いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


★リフレ宣伝員★会議室★

698 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 17:19

上手に所得再分配がなされてないと
消費が刺激されず、高所得層や企業のカネ余りが起きて、投資は資産に偏るよね。
資産がバブると資産効果が起きて消費も刺激され、
雇用は安定し物価が安定したまま低所得層にも恩恵が行き渡るのだけど・・・
景気の後退による反動が大きい。
699 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 19:37

なによりも、バブル潰しで
金融引き締めろって
頭の悪い奴が沸いて来るのが困る
700 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 20:04

内外価格差が小さくなるまで円安にしないと、円高のままでは、企業は国内よりも割安な海外へ投資する。その結果、国内の資産市場が減少して、海外の資産市場が増加する。

内外価格差が小さくなるまで円安にして欲しい。
701 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 20:11

もう内外価格差は無くなってる。>>426参照。
702 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 20:22

金融緩和すりゃ、為替は必ず動きますから
内外価格差や為替は、心配無用です。
その辺は、金融政策の結果ですから。

いま問題は、金融緩和の効果が
土地や資源に集まりやすい事。

投資対象になるだけで、土地や資源がうまく利用されないケースが
発生するよね。
703 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 21:06

中国やばぃ da YO!
704 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 21:42

>>701、>>702 ありがとうございます。

いまは、デフレを止めることしか考えていません。
デフレを止めないと、政府が財政出動しても流動性の罠により国民所得は増加しない
と考えているからです。

国内企業が海外の資産市場へ投資行動を抑制するまで、円安に為替介入すること支持しています。
705 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 21:44

それは、リメリカの政治的罠で。ゎナょ。ワカ。 da YO!
706 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 21:54

>>704
流動性の罠は、財政出動が効かなくなるんじゃなくて
金利を下げる通常の金融政策が無効になる話ですよ。

介入って、非不胎化つまり金融政策と同時にやらないと
効果が無いって事も理解してる?
707 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 21:57

>>701-702
よく考えたら、信じられません。
内外価格差が無い根拠を説明していただけないでしょうか?
708 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:14

内外価格差が貿易財に発生するか、非貿易財に発生するかで話は変わる。

貿易財は本来なら一物一価で内外価格差は輸送費と独占度(排他的な輸入代理店など)で
決まる。もしこれが拡大するなら独禁政策が問題であり金融政策は無関係。

非貿易財の場合、本来内外価格差は定義しがたい(マンハッタン東50丁目あたりの寿司
屋と銀座の寿司屋の値段を比べるのもムズカシイけど、ソルトレイクシティーの韓国焼肉
兼寿司バーと立川の寿司屋で価格比較に意味あるか非常に疑問w)が、非貿易財は賃金が
支配的な価格決定要因だと思われるので、結局内外価格差は、名目為替レートで内外賃金
比率と同義。賃金は粘着的だから、円高になれば当然ながら内外価格差は開く。それを是
正するのに円安を使うか、賃下げを使うかという問題。まあ、なぜか賃下げを使うべきと
いう意見が日本では強い。これを日本人のドM体質と呼ぶw


( 役に立った! | 元スレ )
709 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:14

>>681
日本の景気回復に多大な貢献をした米国の金融緩和が
本国の住宅バブルに無関係だったってかwww
710 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:18

>>709

はぁ? 日本の金融緩和が原因でアメリカのバブルが起こったかどうかが問題なのだが?
だれもアメリカのバブルがなかったとか言ってないよ。それが日本製かどうかが問題なの。
711 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:33

>>708の詳しいバージョンは
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1430/991-1005
を参考に。
712 名前:あんぱんまん 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:37

日本の金融緩和が原因でアメリカのバブルが起こったというのは、どう考えても日本の影響を過大評価しすぎですね。 一説には我が国にデフレという甚大な被害を撒き散らした
とも言われている中国が原因というのならまだもっともらしいでしょうが(笑。
713 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 22:42

>>706
素人がまず想定する為替介入は非不胎化介入の方だろう。
というか、不胎化介入も金融政策を同時やるのではと思ってみたり・・・
714 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/29(Mon) 23:21

>>710
はぁ?
http://blog-imgs-21-origin.fc2.com/s/p/e/specialnotes/2468080519.jpg

きみのコメント>>681読み直せよ。
715 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/30(Tue) 00:16

ドラエモン >>708 ありがとう。
内外価格差を是正するのに賃金引き下げではなく、円安誘導を支持します。

>>706前半
MFモデルでは政策に主従関係があります。

変動相場制では、金融政策が主、財政政策は従
固定相場制では、金融政策が従、財政政策が主

また変動相場制では、流動性の罠により金融政策が無効になる。
MFモデルと流動性の罠により、財政出動は無効になります。


>>706後半 >>713

非不胎化介入は、為替介入の後で公開市場操作(日銀オペ)をせず、マネーサプライを増加させること。また不胎化介入は、為替介入の後で公開市場操作(日銀オペ)を使ってマネーサプライに対する影響を中立化させること。
716 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/30(Tue) 00:30

>>715
つまりは、内外価格差がなくなるぐらいの
金融緩和しろって事ですね、理解。
717 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/30(Tue) 02:52

リフレをするのに具体的にあと何が足りないんですか?
思い当たるところを箇条書きにして書き出します。

・ローマーの定理

・GDPギャップの推定

http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1441/35
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1441/47-50

・貨幣の廃止(RBC)

・RBCに基づくミクロ経済学の書き直し

・内外価格差がなくなるまで円安誘導

・国際金融のトリレンマのうち、自由な資本移動を禁止する。(流動性の罠)
→国内の経済安定と為替レートの安定を優先

・変動為替相場から固定為替相場への移行(流動性の罠)
718 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/30(Tue) 02:58

>>716
円安経路で景気対策するならそれだよね。最終的にはたいていの経路での
結論は拡張的金融政策に帰結するもしくは関係するのが日本の現実。
(財政政策・為替政策も金融政策に無関係ではいられない)





お問い合わせ