いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


金子スレッド

296 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/16(Tue) 18:28

事情があってカキコする時間がなかったのだが、久しぶり(って2日くらいか?)に見る
と、感慨ひとしおではある(笑)

ところで、カキコしないで少しはものを考える時間ができたおかげで、心境に大幅な変化
が起きました。そもそもザモデル氏の登場以前には、はっきり言って議論は煮詰まってし
まい、面白くなくなっていた。まあ、誰かが書いてたがreal worldでゴキブリ教の布教活
動はやってるわけだし、ネット上ではそれなりに賛同者も増えたのだから、もう「行き止
まりの議論」 by the model をこれ以上続けても生産的ではないのは確かだと思います。

そこで、ここは心機一転、新スレを建てようと思う。もちろん「ザモデルで考える日本の
長期不況と経済政策」です。この名称だと本家ザモデル氏は登場しないということだが、
それはそれでしょうがないと思う。強制はできないし、しない(笑)私も、賛成するか
否かは別にして、今の主流派マクロ経済学にキャッチアップしないとみっともないのは
間違いないから、この際、ザモデルでどこまで行けるのか、それ自体を調べてみたい。

ご本人はともかく、ここにいる非ドマクロ派の諸君に訊きたいのだが、そういうスレを
建てたら、僕に付き合ってくれますか?もちろん、諸君に教わることが圧倒的に多く、
僕はほとんど意味ある貢献はできないので経済的な取引ではないが(笑

今晩一晩ご意見をお待ちします。このスレッドでも、ロビーでもお返事ください。なお、
誠に失礼とは思うが、dellさん、招き猫さんなど非ケインズ派の議論は断固粉砕ある
のみだという先週までの僕のような人(爆)は、この新スレッド参加をご遠慮いただきた
い。あくまでも、動学的一般均衡モデルの論理一貫性「だけ」で、どこまでいけるかを
試すものだからです。もちろん「試す」のではなく、これぞ真理だという人は大歓迎。
297 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 18:40

>>296
貢献はできんだろうが、楽しそう。
激しく期待
298 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 19:09

ドラエモンから
“ザ・ドラエモン”へレベルアップ!!

個人的は”ボクドラエモン”がかわいげで良いと思う。

だけど、「ザ・モデルで〜」とか「リフレ〜」とかいったスレはどうなる?
299 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 19:35

>>ドラエモン

えらいぞ、ドラエモン.おれも今、色々勉強しているところだ.
スレの発展にいくばくかの貢献ができればと思っている.
300 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 19:38

>>296
な〜んだ、もう15CHにもう来て下さらないのかと思って悲しんでいるところでした。
まだまだ銅鑼さんに色々教えていただきたいことがあったので、また来てくださると知り
一安心です。
銅鑼さんの1ファンより。
301 名前:dell 投稿日:2002/07/16(Tue) 19:48

>>296

>そもそもザモデル氏の登場以前には、はっきり言って議論は煮詰まってし
まい、面白くなくなっていた。まあ、誰かが書いてたがreal worldでゴキブリ教の布教活
動はやってるわけだし、ネット上ではそれなりに賛同者も増えたのだから、もう「行き止
まりの議論」 by the model をこれ以上続けても生産的ではないのは確かだと思います。

それは、物凄くありますね。
real worldは別にして、ネット掲示板の世界では、2chでさえインフレターゲットはもはやコンセンサスだし、むしろ陳腐化した感もあります。
次の展開を模索する時期ですね。

>誠に失礼とは思うが、dellさん、招き猫さんなど非ケインズ派の議論は断固粉砕ある
のみだという先週までの僕のような人(爆)は、この新スレッド参加をご遠慮いただきた
い。あくまでも、動学的一般均衡モデルの論理一貫性「だけ」で、どこまでいけるかを
試すものだからです。

そういう「試み」を実験的にやってみるのも面白いかもしれませんね。
どんな展開になるのか楽しみです。
ROMしたいと思います。
302 名前:a 投稿日:2002/07/16(Tue) 19:48

苺もちょっと停滞気味だったから、面白そう。
参加してもへぼへぼなので、期待はしないでね。
303 名前:一夢庵 投稿日:2002/07/16(Tue) 20:12

>>296-302

お、ドラさんだ。二日間もの長期(藁にわたってご不在だったので、
皆の衆も寂しがっておりました。

>「ザモデルで考える日本の長期不況と経済政策」

賛成します。まあ確かに>>298さんが言うようにすでにすりらんかさんの「リフレを
考える」や一夢庵の「ザモデルで語る」があるわけですが、それぞれカラーが違い
ますし、何よりもドラさんがスレ主になれば最強なので面白いと思います。

#それに「語る」スレは「一夢庵のWoodfordお勉強スレ」に成り下がっているし(藁

一夢庵はこれからも「語る」スレを中心にしていきたいと思っていますが、
ちょこちょこ参加させていただきます(あまり役には立たないと思いますが)。
304 名前:歌舞音曲 投稿日:2002/07/16(Tue) 21:37

銅鑼氏だったら怒られなれてるので参加するよ。
305 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 23:11

>>279
「優れた理論は中学生に説明出来る」というのが私と私の師匠の持論だが、
必要な議論のステップ(もちろんザモデルを用いる)に付き合おうとしない
audienceに説明することは出来ない。

というわけなので、>>279の質問には答えない、と言いたいところだが、この質問は
わりとよく聞くものなので一度だけ試しに答えてみる。納得出来なければ、やはり
一から付き合ってもらうしかない。>>279のような一足飛びに現実の経済との対比から
入るやり方は何度も言うが、どこにも行き着かないnoisyな論争を生むだけなのだ。
M1のキミは現実経済を理解しようとするのは早すぎる。まだセオリーの訓練が足りない。
通常、欧米のPh.D.プログラムの学生の1年目と言ったら、トポロジーをやっている(涙)。
現実経済を説明するのにshort cutはない。学界が蓄積したセオリーを地道に辿るしかない。
306 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 23:12

その上で敢えてshort cutをやってみる。理解出来なければ、もっと前のステップに戻るしかない。
まず、私はKiyotaki/Mooreモデルが日本経済の現状を説明出来るとは言っていない。
ひとつのカギを提供していると言っただけだ。そのカギというのは、資本市場の不完全性から、
「資金配分のallocationが歪んでいる」という状態を指す。
高生産性企業に資金が余剰か過少かという「方向性」は本質的ではない。
単純に足りないか余っているかというスカラーの考え方は、いわゆるドマクロ特有のものだ。
本質的に問題なのは、「歪んでいる」こと自体であって、「どちら方向に」歪んでいるかは
問題ではない。言い方を変えると、「貸し渋り」も「追い貸し」も同じ現象の表と裏なのだ。
どちらもefficientな資金配分から乖離している可能性があるから問題。

仮に高生産企業に資金が「余って」おり、低生産性企業に資金が「足りない」としよう。
(このobservationすら、私は正しいかどうか知らないが)
この場合でも、やはり「投資機会が全て利用されていない」という意味で「歪んだ配分」
であり、Kiyotaki/Mooreの設定の本質部分が全く有効であることが分かるだろうか?
もし分からなければ、一旦、Kiyotaki/Mooreは全て忘れて、一から私の議論に付き合うしかない。


( 役に立った! | 元スレ )
307 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 23:13

ザモデルの理解に関する訓練のないモノが、いきなり高度に様式化されたザモデルを見ても、
どこが本質的な仮定なのか分からず、的外れな理解をしてしまうことはよくある。
だから、いきなりモデルをデータに当てはめずに、まずは、モデルの本質を理解するために
ステップを踏む必要がある。それをPh.D.プログラムの学生(従って欧米の研究者は全て)は
みなやっているのだ。それをスキップして、いきなりKiyotaki/Mooreから現実経済に
行こうというのは普通は無理な話。そういうことが出来るのはtop schoolのtop studentだけだろう。
私がやれることは「最短距離」で、つまり必要なセオリー(ザモデルのバージョン)だけを
pick upして、現実経済についての議論が出来るレベルの先端の経済理論までガイドすることだ。

蛇足だが、私の学部時代の教官の持論も「まずは理論を理解して、それからデータを見なさい」
というものだった。これは理論の本質を理解していないと、データを説明しようとするときに
理論の拡張の仕方が分からないからということに他ならない。
308 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 23:34

>仮に高生産企業に資金が「余って」おり、低生産性企業に資金が「足りない」としよ
>う。
>(このobservationすら、私は正しいかどうか知らないが)
>この場合でも、やはり「投資機会が全て利用されていない」という意味で「歪んだ配
>分」
>であり、Kiyotaki/Mooreの設定の本質部分が全く有効であることが分かるだろうか?

ここはメモしておこう。もうすでに知らないうちに不完全競争モードに逝ってしまって
いたのね(泣)だって完全競争で、裁定機会が残っているなんてありえないじゃん。
マクロ厨なので、質問ですが、投資機会ってのは何?
309 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/16(Tue) 23:55

>>282

peipei?
310 名前:松本 投稿日:2002/07/17(Wed) 00:12

労働力の価値と労働時間の関係について教えて下さい
311 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/17(Wed) 00:20

>>310
労働時間はなあ、たくさん労働したくなったら伸びるんだよ。
たくさん労働するのはなあ、たくさん金が欲しいからなんだよ。
たくさん金のいらねえやつは、たくさん労働しねえんだよ。

それで納得したくないやつは一生かけて資本主義についての思索でもしておけ。
ただし公の場に出てくるなよ。それから、マルチポストうぜえよ。
312 名前:ドラエモン 投稿日:2002/07/17(Wed) 00:29

>ALL

>>296の提案に意見のある方、お返事下さい。邪魔してスマソ>M1 and The Model
313 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/17(Wed) 01:28

>>308
「不完全競争」というのは、あまり具体的でないので私は好まない。
monopolistic competitonとか、incomplete capital market (inperfect information)
などの具体的な言い方の方がspecificで議論しやすい。
完全競争vs不完全競争という対比は、議論を矮小化してしまうように思う。
314 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/17(Wed) 01:30

>>296
反対。貴方の勉強よりはザモデル氏の議論の行方に興味があるので。
このスレと貴方のスレとは両立しないだろうから。
315 名前:47 投稿日:2002/07/17(Wed) 01:31

どらさん、おかえりなさい。
興味あるので、ROMします。邪魔するとわるいので・・・。
理論的にわからないところは「初学者・・・」で質問
させてください。
316 名前:俺の名無しさん 投稿日:2002/07/17(Wed) 01:37

>>312
Blanchard/Fischerの2章から始めるといいと思う(ラムゼイとqモデルの対比)。
New islmを学ぶのであれば、あまり、micro foundationの詳細な導出に拘り過ぎず
(どうせ後づけなので)、McCallum/Nelson等の簡易型new islmをreviewすることを
薦める。その方が入りやすい。
CalvoやRobertの源流系や、Rotemberg、Galiなどのnew islm擁護派本丸に手を出して
嵌まってしまう手合いが多いので、以前も書いたが、批判派の論文Benhahib/Uribeを
毛嫌いせずに読むことを薦める。シンプルで本質がよく見える一方、最近、大流行の
FTPL(物価の財政理論)についても、あっという間に理解出来るのでその点でも一石二鳥。





お問い合わせ