いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


★くだらない質問はここに書き込め★24問目

366 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 14:07

>>362
>恐ろしい帰結を導く。つまり、「条件次第ではアメリカにシニョリッジ
を上納するが、なにがなんでも日本には出さない」ということ

やっぱり、そうなりましたかw
できれば、「単純に為替リスク回避」だけが狙いだと信じたかったんですがね。

しかし、米国債買いは円安になりますから、結局は日本の景気対策に金を出すことになりますね。
というか、たとえ円建てでも米国債買いがOKなら積極的に米国債を買ってほしいくらいです。
もっと積極的に考えると、ODAの形で世界中に円をバラ撒くという政策もアリではないでしょうか?
367 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 14:12

中国やロシアやスイスや多くの国が米国債を買うのは
自国通貨安にしてGDPを増やすため。
米国債が自国通貨建てなら、為替リスクを負わない。
米国は米国債を買ってもらえなければ事実上の破綻。世界大恐慌。
368 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/06(Sat) 14:32

>>365

なぜ? アメリカは国債という「紙」を刷って、それに日本が購買力を付与するんじゃないの?

>>366

>米国債買いは円安になりますから、

なぜ? ドル建て資産を円資産に交換するなら円安要因だけど、円建て債買っても円安効果はないんでは?

>>367

>米国は米国債を買ってもらえなければ事実上の破綻。

日本だって国債誰も買わなきゃ破綻だよ。それに日本がドル建て資産買うのを止めれば
超円高だよ。今も、アメリカより日本の方がGDPは減ってるわけで、破綻するなら日本
の方が先では?
369 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 14:48

>>368
>なぜ? ドル建て資産を円資産に交換するなら円安要因だけど、円建て債買っても円安効果はないんでは?

アメリカは円建て債を売って得た円をドルに換金する必要があると思いますが?
ひょっとして勘違いしてましたか?
370 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 14:51

>>367
>>米国は米国債を買ってもらえなければ事実上の破綻。

>日本だって国債誰も買わなきゃ破綻だよ。それに日本がドル建て資産買うのを止めれば
>超円高だよ。今も、アメリカより日本の方がGDPは減ってるわけで、破綻するなら日本
>の方が先では?

日本は世界一の対外純債権国だし、経常黒字のうちは日本国債は日本人が
買う原理だから(誰かの借金は誰かの預金)、当分破綻懸念はない。

また、貿易黒字が赤字に転落したり、わずかな黒字なら超円高にはならない。
さらに、円高防止で米国債を買うのなら円建て米国債を要求すればよい。
(日本は為替リスクを負わないし、米国は自己規律を強制される)

で、正しい日本の政策はマイルドインフレが必要条件で、外需依存から内需主導へ政策転換。
371 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 15:05

>>370
>で、正しい日本の政策はマイルドインフレが必要条件で、外需依存から内需主導へ政策転換。

それで、具体的に何をするの?
「絵に描いた餅」って言葉知ってる?
372 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 15:16

>>371
日銀の長期国債買い増しと、子作り子育て教育、雇用医療介護福祉、研究開発等。
生産性を上げるため、高速ネット普及と官公財団等の整理統合など。
地方の高速道路の無料化。短期では地震災害対策、新インフレ対策等。
373 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 15:51

他には、大きすぎる、多すぎる金融業の整理も。
郵便は地方は公的支援で、郵貯は縮小、存在意義のない農林中金等の解体、
地銀の合併、銀行証券の兼業禁止など。
374 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/06(Sat) 15:58

>>369

一般的に言えば、為替レートは、ポートフォリオ全体に占める外貨建て資産の割合(=外貨建て資産/総資産)のバランスで決まる
と考えて良い。発行主体がアメリカ政府であっても、それが円建てであれば、日本人にとっては日本政府だろうが、日本郵政だろう
が東京三菱だろうが、円建て資産であることには変わりはない。だから、外貨資産/総資産比率は不変なので、為替レートも変化し
ないよ。
375 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 16:07

為替レートは、長期的には(貿易財)購買力平価、
中期的には、名目実質金利差、インフレ差、経常収支、累積経常収支、
短期では、投機需給思惑
等で決まる。
376 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/06(Sat) 16:07

>>370

>貿易黒字が赤字に転落したり、わずかな黒字なら超円高にはならない。

意味不明。

>日本は世界一の対外純債権国だし、経常黒字のうちは日本国債は日本人が
>買う原理だから(誰かの借金は誰かの預金)、当分破綻懸念はない。

本来はそうなんだけど、江戸幕府ってどうして消滅したか知ってる?お金がなくて滅んだという
通説があるけど、実際は通貨改鋳益でもの凄い金を持っていた。だから小栗上野の隠し財宝とか
いう伝説が生まれている。問題は、勝海舟とかが「その金使って軍備を」というと「まだその時期では
ない。」とかいう保守派が頑張って、滅ぶまで金を出さなかったの。今で言えば「円高・デフレなら
お札すれば問題解決w」というと反対する人達と同じね(笑) で、いよいよ薩長が江戸入府となった
ら、幕臣どもが洗いざらいを持ち逃げしてしまった(爆)これは、終戦時の陸海軍の高官と同じだわな。
だから、「原理的には滅びないが、馬鹿なので滅ぶかも知れない」が正解。で、その確率は非常に高いw

>円高防止で米国債を買うのなら円建て米国債を要求すればよい。

だから、円高防止にならないって(笑)

>米国は自己規律を強制される

自己規律って、日本からは物を買わないということだけど(笑)


( 役に立った! | 元スレ )
377 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 16:18

>>376

>>貿易黒字が赤字に転落したり、わずかな黒字なら超円高にはならない。
>意味不明。

為替レートを決める大きな要素は(経常)貿易収支。

>日本は世界一の対外純債権国だし、経常黒字のうちは日本国債は日本人が
>買う原理だから(誰かの借金は誰かの預金)、当分破綻懸念はない。
>本来はそうなんだけど、
>「原理的には滅びないが、馬鹿なので滅ぶかも知れない」が正解。で、その確率は非常に高いw

同意w だからマイルドインフレ政策。

>>円高防止で米国債を買うのなら円建て米国債を要求すればよい。
>だから、円高防止にならないって(笑)

米国資産を買うのだから円高阻止やろ。

>>米国は自己規律を強制される
>自己規律って、日本からは物を買わないということだけど(笑)

だから、外需から内需へ。米国の3つ子の赤字依存は不可能。
378 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/06(Sat) 16:27

>>377

>為替レートを決める大きな要素は(経常)貿易収支。

そうだったら、変動相場制で経常収支不均衡は解消してたんじゃないの?

>米国資産を買うのだから円高阻止やろ。

だから、ドルを売りたがってる人からドル買わないと円高になるよ。
379 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 16:58

大むかしの貿易摩擦のとき
一体どうしたら安全に経常収支不均衡を解消できたんだろ。
380 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 17:05

>>378
>>為替レートを決める大きな要素は(経常)貿易収支。
>そうだったら、変動相場制で経常収支不均衡は解消してたんじゃないの?

「大きな」要素。プラザ合意後円高局面では円高不況つまり貿易黒字縮小、
海外工場移転等で、貿易不均衡問題は沈静化。

その裏には、鷹揚な節操のない米国の(大半の)家計の赤字、財政赤字という需要、つまり
米国の経常赤字があった。(つまり大問題とならない程度の日本の経常黒字維持)
また、ルービンのドル高政策で、実質円安となり日本中国の輸出を支えた。
さらに、35兆円の為替介入、ミセスワタナベが円安輸出支援。

長期で円高が進んだと言うが、実質実効レートでは、プラザ合意後と大きく違わない。


>>米国資産を買うのだから円高阻止やろ。
>だから、ドルを売りたがってる人からドル買わないと円高になるよ。

トヨタ等の輸出企業からドルを買う。(ことと同じ)
381 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 17:24

>>374
それはおかしいと思いますよ。
ドル建て米国債と円建て米国債の違いはどこの段階で換金(円→ドル)するかの違いでは?
アメリカ政府はドルで使いたいわけですから、円建てで借金しても必ずドルに換金するはずです。
382 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 17:25

Mathematics for Economists (ハードカバー)
C P Simon (著)

Fundamental Methods of Mathematical Economics (ペーパーバック)
Alpha C. Chiang (著), Kevin Wainwright (著)
って、経済数学初心者向きなのはどっち?
383 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 17:56

>>380
補足
>米国の(大半の)家計の赤字、財政赤字という需要、つまり米国の経常赤字があった

家計と財政の赤字が、経常赤字になるとは言えないが、米国は一番の開放市場で輸入性
向が高かった。
384 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 17:56

通貨発行益で円建て米国債買ったとしてもやっぱ日本国の資産でしょ
金利も支払われるし結局、償還されるわけだから。米国に金かしてるのと一緒
385 名前:ドラエモン 投稿日:2009/06/06(Sat) 18:39

>>385

>実質実効レートでは、プラザ合意後と大きく違わない。

いつの話?(笑)プラザ合意直前の85年8月には94.3、07年7月には91.3だったが、この1月128.7、5月でも116だよ。
386 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2009/06/06(Sat) 18:44

>>385
それだと、(基準が100なら)最大28%振れただけ。





お問い合わせ