いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


経済板ロビーvol.7

232 名前:走る名無しさん 投稿日:2003/03/03(Mon) 00:18

過去ログの保存は誰か担当を決めてその人がどこかにアップするように
したらどうか。
各人が過去ログを取ろうとするとサーバに負荷がかかるから。
233 名前:2ちゃんの相場師 投稿日:2003/03/03(Mon) 01:39

おおついに復活した。
234 名前:走る名無しさん 投稿日:2003/03/03(Mon) 03:47

1月10日までのログしかないのね。
うちにあるホットゾヌ2のログを出そうか?
1月30日の分まであるけど。
235 名前:走る名無しさん 投稿日:2003/03/03(Mon) 05:11

>>234氏
おねがいします。
236 名前:走る名無しさん 投稿日:2003/03/03(Mon) 06:18

ホットゾヌ2のログからファイルの更新日時が今年のものを全てまとめて。
2.5M。
dat形式のままです。
http://www.geocities.com/two_laps/ichigolog.zip
237 名前:走る名無しさん 投稿日:2003/03/03(Mon) 06:30

福祉国家スレはファイルが壊れてしまっていたので、
壊れる前までしかログが取れてません。
それと、ホットゾヌの形式のままなので、
エディタで開いても読みにくいです。
238 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 08:17

では、ここに復帰を公式に宣言しましょう。現在メガビで行っている議論自体は、その
まま続行で、新しい話題はこちらに戻っておこなうということで如何でしょう?
239 名前:雅明の厨房で〜す 投稿日:2003/03/03(Mon) 08:48

ニュージーランドってデフレからインタゲで脱却したんですか?

でもデフレって物価下落が二年以上続かないとデフレじゃないんでしょ? 調べたらニュージーランドのデフレって1年ちょっとじゃないの?

日本みたいに頑固なデフレからの脱却の例ってあんの?
240 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 09:22

>>239

1)NZの例は、デフレが起こりそうなだけでも強力な金融緩和が必要だし、それが適切
なら、IMFの定義に当てはまるような「真正デフレ」に陥らないで済むことの事例。

2)2年以上継続するデフレは、日本を除く先進国では70年以上起こってはいない。それ
は世界大恐慌のデフレであり、もちろん金融政策で脱出できた。これに関する論争が、
ケインジアンとマネタリストの間で戦わされたが、80年代の国際学派とも言うべき人々
の研究結果で、通貨制度を含めた金融政策が原因であったことは今日では常識である。

3)だが、日本では資本主義の運命的な破綻論=帝国主義論と分かちがたく結びついた
マルクス経済学者が大恐慌研究を主導してきたため、今日でも大恐慌は世界大戦で終わっ
たという意見が支配的である。さらに、大恐慌の原因を作った井上準之助元日銀総裁を
擁護し、戦後のインフレを高橋財政の延長上の出来事と「定義」する日銀史観が流布して
おり、吉野俊彦や速水優などによって垂れ流されつづけている。
241 名前:雅明の厨房で〜す 投稿日:2003/03/03(Mon) 10:26

ふ――ん.私の持ってる本にはニュージーランドではインタゲでデフレ解消とか書いてるけど、
正確にはデフレではないわけね.指導の先生には定義をしっかりして論議しなさいといわれているので、この本はだめだね.
1年での物価下落でもデフレとはいえないわけなの?
242 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 10:32

もちろん物価が下がればデフレだが、「深刻なデフレ」をどう定義するかの問題に
すぎないだろう。たとえば、消費税の引き下げなんかあれば、1年限りの物価の前年比
低下は起こるわけだが、それをデフレとはいえないわけで、2年も続けば、どう弁解して
もデフレと認めざるを得なくなるというだけだ。実際、日本ではGDPデフレータベース
では95年から低下が始まっているが、97年には消費税でプラスに転じて、そのあと
98、99とマイナスの戻っても、まだ「よい物価下落であり、デフレではない」といっ
たキャンペーンが続いていた。IMFの定義で、こういした問答にはトドメがささった
といえる。

「ニュージーランドではインタゲでデフレが克服された」という言い方自体は別にミス
リードではないと思うが?


( 役に立った! | 元スレ )
243 名前:雅明の厨房で〜す 投稿日:2003/03/03(Mon) 10:47

私の理解力がないせいかしら? 現実のデフレとIMFが定めた「深刻なデフレ」があるというわけ? 定義なんでしょうがないのかもしれないけど、かなり恣意的な説明ね.

こういうわけかな.一年ぐらい物価下落が続けば、まともな中央銀行だったら「深刻なデフレ」だと断定して先取りして手をうつのはあたりまえで、「デフレを克服した」といっていい、みたいな?
242 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 11:04

>一年ぐらい物価下落が続けば、

普通、インフレターゲットにはプラスの下限があるから、マイナスになる前に政策が
発動されるでしょう。つまり「深刻なデフレ」以前に「危険な低インフレ」の段階
で政策発動があるということ。


( 役に立った! | 元スレ )
243 名前:ろしあんぶる 投稿日:2003/03/03(Mon) 11:44

今日の経済教室、伊藤元重先生の流動性の罠の解説です。
わかりやすい。

読んで思ったのは、現在の状況で金融政策が無効だと主張する人達は、実は一番厳密に
「教科書通り」の主張をしているのだなあ、と。

お隣の「やさしい経済教室」と合わせて読むと味わい深いですw。
246 名前:ろしあんぶる 投稿日:2003/03/03(Mon) 11:45

あ、「やさしい経済教室」じゃなくて「やさしい経済学」でした。
247 名前:雅明の厨房で〜す 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:04

でも「デフレ」のときのニュージーランドには下限はなかったんじゃないの?
249 名前:境 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:08

雅明君は面白いね!

教科書的定義では、デフレ=物価水準の継続的下落、でしょう?それ以上に、では継続的とは何か、というときに、通常はIMFの定義を持ち出す。どちらが恣意的な定義かといわれれば、IMFの定義のほう、というのが普通の理解でしょう。まあ、雅明君の読んだ本が、本書のデフレはIMFの定義に明確に従う、といっているなら問題だが。

それに、下限のないインタゲ、って聞いたことがない。ニュージーランドの場合、それは0%に設定されていた。
250 名前:境 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:20

おっと、申し訳ない。下限のないインタゲ、っていう言い方は誤解を呼びやすい言い方だったな。だいたい、1から3%のレンジで測るか、目標値を決めておいて少しの幅は許容する、というところだ。だから、最初の場合は、1という下限があるし、目標値を決めている場合は、それよりも下方の幅のところで、下限があるということだ。
250 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:20

>>247

当時の下限はゼロですな。それでも今のECBみたいな「上限のみ」ではないね。
つーか、ECBのは、本来のインフレ目標ではないというべきかも知れない。
251 名前:境 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:25

それで、「デフレ」経験後の今は、1%になったはずだが。
252 名前:銅鑼衣文 投稿日:2003/03/03(Mon) 13:47

>>251 そのとおり。





お問い合わせ