いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


くだらない感想はここに書き込め@苺経済板

599 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/17(Sat) 21:50

招き猫師匠が憤死するといけないので、少し考えるネタを進呈しよう。
http://www.cafeglobe.com/news/hama/

上のように、おねえさまたちを相手にして、イラク人質から北朝鮮政策はやっぱり
太陽政策なのだというおばさまもいらっしゃるんだ。まったく、昔の竹村健一的
展開というほかはない。
600 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/17(Sat) 21:51

そんなゴミみたいな荒らしは無視。
601 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/17(Sat) 22:10

イラクは治安さえ確立すれば復興は早いよ。
602 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/18(Sun) 01:59

とりあえずシリアが悲鳴をあげ始めればイラクのテロはかなり減る
607 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/24(Sat) 23:46

いちごは長い文章でも、2chのように省略されないよね。
608 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/25(Sun) 06:52

匿名掲示板依存症というのは、深刻だねえ。
日常生活に差し支えない程度にとどめとかないと、
取り返しがつかなくなるかもね。
609 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/25(Sun) 17:49

日曜朝早くからごくろう。
それはアンタの事だろうね。


( 役に立った! | 元スレ )
610 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/25(Sun) 18:13

竹中っつうのはすごい奴らしい。
竹中を政界に引っ張った恩人H先生との間ですら人事で綱引き、反対派は切り捨てごめん。
ということで、H先生が浮かない顔の毎日なんだとか。
機をみるに敏なんだろうけどさ、友達にはしたくないよね。
607 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/29(Thu) 22:45

やさビジ5月号に野口大先生の「超」英語法の広告、自画像入り。

 キャッチコピー:「はじめ」にして「トドメ」の一冊!!


>「超」商売人?!
608 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/04/30(Fri) 19:17

質問
マクロ経済学の古典派における総需要曲線はなぜ物価に対して右下がりなのでしょうか?
古典派の貨幣の中立性の仮定の下では古典派の二分法が完全なために
物価の変動は実質賃金になんら影響を与えず、したがって、その分配→支出である総需要にもなんら影響を与えないと思ったのですが。この場合実質国民所得に対して物価の変動が影響を与えるために右下がりとしているのでしょうか?
609 名前:すりらんか 投稿日:2004/04/30(Fri) 20:33

・AD線はIS-LMから導く
・古典派の二分法は均衡実質値の名目貨幣量からの独立の話

の2つをヒントにもう少し考えてみてください.


( 役に立った! | 元スレ )
610 名前:608toすりらんかさん 投稿日:2004/05/01(Sat) 00:05

AD線はIS-LMから導くをかぎとして考えてみました
is y=c+i
lm m/p=L(y,i)
とする。たとえば、物価が上昇したとする。
この物価の上昇は、実質的な貨幣供給量の減少を意味するので
実質的な貨幣供給量の減少は、利子率を上昇させ国民所得を減少させる。
つまり、利子率を消去して導かれる、総需要曲線は、物価に対して減少関数
である。ということでよろしいのでしょうか?
・古典派の二分法は均衡実質値の名目貨幣量からの独立の話
の意味がよくわからないです。
物価の上昇は、実質貨幣供給量に影響を与えるということと
古典派の二分法は均衡実質値の名目貨幣量からの独立の話とは
関係がないということでしょうか?
611 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 02:30

>>606
経済学ってそうなんだ。
612 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 06:04

>>611
竹中が経済学者ならそうだろう
613 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 16:24

竹中が経済学者かどうか知らないが、
経済学者の多くが竹中が大臣になったことを
「良いことだ」と応援していたのは事実じゃないか?
そういうことは人を見てから言わないと結果的に経済学の評判を落とすことになる。
自分達の社会的地位向上に役に立つ人事だから応援した
という印象があってかなり嫌な感じ。
614 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 18:21

>>613
応援した人って誰?
615 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 19:17

小林慶一郎の
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/keizaironsou/index.html
はどうよ。
名前を出していないから、何を総括しているのか、わかんない。
616 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 19:32

経済学者が大臣になれる道が開かれたおかげで経済学の経済政策への影響力が強まる
という理由で竹中大臣誕生を歓迎する向きが多かったのは事実じゃないの?
政策プロモーターが政策に関与できるようにするのは好ましくないと
はっきり述べた日本の経済学者っているの?
本当はやばいと思っていても黙っているようでは専門家失格。
617 名前:すりらんか 投稿日:2004/05/01(Sat) 19:34

>>608
少々書き方が悪くて混乱させてしまいましたねm(__)m
古典派の2分法に忠実ならば
・m/pは一定……するとAD線は垂直
・労働市場がいつも均衡しているのでASも垂直
ということで,横軸実質値ならAD-AS自体が無意味化してしまう……ということ
を言いたかったのです(横軸名目だと……と考えてみると面白いですよ).
618 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 20:20

>>616
政策プロモータが関与できるのは好ましくないってのは、違うだろ。

だれが、関与するかで分かれるけど。
岩田は、反旗をだしていたけどね。
619 名前:名無しさんの冒険 投稿日:2004/05/01(Sat) 20:34

>>615

何も総括していないでしょうね。

「しかし、大恐慌と現代日本の長期不況では、金融政策の環境に大きな違いがあるのは、いまの日本は名目金利がゼロの状態になっている点だ。通常、中央銀行による金融緩和政策は、名目金利の引き下げである。ところが、名目金利がゼロなら、それ以上の金利引き下げはできない。
景気回復のために日銀が金融緩和をしたくても、通常の手段では、金融緩和ができない状況に追い込まれているのだ。
その点、大恐慌当時の米国は違った。当時の米国では、名目金利はプラスだったので、連邦準備制度が金利引き下げをやろうと思えばできた。大恐慌当時の連銀が非難されるのは、「やろうと思えばできた金利引き下げをやらなかった」からなのだ。いまの日銀は「やろうと思ってもできない」のだから、同列には非難できない。
伝統的なケインズ経済学では、名目金利ゼロの状態は「流動性の罠」と呼ばれ、中央銀行の金融緩和政策は景気回復の効果を失う、とされてきた。流動性の罠の状態では、金融緩和よりも政府の財政政策の方が有効だ、というのだ。」
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/keizaironsou/05.html
1)この人、当時のアメリカの名目金利のデータをみたことないのですかね?金利をあわてて引き下げたけど、ぜんぜんデフレはおさまらず。32年にはプラスといっても、限りなくゼロに近くなってしまった。
2)大恐慌当時の連銀が非難されるのは、「やろうと思えばできた金利引き下げをやらなかった」からではなくて、「やろうと思えばできた国債買いオペをやらなかった」からなのに。
3)ケインズは「流動性の罠」がおきているとしたらアメリカはありうる、と考えたのに。





お問い合わせ