップだの言うからおかしな
話になる。コアコアGDPと失業率使い、都合の良い変な解釈(完全雇用失業率が4%だの5%
だのという話)をしなけりゃ、普通にテイラールールにも劣後する政策しか行われなかったのは
明らか。というか、目標インフレ率がそもそもゼロであり、形式的にテイラールールに従って
いたとしても結局はだめだろうがw
375 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/29(Sun) 14:56

訂正

× コアコアGDP
○ コアコアCPI

追加

1)テイラー自身は、日本の90年代の金融政策を激烈に批判している。もちろん、緩和がtoo late too littleだってね。
これは本人から直接聞いたから間違いなしw

2)さらに、アハン達のペーパーに引用されている日本人(達)の分析でも低インフレ率では非線形に利下げ幅を大きく
すべき=テイラールールでは不足という結果があるわな。少なくともテイラールールにしたがってくれという話と、それが
十分かは別の話。

3)さらに決定的なのは、日銀は「ルールベーストポリシー」は絶対に採用しないと公言していること。すべては「総合判断」
であり、第三者・日銀外からの批判はお断りと明言していることw


( 役に立った! | 元スレ )
376 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 15:31

有効需要の原理に従ってれば良かったものを
377 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/29(Sun) 16:35

>>371
ぶっちゃけ、テーラールールなんて入手が容易なデータだけでチェックしてみる
ことが出来るんだから、やってみると面白いですよ。GDPが四半期なのが嫌なら、
失業率や鉱工業生産あたりを使えば月次でも出来ます。
378 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/29(Sun) 19:57

>>373

アンチ・リフレで日銀が正しいと主張しているわけだが、宮尾先生はいい加減な分析をしていると同時に主張しているわけだ。
リアルタイムと確定値の差異も理解してない、まさに(オペのぐちゃぐちゃとかじゃない本来の意味での)金融政策の実務に
無頓着だという批判だわね。で、その人をわざわざ推薦して審議員にする日銀の真意は?
379 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/30(Mon) 17:33

>>374-378
FRBは、オリジナルなテイラールールではなく、後出しで係数・変数を
変えて計算した修正テイラールールを使い、90年代の日銀がテイラー
ルールを逸脱した金融政策を行ったと結論づけ非難した。
http://www.federalreserve.gov/pubs/ifdp/2002/729/ifdp729.pdf
(55pのまんなかのグラフの赤の点線が修正テイラールール)

このFRBが2000年代に同じテイラールールで間違った金融政策を
行ったと非難されたのだから笑える。

オリジナルなテイラールールでも、GDPの速報値では日銀の
金融政策は逸脱となるが、確定値では適確となる。
(グラフの青の点線がGDP確定値を使ったテイラールール)

テイラーが日銀を批判したテイラールールは、オリジナルではなく
後だしによるものだったというからあきれる。
>日銀をいじめたかったんじゃないかとw

リフレ派は、FRBの後出しの修正テイラールールや、オリジナル
テイラールールでもGDPの速報値を使ったもので日銀を批判した。
しかし、GDPの確定値を使ったオリジナルテイラールールで的確と
判定されることがわかると苦し紛れに

>だから、オリジナル通りに失業率ギャップ使えば良いのよ。(>>374)

というコメントになる。
オリジナルなテイラールールには失業率ギャップなんか使われてないのだよ。
380 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/30(Mon) 20:52

手段の目的化・・・
381 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/30(Mon) 21:18

>>379

久しぶりに、僕より賢い人が登場でうれしい(笑)

>オリジナルなテイラールールには失業率ギャップなんか使われてないのだよ。

それは、御説の通りでした。読んだのが大昔で、忘れておった。確かに、GDPギャップを
使ってますな、93ねんかなんかの論文。ただ、なぜ失業率ギャップだと思い込んでいた
のかというと、

1)自分で使うようになった97、98年頃には、マーケットではコアCPIと失業率でFF
金利という月次バージョンがもっぱら使われていたこと。
2)Taylorのあのペーパーで潜在GDPは2.2%かなんかの指数曲線で外生で与えられて
いたので、オークン法則と同じなので、それこそリアルタイムでリヴァイスがあまりかから
ないから失業率でいいわなと思っていたこと。

が理由です。でも、オリジナルという言い方は間違っていたので訂正します。

だが、たとえリアルタイムデータに基づいたテイラールールに従っていたとしても、
事実としてデフレに陥ったことは変わらないし、その他の金融指標たとえばマネー
ストックにしろベースマネーにしろ、異常な低下を記録していたということは
金融政策が適切に運営されていなかったという状況証拠になるんではないの?

まして、日銀自身は、テイラールールのようなルールに従って金融政策を運営しない
と自ら宣言しているわけで、小巻さんの結果がその通りだとしても、それを自らの
政策の正しさの証拠にはできんとおもうけどね。
382 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/30(Mon) 21:23

とはいえ、GDP統計ことにQEがまったく信用できない可能性は大いにあるのは事実。
更に言えば、最後の国富調査以来30年以上もたっている資本ストック統計なんか、
まったく信用できない。つまり、生産関数アプローチに基づく推計を使ってリアル
タイムに政策運営するのは非常に危険だというのも同意。

その意味では、バイアスの小さい連鎖指数によるコアコアCPIがもっとも客観的で
安全なターゲットになると思うよう。で、のりしろとかバイアスを考慮すれば、
0−2%ではなく、少なくとも2%のインフレを目標とすべきという判断は変わらないが。
383 名前:ドラエモン 投稿日:2009/11/30(Mon) 21:55

で、小巻さんの論文を見てみたら、

>.90 年以降の景気後退局面は,当初の速報で93 年度は75 年度以来のマイナス成長
>とされたがその後プラス成長に改訂され,列島総不況といわれた97,98 年度の2年
>連続マイナス成長も上方修正され97年度はプラス成長に98 年度も小幅なマイナス成
>長となり,当時の数値が示すほどの深刻な景気後退期ではないことが確認できる.こ
>の結果,Final データによる政策評価では金融政策の失敗を強く支持できない状況と
>なっている.

とあるんだけど(http://www.eco.nihon-u.ac.jp/assets/files/0501komaki.pdf)
今のデータによると、93年度はやっぱりマイナス0.5%、97年度はちょうど
ゼロ、98年度はマイナス1.5%になっている。これで再推定したらまた結果は
変わっちゃうよね。
384 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/11/30(Mon) 23:47

国富調査は国勢調査と一緒にやってたよね。昭和45年が最後。
来年は国勢調査の年だから国富調査も再開してはどうだろう?ストック価格は気になる。
385 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/12/01(Tue) 12:03

>>384

賛成。国富調査みたいな基本的な調査に金をかけないというのは信じられない。
だから、潜在GDPとかも当てずっぽうといっては失礼だが生産関数なんかかなりの
部分を推測するしか無い。

貧困調査、CPIの精度向上、いずれにしても統計ってとてもコストパフォーマンスの
いい投資だと思うんだが。CPIの誤差が1%あったら、どれだけの損失になるか。





お問い合わせ