いちごBBSまとめログ

 
コテハン
全て(26108) - ドラエモン(15378) - すりらんか(5008) - ザモデル(384) - ぼけ老人(172) - プロボーラ(379) - cloudy(881) - BUNTEN(654) - 一夢庵(622) - へなへな(611) - ぺいぺい(97) - 植田(33) - 先公(418) - 歌舞音曲(796) - 毒虫五郎(29) - 普通の人(18) - 派遣の人(105) - だな〜(79) - 山形(99) - Mんぷす(4) - こてはん29(76) - Gerard Debreu(265) - 名無し
 
カテゴリ
全て(26108) - DSGE - マクロ - ミクロ - その他経済学 - 日本経済 - 海外経済 - 金融政策 - 財政政策 - 雇用・賃金 - 物価 - 為替・国際収支 - 政府・行政 - 長期不況 - 構造問題 - 人物評伝 - 分類不能


ポストケインジアンについて

431 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/11(Tue) 23:16

>>412は、私ではないよ。

>>411のドラエモン氏の見解は、極めて的を射ていると思う。
432 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/11(Tue) 23:24

>>418も概ね賛成。
>>411と共通しているのは、
(1)ザモデルを用いた金融政策分析というのは完備されていない
(2)従ってnew islmを用いてリフレ策を正当化することにも、当然、無理が生じる

というもの。
だからこそ、「総需要」とか「ギャップ」とか、既存のザモデルには、
存在しない、アドホック・モデルの世界に先祖帰りしないと、
リフレ策を援用することはできず、やはり論理的には、「根拠無し」の
謗りを免れない。

確かに金融政策を分析できる、標準的ザモデルは存在しない。
では、リフレ策を正当化できるザモデルもないかというそうでもない。
手がかりはある。
>>411のドラエモン氏の再リクエストに答える前に、残りのレスを読むので。
433 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/11(Tue) 23:31

小野モデルか。
個人的には、あれはあれで一つの解答になっていると思う。
が、あれは有名な「禁じ手」なので、主流派学会で生き残りたい人は、
賛成してはいけないことになっているw。
私は研究者ではないので、まだ構わないけれども。

それでも私が納得しないのは、結局、消費のオイラー方程式に
焦点を当てたモデルでは、景気循環の4番バッターである設備投資を
全く説明しない上に、
代表的個人を用いる以上、企業の意思決定が家計の消費と同じというのが、
馬鹿げていると思う。
434 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/11(Tue) 23:39

new islmに「有効需要の原理」があると思っている素人氏には、
とりあえず、何も言うことは無い。
new islmを大事に抱えていけばいいだろう。

以下の議論は、new islmが、我々、多くの日本人が考える、
金融・財政政策→設備投資→GDP
という因果性を持たないことを、きちんと理解している人に対してのみ。

まず、new islmも含め、ラムゼイなどのザモデルで、設備投資→GDPという
ある種の「有効需要の原理」的なメカニズムがない理屈を真剣に考えてみるのが
出発点になる。
ポイントは、とりあえずマネーを忘れること。
マクロ経済学は、清滝さんが言うように、マネーのモデリングが出来ていないという
ところに最大の弱点がある。それでも、その弱点を避けつつ、もう一歩先に進むことが出来る。

最終的に>>411のリクエストに答えるつもりだけれども(現段階で最もreliableなモデルを
いづれ示す)、その前に、ラムゼイモデルに有効需要の原理が働かない理由について
誰か答えてもらいたい。
435 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/11(Tue) 23:49

「異時点間の代替による労働供給増」が「総需要拡大」とは違うことは、
すりらんか氏、ドラエモン両氏が認めるところのようなので、少し希望を
持ったが、とりあえず、労働市場もあまり重要ではない。
というか、労働供給増を頼りにする限り、有効需要拡大という概念とは、
全く逆方向にいってしまう。

設備と資本を考える方が筋がいい。
設備というのは需要である一方、総供給も増やすから。
しかし、閉じたザモデルで考える以上、消費はどうなっているのかも考えなければ
いけない。であれば、家計と企業を分けて考える、つまり代表的個人を
捨てるのがいいというふうに考えるのが自然のなりゆき。
436 名前:ザモデル 投稿日:2002/06/12(Wed) 00:03

>もっとも、名目債務の存在と、金融市場の情報の非対称性(フィナンシャル・アクセレレー
>タのようなタイプの議論)を考えれば、デフレを阻止しなければならないのは自明だが

>>411ににちゃんと書いてある。
だから、不良債権処理とリフレ策は、別々の政策ではない。
岩田きくおと小林慶一郎が対立的な議論するのは、おかしい。
両者の議論は二つあわせてはじめて意味がある。
結論に近いところに、一足飛びに行ってしまったが、とりあえず、
「有効需要の原理」から、情報の非対称モデルにたどり着くまでの道程は、
きちんと踏んでもらう。
437 名前:しゅうた 投稿日:2002/06/12(Wed) 02:05

久しぶりだと結構凄いというかオモシロイことになってますが、ザモデルスレの中味とは関係ありませんが呼び出されたので、

>>430
>それとも素人さんがエリッチか?
(エリッチ改め)しゅうたとは違いますよ〜。
よく名無しで煽るから疑惑が生まれたのかしれませんが、違います。というか、私の場合は、(1)需要制約って発想はとってない、(2)moneyの話はよくわからない、ということから、素人さんでもないですし、
>他のコテハンの意見も聞きたい。
>ぼけ老人とかエリッチとか。
と振っていただけるのはありがたいのですが、このネタは勉強させていただいている身に過ぎず、意見はさむ力はありませんので、当分静かにしてます。
438 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 02:09

>>437
じゃあザモデルさんがぼけ老人なんですか?
439 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 02:30

つうか、ザモデルって人、マクロ動学モデルのオープンクエスチョンについて
語っているだけのような気がするんだけど。違うの?
そのオープンクエスチョンに納得すれば、それでおしまいだと思うんだけど?
どうせ本人が解を持っているわけではないんだから。
本人やりたいのは経済全部をシミュレーションするモデルじゃないの?
地球環境シミュレータみたいなことでしょ、どうせ。つまらん。シムシティでも
やっとけば?って感じ。
440 名前:ドラエモン 投稿日:2002/06/12(Wed) 02:37

>>434

ラムゼイモデルを基礎にした動学的均衡モデルには、独立した意志決定主体は代表的家計だけし
かなく、貯蓄関数から独立した投資関数の出てくる余地は無いというのが、ニューケインジアン
を含めてザ・モデル全般が結局は「新古典派」つまりセイ法則の支配する世界だと言うことなのじゃないですかね?セイ法則の支配する世界では、貨幣の存在も本質的な意味を失うことになる
ために、貨幣需要はキャッシュインアドバンストみたいな作為的な仮定でしか導入できないし、
信用(金融仲介)の世界がないからフィナンシャルアクセレレータも空しいということじゃない
のかしらん?

>ザモデル氏

>>412があなたじゃないなら、それ以降の私の暴言は取り消します。すみませんでした。
441 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 05:16

>>440
new islmもセイ法則。
Yが先に決まって、Cがオイラーでスムージングされるので、残差が投資になる。
(クルグマン・キングの世界では、残差すらないが。)
総需要喚起政策など、全く意味がない。
new islmは、見た目が古典的なislmに似ているので、いわゆる「ケインジアン」を
自称するような東部系の学者が、なんとか標準モデルにしようとやっきになっているのが、
ここ数年のアメリカ・マクロ学界での一部の動き。
が、ジャーナル・パブリケーションでは、new islmを「総需要モデル」として
再解釈しようとする人々は、ことごとく玉砕している(FRBのエコノミストがJMEに
乗せたのがベスト記録)。
反面、new islmは、単なるルーカス・ラムゼイモデルであると看破した論文が
AER、JET、JPEを席捲中。
ラムゼイにテイラー・ルール入れてもトンデモない結果になるのはある意味当然。


( 役に立った! | 元スレ )
442 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 05:22

この頭の痛い問題を数学的に解釈すると、状態変数の数と操作変数の数と
動学の行列の構造が上手くマッチせず、Balnchard-Kahnの定理が成立しなく
なるということに他ならない。

つまり、Y=Cなのだから、Yは当然、jump veriable。ニューケインジアン・フィリップス
カーブも全て前向きなので、インフレもjump variable。
new islmの経済には全くアンカーがない。
したがって、ポリシーのアナウンス「だけ」で、どんな均衡も瞬時に達成されることになる。
そういう理由で、リフレ策(への期待形成)が「上手く行く」ような議論をすることが出来る。
が、それは、総需要を喚起するというメカニズムではないのだ。
443 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 05:29

>>439
>オープンクエスチョンに納得すれば、それでおしまいだと思うんだけど?

終わってどうする?
そこから議論の開始だろう。
まずは、スタートラインにつかないと政策談義など出来るわけがない。

私は私なりに解答のクルーを持っている。
それをもとに政策議論が出来るかと思ってここにやってきた。
別にマクロのオープンクエスチョンをレクチャーするのが目的でもないし、
何度も言うが、言いたいことしか言う気はないよ。
444 名前:一夢庵 投稿日:2002/06/12(Wed) 06:23

やっと少しワカタ気がする。式(6)をそのまま解釈すればいいのか。。。

[式(6)の解釈]
(1) 将来の期待物価水準P*(ここで現在の物価水準P等は固定)をあげると
(2) y/y*の比率が変わる(Py=Pcの場合c/c*の比率が変わる)
(3) それはつまり「消費cもしくは産出yの異時点間の代替」である

[結論]
このクルーグマンのNew IS-LMの式(6)で起こる事は総需要の拡大ではない
しかも、期待が変化すると瞬時にそれがy(もしくはc)に反映される

2ちゃんねる風に言うと:
「お前ら!明日、消費するんじゃなくて、今日、消費してください」
445 名前:一夢庵 投稿日:2002/06/12(Wed) 06:30

[提案]
(1) もし異論なければ、新スレ「ザ・モデルを語るスレ」を立てます。
(2) 異論がある人は今日の夕方くらいまでにしてください。
(3) 夕方5時くらいまでにいままでの議論の流れとリンク集を作って新スレの1とします

[提案理由]
そろそろこのスレをPK派の人たちに返還しましょう
446 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 09:02

>>444
むしろ、
「お前ら!明日、働くんじゃなくて、今日、働いてください」
の方がより正確。
あくまで「総供給」が先に決まっている。
あとは、その日、作ったものは全てその日に消費するだけ。
447 名前:並盛梅雨だく名無しさん 投稿日:2002/06/12(Wed) 09:06

>>445
出来ればやめてもらいたい。
あまり目立ちたくないので。
ただでさえ深入りし過ぎたと後悔気味。
PKのスレは目立たなくて、まだマシ。
448 名前:招き猫@IQ20以下の業界 投稿日:2002/06/12(Wed) 09:59

>>443
>私は私なりに解答のクルーを持っている。
>それをもとに政策議論が出来るかと思ってここにやってきた。

もしや、あなたはあのお人?

で、ここで議論される政策は、「国政」に反映されるのですか?
今日の日経一面「視界開けぬ、小泉改革」を読めば「蓋をされた活性化税制」とあり、税収確保
に躍起となった財務省主税局の動きが報道されています。

それとも・・・
449 名前:一夢庵 投稿日:2002/06/12(Wed) 10:20

>>448

招き猫さぁぁぁぁぁん、煽んないでくださいよぉぉぉぉぉ(涙
中身のある議論ができれば、相手が誰だっていいでしょ!?

誰かに勝ったり、誰かを責めたりするために議論するんじゃなくて
呉越同舟だってかまわない。日本を良くするために議論する。

それだけを考える。そういうことにしませんか?
450 名前:招き猫@IQ20以下の業界 投稿日:2002/06/12(Wed) 11:32

え?煽ってる?
もし、そう感じられたとしたら、スンマソ。
451 名前:すりらんか 投稿日:2002/06/12(Wed) 11:49

>あれは有名な「禁じ手」なので、主流派学会で生き残りたい人は、
>賛成してはいけないことになっているw。
その通りw.というわけで学会や論文で声高に主張するというわけにも行かず,掲
示板や親しい官僚さん・エコノミストと喋るときだけ「実はですね」と切り出して
ます(だから>>421みたいな歯切れのわるーい物言いになる).

>景気循環の4番バッターである設備投資を全く説明しない上に
>代表的個人を用いる以上、企業の意思決定が家計の消費と同じという
消費側のみに注目した定式化では消費の裏である貯蓄がダイレクトに投資になって
しまうという意味で有効需要原理とは程遠いし,景気のモデリングとしてはまずい
ということですよね(ただ現状の消費不況という点のみに話題を限定するなら簡単
の意味で悪い接近法ではないかとも思う,Old Keynesianモデルと違い影響関係が
どこに向かうかモデル内で説明できるという点もよい).

>見た目が古典的なislmに似ているので、いわゆる「ケインジアン」を自称するよう
>な東部系の学者が、なんとか標準モデルにしようとやっきになっている
>ラムゼイにテイラー・ルール入れてもトンデモない結果になるのはある意味当然
あとこれととおそらく関連すると思うのは,WPなどを見ると気づく「完全な先祖が
えりモデル」の存在.昔,雑談でもでたんですが,New Keynesianってそのかなりの
部分がOld Keynesianモデルでぜんぜんいいと思っているけど,学界的にそうもい
かないから議論の補強として「便宜上」乗っているという感じなのかな,と思った
りする(Krugmanなんかは完全な確信犯ではないか).先日とある東部大学がえり
に聞くと確かにそういう傾向があるとのことですが,(東部ではないと思われる)
ザモデル氏はどう思います?





お問い合わせ